ピクシブ百科事典

竜巻

たつまき

気圧差によって生じる暴風による気象現象の一種。 英語では『トルネード』【Tornado】。 アメリカなどでの被害が最も有名で、昨今の日本でもその発生件数を伸ばしている。
目次[非表示]

概要

悪天候時に発生する柱状の暴風がとぐろを巻くながら天に昇るように見える様からその名が付いた。

明確な原理などは明らかにされていないが、一般的には積乱雲から伸びる筋状の渦巻きであり、地上と上空との激しい温度差によって強烈な上昇気流が発生することで生じるといわれる。漏斗雲(ろうとうん)と呼ばれる特徴的なを伴って発生し、不規則にうねりながら移動していく。

予測・防災の困難さも相まって、文字通り「地球上で発生しうる最強最恐最凶最狂の風」であり、その威力は凄まじく、直撃すれば台風の比などではなく、小規模な竜巻でも木製の建築物ならば最悪の場合は全壊の恐れすらある。『F4』と呼ばれる大型規模にもなれば、自動車列車はおろか家屋すら根こそぎ上空へ飛ばされる脅威の破壊力を発揮する。最も厄介なのは予知が非常に難しいということで、現在は発生原理の解明とほぼ同時進行で研究されている。

特に北アメリカ全域、ユーラシア大陸のヨーロッパ全域、オーストラリアの東部を中心に発生し、アメリカ合衆国ではハリケーンと並んで被害の大きな災害として恐れられている。その一方で、日本の地震研究と同様に、竜巻の研究が最も進んでいるのもアメリカである。

藤田スケール

国際的に用いられている竜巻の規模を表す指標。1971年、シカゴ大学名誉教授の藤田哲也(ふじたてつや)氏によって提唱された。全部でF0〜F6の段階に階級分けされており、『F2』以上を重大な被害を及ぼすものとしている。
詳しくはこちら

大まかなには以下の通り。

F0小規模。木の枝や古い煙突が折れる程度
F1中規模。屋根が飛ばされたり、自動車が動く程度
F2大規模。屋根が壁ごと飛ばされたり、大木や列車が転倒する
F3重大な規模。施工の良い家でも屋根が飛ばされ、は半壊、列車は脱線転覆、大型車でも宙に浮く。日本で発生する最大レベル
F4深刻な規模。施工の良い家でも基礎が悪ければ飛ばされ、自動車に至ってはミサイルのように飛んでいく
F5甚大な規模。堅固な建築物さえ破壊され、自動車や大木すら上空100mへと飛ばされ、通過した後は一切のものが瓦礫と化す
F6未曾有の規模。未確認の領域であり、その被害は想像するだにおぞましい…が、発生したことはある(1999年にオクラホマ州を襲ったものなど)

  • 宇宙空間も含めれば、一応だがF12までが想定済みであるらしい。

現在は、「改良藤田スケール」("EF")が米国ではもっぱら使用されている。

創作での扱い

海外では、自然災害を取り扱った映画の主題となることが多い。
また、ファンタジーでは属性魔法の最上位として君臨している場合が多く見受けられる。ただ、魔法としての竜巻は『超強力な旋風』といったものが大半を占めるため、現実の竜巻とは差異がある。

逆にポケットモンスターに登場する技である「たつまき」はやたらと威力が低い(なんとたいあたりより低い)。「ぼうふう」のほうが威力が高い始末である。

関連タグ

天気 台風 渦巻き
トルネード

pixivに投稿された作品 pixivで「竜巻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167082

コメント