ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

鳥ポケモン

とりぽけもん

『ポケットモンスター』シリーズに登場する、鳥をモチーフとしたポケモンの総称。
目次 [非表示]

概要編集

の姿をしたポケモンの総称。その性質上、ひこうタイプが多くなっている。

ゲーム中でも言及される事のあるカテゴライズであり、対応する形でとりつかいというトレーナーの肩書も存在している。


進化自体も多様なグループであり、雛や小鳥から成鳥になるものもあれば、全く異なる鳥種に変わるものも少なくない。

中にはモチーフがあいまいな種族もあり、その定義は個々人によって微妙に差が出てくる。

あるいは、鳥である事は明らかだが、具体的に何の鳥なのかは分からないというケースも。


最初のパートナーとなる御三家にも鳥のポケモンはおり、現在では鳥御三家という非公称でくくられている。


鳥ポケモン一覧編集

  • ソートは登場順→進化系統順。リージョンフォームは省略。
  • 太字伝説ポケモン斜字はひこうタイプを含まない。-モチーフについては一部を除き名言されていないため最有力説を記載。
  • ?は特に異説が多いものや複合モチーフ(詳細は個別記事を参照)。

たね1進化2進化モチーフ
ポッポピジョンピジョットハト
オニスズメオニドリル-ベニスズメコンドル
カモネギネギガナイト-カルガモ※1
コダックゴルダック-アヒル※2
ドードードードリオ-ドードー鳥ダチョウ
フリーザー--
サンダー--サンダーバード(神鳥)
ファイヤー--フェニックス
ホーホーヨルノズク-フクロウワシミミズク
ネイティネイティオ-キーウィトーテムポール
ヤミカラスドンカラス-カラス
デリバード--パフィン
エアームド--スチュパリデス
ホウオウ--鳳凰
アチャモワカシャモバシャーモシャモ
スバメオオスバメ-
キャモメペリッパー-カモメペリカン
チルットチルタリス-幸せの青い鳥
ポッチャマポッタイシエンペルトコウテイペンギン
ムックルムクバードムクホークムクドリタカ
ペラップ--オウム
マメパトハトーボーケンホロウカワラバトキジバトキジ※3
アーケンアーケオス-始祖鳥
コアルヒースワンナ-白鳥※4
ワシボンウォーグル-
バルチャイバルジーナ-ハゲワシ
トルネロス(霊獣)--朱雀
ヤヤコマヒノヤコマファイアローコマドリ
イベルタル--フレースヴェルグ
モクローフクスロージュナイパーメンフクロウ
ツツケラケララッパドデカバシキツツキ→ラッパチョウ→オオハシ
オドリドリ--ハワイミツスイ+極楽鳥
ココガラアオガラスアーマーガアアオガラワタリガラス
ウッウ--
コオリッポ--ペンギン?※5
クワッスウェルカモウェーニバルクジャク
イキリンコ--インコ
カイデンタイカイデン-ウミツバメ→グンカンドリ
ヒラヒナクエスパトラ-」という概念→ダチョウ
オトシドリ--シュバシコウ
カラミンゴ--フラミンゴ
キチキギス --キジ

※1:ことわざ「鴨が葱を背負って来る」。

※2:外見はカモノハシ寄り。

※3:伝書鳩を含む。

※4:童話みにくいアヒルの子』。

※5:元祖ペンギンと呼ばれていたオオウミガラス(絶滅種)の可能性がある。


曖昧な例編集

鳥のような姿をしているが、一概に鳥類とは言い難いポケモン。

※6:頭部が鳥のような形状をしている電子生命体。「コンピューター用語としての『ポリゴン』という概念」を体現している。

※7:「チック=ひよこ」であるが、進化するごとに妖精のようになってゆく。トゲピーは「『』という概念」、トゲキッスは「飛行機」などとする説もある。

※8:ラプトル説も根強い。また、下半身は明確に別の生物である。

※9:既存ポケモンをベースにしたセルフパロディのようなデザイン。


関連イラスト編集

とりだいふくPICHONES

【+1】リトの英傑リーバルが勝負をしかけてきた!


関連タグ編集

 ポケモン

ポケモン一覧 ポケモン組み合わせタグの一覧

ひこうタイプ 三鳥 序盤鳥 鳥御三家 鳥アイコン

関連記事

親記事

ポケモン組み合わせタグの一覧 ぽけもんくみあわせたぐのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 856522

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました