2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ファイナルウォーズに登場した怪獣→ZILLA
ジラとエメゴジはよく似ているが、形態に差異があり、法的に見ても別の怪獣である。

概要

1998年公開「GODZILLA」に登場したゴジラの略称。トライスターゴジラとも略してトラゴジとも。

1998年版

データ

成体

体高60m(前屈状態54m)、または70m (一部媒体)か90m
全長120m~135m以上(90mとされることもあるが、120mが公式データ、きちんと計測すると135m以上)、ゴジラ・ザ・シリーズでは130m
歩幅27m
尾長60m
体重約500t
速力400〜480km/h
性別

幼体
身長1.8m
全長約3m
速力60〜80km/h

※いずれも出典は小説版。

  • 初期の設定では、“全長120m”という数値よりもかなり大型化(身長90m, 全長150mなど)する予定だったらしい。監督の「なぜ日本人はそこまで大きさにこだわるんだ」という発言があったことから、全長をよく考えなかったと思われる。
  • 前屈状態の体高54mは、初代ゴジラの公開された1954年に合わせたという考察もあるが、真偽は不明。
  • また、実は小説版にてジャンプ時に背びれで羽ばたいている
  • 小説はなんとソニー・マガジン版と集英社版の2タイプがあり、ソニー・マガジン版は資料性があるが、ニックとオードリーのキャラクター性がより優れており、ゴジラにも同情的なのは集英社版だとされる(参照)。
  • 公開当時はこのような宣伝もあった。

劇中での活躍

ゴジラ


正体は「イグアナの遺伝子も併せ持つ新種のキメラ」。
ニック・タトプロスも、当初はゴジラを両生類と判断した(歴代のゴジラで両生類に近い生態を持つのはレジェンダリー版の個体『シン・ゴジラ』の個体)。

頭部の上側が平らに近く、目や鼻が水平になっているのは現生や古代のワニカピバラカバや古代のなどにも見られる特徴であり、流線形のプロポーションもあって、肺呼吸という前提なら日本のゴジラよりも水中生活に特化した形態であると言える(日本のゴジラには、首にエラの役目を担う空気孔がある)。

顔の印象はエウパルケリアに似ていると言われることがある(参照)。獣脚類に近い体型に、イグアナや人間に似た長い腕が特徴で、複数の爬虫類の特性を併せ持っているとされているため、1頭でも単為生殖(劇中登場したのはオスとされていたが、産卵していたことから実質両性具有と思われる)が可能となっている(ちなみに現在も生息するある爬虫類でも単為生殖は見られる)。劇中に登場する科学者は足跡を見て「獣脚類の生き残りではないか」と主張していたが、当然「それにしては大きすぎる」と指摘されている(ちなみにこの部分、吹き替え版では誤訳の結果、「サウロポダアロサウルス」なる恐竜となってしまっているが小説版では"Theropod Allosaurus")。

エメゴジ


歯が小さく、ほとんど魚を食べるために特化した形態にも思える。現実のヒゲクジラ類や濾食性の大型のサメ類やマンタなどがオキアミプランクトン、小魚を餌として巨大化したり、草食動物の大きさを考えれば、小さくとも大量に餌があり歯や髭が小さな方が、巨大化する理に叶っている。ベビーが人間を襲ったのは魚の匂いが付いていたからであり、実際に食べた描写はない。企画されていた続編では、怪獣昆虫を捕食する設定でもあった。

日本のゴジラが2万t~6万tとかなりの重量級だったのに対してこちらはたった500tと異様に軽く、時速400~480kmという凄まじい走行速度で走ることが可能。

新種だからか、自身の繁殖キャパシティとベビーの食欲を把握しきれていなかったためか、また近隣の魚が元々の生態系から大幅に減っていた事もあり、魚の収集が間に合っていなかった節がある。

体温がビルより低い。ロックできない!


人間が路上に仕掛けた魚の山の匂いに引き寄せられる、人間の攻撃を避けるなどの行動はごく普通の動物の様ではあるが、実は意外と知能が高い
そのためにかなり高度な隠遁戦法を得意としており、

  • ビルに大きな穴を開けてヘリを待ち伏せし、後ろのビルから奇襲をしかける
  • セントラル・パークに仕掛けられた魚の山の匂いに再び引き寄せられるも、1回目の出来事から罠だと認識し、『2度も同じ手にかかるか』と言わんばかりに敷地内へ入らずそのまま逃げ去る
など、完全に予測不可能な行動もする。

放射熱線は吐けないが、大量の息を火に吹き付けて酸素爆発を誘発することはできる(ノベライズ版等の一部書籍では「ホットブレス」や「パワーブレス」、「パワーブラスト」等といった技名が付けられている)。このパワーブレスは可燃性ばかりが注目されているが、実際はかなりの風圧攻撃であり、アスファルトを巻き上げたり一個小隊分のジープを250mは吹き飛ばすなど、最強レベルの竜巻かそれ以上の暴風である。また、人間とは異なって頬を持たないために「吹く」という行為ができないが、それでもあの威力なのだから肺活量はすさまじいことが見受けられる。
  • これも、下記の「初代限定でのオマージュ」という点を考慮すると、放射熱線ではなくてあくまでも白熱光のオマージュなのでは?とする考察がファンによってなされたこともある。
    • 実は、撮影開始直前までは放射火炎を吐く予定であり、鼻から出す案もあった(玩具にも火炎ミサイルなどがあるのはそのためだろうか)。ちょうど、初代の白熱光と二代目の放射火炎との中間的なイメージであり、これも『ゴジラ・ザ・シリーズ』のゴジラの強さ設定に近いものである。放射火炎の英表記は「Atomic Breath」であり、ドラゴンのブレスなどを連想させる命名。したがって、「ブレス」感が強いのは日本人との感性の違いも考えられる。
  • パワーブレスの劇中でのハイレベルな可燃性の原理は不明だが、体内に貯蔵した水素やガス類を強風に載せて吹き付け、(体内や口元または外部にあった石やコンクリートなどで)風が起こした火花などによる着火と考えるのが合理的だと思われる。ドラゴンの生態を科学的に考察したドキュメンタリーフィクションでも、炎を吐いたり飛べる原理にこれに近い描写がなされている。エメリッヒ版ゴジラの続編で予定されていた、「道具としての火炎の応用」も描かれている。

また、変温動物であるため極端に体温が低く、赤外線探知ミサイルがうまく命中しないというシーンもあった。身体はビル群において保護色となり、実際にアメリカ軍との戦闘ではこれも機能した。

繁殖のためにニューヨークを襲撃して大きな被害をもたらしたが、アメリカ軍と壮絶な戦闘を繰り広げた末、最後はハープーンミサイルを撃ち込まれて絶命した。
また、マディソン・スクエア・ガーデンの地下に200個もの卵を産み付けており、そこから孵化した幼体が調査に訪れた人間たちを次々に殺害していったが、こちらも最終的には殆どが人類によって始末された。

だが、1つだけ破壊を免れた卵がありこの卵から生まれた個体が後にアニメ『ゴジラ・ザ・シリーズ』で主人公として活躍することになる(本来は実写版の続編への伏線だった)。


なお、死亡した彼は死者の尊厳を踏み躙るような侵略兵器へと改造されてしまい

余談

ゴジラ・ザ・シリーズ一話冒頭で前作「GODZILLA」の一部シーンがアニメとなっているが、そこにこのゴジラも描写される。
映画とアニメではいくつか差異が見られ、色合いがやや茶色っぽく、顎の大きな鱗は描写されていない。また、映画では死亡時うつ伏せの姿勢だったのに対し、アニメでは横倒しになっている。

関連タグ

ゴジラ
ゴジラテレストリス

関連記事

親記事

GODZILLA がっずぃーら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34180

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました