2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

命名問題

名前は「恐怖」を意味するギリシア語Γοργών(ゴルゴーン)」に由来し、「恐ろしい爬虫類」若しくは「荒々しい爬虫類」を意味する。1914年にカナダを代表する古生物学者ローレンス・ランベによってゴルゴサウルス・リブラトゥスと命名された。
だが1970年代にすでに9年前に命名されていたアルバートサウルスと同属と考えられ、アルバートサウルス・リブラトゥスと改名された。しかし1981年の研究でアルバートサウルスとは異なる特徴が確認され、ゴルゴサウルス・リブラトゥスの学名が復活した。
化石はカナダ・アルバータ州からアメリカ・モンタナ州などで発掘されている。かつてはアラスカにも棲息していたとされたが、その化石は2014年に新種としてナヌークサウルスと命名された。

特徴と生態

約7660万年前~7510万年前の白亜紀カンパニアンに生息していた。
全長8.6メートル・体重2.5トンと、同時期に棲息していたダスプレトサウルスと比べると華奢な骨格をしていた。
ランベは歯のすり減り具合から死肉を食べるスカベンジャーだと考えたが、現在ではそのスマートな体型を生かしてパラサウロロフスなどのカモノハシ竜を襲っていたようだ。
角竜を捕食していたとされるダスプレトサウルスとは獲物の種類が異なっていたのでうまく共存できていたと思われる。

ゴルゴサウルスは様々な年齢の保存状態の良い化石が発掘されており、ティラノサウルス類の中でも研究が進んでいる。最近発掘された化石には骨折や細菌による感染症の痕だけではなく、恐竜としては初となる脳腫瘍の痕跡も見つかった。恐竜だってケガも病気もするのだ。
 
ケネス・カーペンターによると、尾には円形ないし五角形の小型のウロコがあったらしい。
成長期には年間50キログラム成長する。これはアルバートサウルスに近い成長率で、ティラノサウルス、ダスプレトサウルスより成長率は緩やかだった。
これまでに発見されている最大の頭骨は99㎝、最大の大腿骨は長さ105㎝に達する。
大型の標本では脛骨と大腿骨の長さが等しく、小型の標本では脛骨が大腿骨より長い。

ちなみにゴルゴサウルスは鼻先が広く、目は横向きについていたため視野は広いが立体的に見ることはほとんどできなかったようだ。

フィクション

日本の漫画ではその名前からかよくゴルゴ13とかけたギャグが存在する他、ナヌークサウルスが命名される前のドキュメンタリー作品では北極圏の頂点捕食者として描かれている。
なお、「サ」を「ザ」にしてしまうと怪獣の名前になってしまうので注意。

悪役として、雄のゴーゴン(ダーク・プリンス)が登場。
同作の総編集版である『ウォーキングwithダイナソー 太古の地球へ』ではナヌークサウルスに改められている。

北極圏の頂点捕食者として登場。

第6紀から登場。ゲームバランスの為か強さが1000と低めに設定されている。炎属性。必殺わざはパー。ショルダーネームは「狡猾な狩人」。バトルタイプは第6紀はあいこタイプ、2007第1紀から2007第2紀はカウンタータイプ、激闘!ザンジャークではとつげきタイプ、目覚めよ!新たなる力ではグーグータイプ。
初登場したバージョンでは「ビッグファイアキャノン」のわざカードに描かれ、次のバージョンでは「ボルケーノバースト」のカードにも描かれた。
アクト団の使うアクト恐竜も存在する他、「青い恐竜のたまご」使用時に登場する事もある。

第31巻に収録されている「原始家族の巻」に登場。
ゴルゴ13のような凛々しい目つきで描かれている。

第84話「デベソの達」にて、童話のゲストキャラである化石ハンター・達吉が完全な骨格化石を発掘しており、それを見に来た人たちの中にゴルゴ13にそっくりの男がいる。

関連タグ

ティラノサウルス科 獣脚類
アルバートサウルス ダスプレトサウルス ナヌークサウルス

関連記事

親記事

ティラノサウルス科 てぃらのさうるすか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20510

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました