ピクシブ百科事典

怪獣ゴルゴ

かいじゅうごるご

イギリス制作の特撮映画
目次[非表示]

概要

1954年の『ゴジラ』のヒットを受けイギリスで制作された特撮怪獣映画。1961年公開。監督原子怪獣現わるでも監督を務めたユージン・ルーリー。当初の予定では日本を舞台にした日英合作映画になる予定だった。

海外の特撮作品では珍しくスーツの怪獣がミニチュアセットの中で暴れるという日本的な作りをしている。ゴルゴ探索シーンの一部には空の大怪獣ラドンの映像が流用されている。

キャストは子役を含めて全て男性であり、ゴジラ対メガロ同様女性キャラクターが登場しない。

日活大巨獣ガッパはこの映画をもとにして制作された。

あらすじ

海底火山爆発に巻き込まれた漁船の船員はナラ島というアイルランド沖合にある島の漁村にたどり着く。
その夜村を体長20mもの巨大生物が襲う。船員たちの活躍で巨大生物は捕獲されロンドンに運ばれることになった。

その途中ついてきた村の少年が「大変なことになる」と怪物を離すよう言うが船員は誰も信じない。ギリシャ神話の怪物「ゴルゴン」にちなんでゴルゴと名付けられたその生物はサーカスに売られイギリス中で見世物にされ馬車馬のように働かされてしまう。

そんな折、ゴルゴを研究していた科学者はとんでもない事実を知る。なんとこのゴルゴはまだ子供で数倍の大きさを持つ親怪獣がいるというのだ。

はたして、子供を攫われ怒りに燃える親ゴルゴがロンドンに上陸した。

ゴルゴ

  • 身長:60m(親) 20m(子)
  • 体重:不明

海底火山の爆発によって眠りから覚めた怪獣ゴルゴサウルスとは関係ない。

ナラ島ではオグナまたなオグラという名前で、海の精霊として崇め祀られて来た存在。その生態系については特に掘り下げられておらず一切不明。

現代兵器は一切通用せずロンドンを我が物顔で暴れ回る。幼体は身の危険を感じると燐のような体液を出す。

コミック版では、母親はエイリアンの兵器や核兵器にも耐えている。

コミック版では、様々な敵と戦っている。

関連タグ

特撮
ガッパガジュラジラース初代ゴジラ…似たような存在達。

pixivに投稿された作品 pixivで「怪獣ゴルゴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1257

コメント