2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

原子怪獣現わる

げんしかいじゅうあらわる

原子怪獣現わるとは、アメリカの怪獣映画である。1953年公開。製作はワーナー・ブラザーズ。
目次[非表示]

概要

現代に蘇った巨大生物リドサウルス」と人間との攻防を描く作品。
特撮部分をレイ・ハリーハウゼンが担当。

原作はハリーハウゼンの学生時代からの親友だったレイ・ブラッドベリの短編小説『霧笛』。

登場する巨大生物は小説では「灯台のサイレンに反応して現れた」とされているが、映画では「核実験によって復活した」「夜の灯台を破壊する」となっている。これは似たような展開になったので、元から知り合いであった作家に連絡しておいたという意味もある(訴訟大国なので)。

これを機に“核爆発の所為で甦った”とか“放射能の影響で突然変異を起こした”みたいな設定のいわゆる「核の落とし子」の巨大生物作品が急激に増えていくこととなる。

キャスト

ポール・クリスチャン(トム・ネスビット)
ポーラ・レイモンド(リー・ハンター)
セシル・ケラウェイ(サーグッド・エルソン教授)
リー・ヴァン・クリーフ(ストーン伍長)

登場怪獣

リドサウルス

後の怪獣映画との関係

(ハリーハウゼンとゴジラやゴロザウルスの因縁についてはリドサウルスを参照)

放射能の影響を受けた古代の生物が復活し都市を蹂躙。最終的には新兵器で倒される」、「企画段階のみだが、放射能を含んだ火炎を吐く」と言うプロットが、翌年に公開されたゴジラ第1作目と非常に似通っているため、「ゴジラの元ネタ」ということがなかば国際的に定説化している(ただし、東宝側は公式には認めていない)。

また、ゴジラの制作中には企画段階でもっとアウトな名前もあった

北極の核爆発で目覚めた古代生物が、まず灯台を襲う」というプロットはガメラシリーズ第1作である大映白黒映画『大怪獣ガメラ』にも似ている(この『原子怪獣現わる』は東宝が初代ゴジラを公開した後から大映配給で日本初公開されたのだが、ゴジラ程の人気は出なかった)。

さらにハリウッド版『GODZILLA』が「怪獣」映画というよりもモンスターパニック映画的な作風になった事にガッカリした国内外のゴジラファン曰く「あれは『原子怪獣現わる』のリメイクだけど、ネームバリューの問題から『GODZILLA』ってタイトルにしてんだろ!?」と言うキツイ冗談も見受けられる。

  • ただし、ヤン・デ・ボン版は1994年の公開を目指していたこと、その時代からゴタゴタがあってエメリッヒチームが割を喰ってしまったこと、エメリッヒやデヴリン達はヤン・デ・ボン降板後に参加したことなどからネームバリュー云々の発言は前提条件がおかしく、また、海外には日本よりもコアなゴジラファンが多いとされているのにもかかわらず、この発言が海外での知名度が高くない、というか熱心なエメリッヒ版のファンですら殆ど知らずそもそも海外のソースが発見されていない事から、この発言自体が日本で発生したデマであるか、仮に実在の発言だとしてもジョークや、炎上の責任を背負わされたことに対する東宝への皮肉という意見もある。
  • 他にもここで書かれている通り、エメリッヒ氏への制作のオファーは東宝側からあったことやエメリッヒ自身が何度も断っていたのにもかかわらず、東宝側の提示した強烈な制約に雁字搦めにされてしまい、あげくの果てに作品の評価の責任を負わせられたこと(参照)に対するささやかな抵抗の意思とその他には一人歩きしている「ゴジラ」の根幹にはリドサウルスがいることを強調させたかったのではという憶測もあるが真偽は不明。
  • この発言についての考察などはエメゴジの記事にもあるのでそちらも拝見していただきたい。
  • ディーンは元々ゴジラの大ファンであり、2018年に反省文を公開し、「ゴジラに対するエメリッヒとの情熱のズレが一番まずかった」と述べている。
  • そもそも、レイ・ハリーハウゼン自身が2005年のインタビューで日本のゴジラを「あれはパクリ」だと苦々しく答えている参照)。
  • 怪獣映画自体は1910年代から存在し、1942年のスーパーマンのアニメなど、原子怪獣現わるやゴジラなどに似た怪獣物は存在したが、原子怪獣現わるとゴジラには共通するエレメントがかなり目立つのが要因かもしれない。
  • ゴロザウルス(1967年)とハリーハウゼンの「恐竜100万年」(1966年)のアロザウルスも似ている。
  • ハリーハウゼンは生前ゴジラをかなり嫌っていたが、その理由にはキングコングの生みの親のオブライエンと東宝の確執もあった可能性がある。
  • 続編の設定を活かされたアニメゴジラ・ザ・シリーズに出てくるゴジラの嫁コモディスラックスはこのリドサウルスをモデルにしており、夫と共にガメラと初代ライバルのアンギラスへのオマージュが詰まった超強敵と戦った。
  • エメゴジはリドサウルスのリメイク、というネタを広めたのはAVGNと言っても過言ではないが、そのAVGN自身が2016年に「こんなこと言いたくないけど、ぶっちゃけエメゴジの方がギャレス版よりも面白い」と言っている。
  • また、アメコミ『ゴジラ:ルーラーズオブアース』や小説『GODZILLA 怪獣黙示録』など、エメゴジが活躍する作品も近年は多いが、評価の高かったアニメ作品『ゴジラ・ザ・シリーズ』でのパワーブレスといった能力は何故か採用されないため、一部では「ジラ名義でゴジラシリーズに移籍した本体と『ザ・シリーズ』版ゴジラの能力で版権が入り組んでいるため使用できない」という別の都市伝説も囁かれている。


ちなみに『クローバーフィールド』の最初の予告編が発表された際に舞台がニューヨークである事から「リメイクでは?」との憶測も飛び交った。

外部リンク


関連タグ

怪獣映画 ゴジラ
キングギドラ…ゴジラ同様に元ネタの存在が指摘されている。
ピアノ協奏曲ト長調…ゴジラのテーマ曲の元ネタと推測されることもある。

ゴジラS.P…同作にポスターが登場した。

関連記事

親記事

怪獣映画 かいじゅうえいが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「原子怪獣現わる」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「原子怪獣現わる」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17156

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました