ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集

初出第1世代
タイプノーマル 
ぶんるい変化
めいちゅう85(初代)→100(第2〜5世代)→-(第6世代)
PP20
範囲相手一体
備考野生ポケモン戦では戦闘を終了させる。
トレーナー戦ではほかのポケモンに交代させる(第2世代~)。
英語名Whirlwind

概要編集

初代から存在するポケモンの技。その初代ではわざマシン04に記録されたわざであった。

初代では強制的に野生ポケモンとの戦闘を終わらせる(しかも必中じゃない上にたまに外す)というはねる並みに需要の無い技だった。そらをとぶ(状態変化)を貫通する効果を初代の時点で既に持っており、空中にいる時でも吹き飛ばされてしまう。

第2世代からは相手のポケモンを強制的に交替させる効果が追加され、対戦でも使えるようになった。

因みに優先度は-6

ちなみにポケモンの体重での制限はない為、グラードンテッカグヤなどといった巨体ポケモンでも簡単にふきとばせる、すなわちポッポなどの小鳥ポケモンが放つ風でも…。どんだけヤバい強風なんだ…。

ただし第8世代で登場したダイマックスしたポケモンは吹き飛ばせない。


ほえるとの違いはやはりで吹き飛ばすだけあって鳥ポケモンが主に覚える事。

その一方で、ドラピオンカビゴンのように物理的に吹き飛ばすような輩もいる。

また、じごくづき・ぼうおんによって無効化されないのも長所と言える。

ほえるとの習得者の違いを上手く活かそう。

両方とも覚えるカバルドンなどは、無効にされにくいふきとばしが優先される(ふきとばしもほえるも元々みがわりを貫通できる)。


能力強化を多用する相手には効果的だが、主な使われ方はやはりまきびしステルスロックと絡めた通称・昆布だろう。


第6世代からは必中扱いとなった。


という感じで長らくの間技自体の性能はふきとばしがほえるの完全上位互換(PPも同じ)である状況が続いていたが、第9世代で新たに風技というカテゴリが登場し、ふきとばしもこれに該当するようになった。

現状風技であることのメリットはシングルバトルにおいては存在せず、むしろ新特性かぜのりによって無効化されてしまうというデメリット的な扱いになっている。

これにより元々ぼうおんで無効化されていたほえると積極的に使い分ける必要ができた。



ポケダンではふきとばしの杖のように数マス相手を吹っ飛ばす。

これそのものにはダメージは無いが、吹っ飛んでる途中に壁や他のポケモンにぶつかるとそこで止まり微量のダメージが入る。

関連タグ編集

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧

ほえる ふきとばし ともえなげ ドラゴンテール

関連記事

親記事

ほえる ほえる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 292028

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました