ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

デリバード

でりばーど

『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモン(キャラクター)の一種。
目次 [非表示]

基礎データ編集

全国図鑑No.0225
ジョウト図鑑No.190
イッシュ図鑑No.254
マウンテンカロス図鑑No.090
アローラ図鑑No.095
ガラル図鑑No.078
パルデア図鑑No.354
ローマ字表記Delibird
ぶんるいはこびやポケモン
タイプこおり / ひこう
たかさ0.9m
おもさ16.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性やるき/はりきり/ふみん(隠れ特性)
おとしものデリバードのにもつ
タマゴグループすいちゅう1/りくじょう

各言語版での名称と由来編集

言語名称由来
日本語デリバードdeliver(英語で配達する)+bird(英語で鳥)
英語・スペイン語・イタリア語Delibird日本語名に同じ
ドイツ語BotogelBote(メッセンジャー)+Vogel(鳥)
フランス語Cadoizocadeau(贈り物)+oiseau(鳥)
韓国語딜리버드日本語名の音写
中国語(簡体字)信使鸟信使(xìnshǐ、使者、特使)+鸟(niǎo、鳥)
中国語(繁体字)信使鳥信使(xìnshǐ、使者、特使)+鳥(niǎo、鳥)
ヒンズー語डेलिबर्ड英語名の音写
ロシア語Делибёрд英語名の音写
タイ語เดลิเบิร์ด日本語名の音写

概要編集

『ポケットモンスター金・銀』(第2世代)で初登場したポケモン

名前の由来は恐らく「デリ(デリバリー<delivery>:英語で〔物などの〕配送、配達、配信)+バード(<bird>:英語で)」。


タイプはこおりとひこうの複合だが、「ペンギンが空を飛べるのか?」という野暮な突っ込みをしてはいけない。


ペンギンをモチーフにしたポケモンで、直接的なモデルになったペンギンはイワトビペンギンだと思われる。

また、赤と白の体色や袋状の尻尾からして、サンタクロースがモチーフに取り入れられているのは間違いないだろう。その関係でクリスマスシーズンにはトナカイがモチーフのオドシシとコンビで描かれる事も多い。一方でドイツ語表記は「Botogel」なのであちらは郵便屋さんをイメージしてネーミングされているようだ。

ちなみに袋のような尻尾は常に片手で掴んでいるので分かりにくいが、広げると長い帯状である。イラストを描く際は留意しておきたい。


1日中ずっとエサを探しており、袋状のしっぽの中にエサを隠している。山で遭難した人に対してエサを分け与えるという献身的な習性があり、デリバードのエサのおかげで助かったという話もある。この尻尾が大きければ大きいほど群れの中で一番偉いらしい。


中にはエサをくれたおかげでエベレストを登りきることが出来たという話もある。「ポケモンの世界にエベレストがあるのか?」という野暮な突っ込みを(以下略)。ちなみに、デリバードは雑食なので、むしポケモンをプレゼントされる事も。


『NEWポケモンスナップ』によれば袋の中にはリンゴが入っており、オオタチグラエナに襲われていた際には明後日の方向に投げつけて気を引く使い方をしている。

オオタチにもリンゴを分け与えようとしたが、海岸のトンビよろしくウォーグルに掻っ攫われてしまっている。


モチーフ・タイプともに「冬」のイメージの強いポケモンであるが、南国が舞台の『サン・ムーン』にも普通に登場しているので、特に暑さに弱いわけではなさそうである。図鑑説明によると本来は寒い土地を好むが、アローラ地方のデリバードはある程度の暑さにも耐えられる模様。

なお、同バージョンのきのみ畑にいる個体に話しかけると「ぐっぬー!」という妙に力んだ鳴き声を発する。



ちなみにタマゴグループは「りくじょう / すいちゅう1」である。意外にも「ひこう」は入っていない。当百科では見た目上「鳥ポケモン」という分類に収めているが、タマゴグループを見る限り鳥ポケモンではないということになる…とは言いがたく、ブレイブバードを覚えるので公式的にも鳥認識らしい。


まぁ「すいちゅう」が入っていないみずタイプ「ようせい」が入っていないフェアリータイプもいるので別におかしいことではないのだが。ちなみに、同じペンギンモチーフのエンペルト系統とはタマゴグループが全く同じ。


ゲームにおける特徴編集

  • 「金」「ハートゴールド」では出現せず、「銀」「クリスタル」「ソウルシルバー」でこおりのぬけみちにのみ生息する。レアなポケモン。
  • 第二世代では野生で出現すると毎ターン50%の確率で逃げ出すポケモンの1匹だが、スピードボールの効果はおそらく設定ミスにより適用されない。

  • FRLGでは、「ファイアレッド」のみナナシマのいてだきの洞窟に出現する。







  • パルデア地方ではナッペ山に出現する。
  • 本作では「デリバードポーチ」というショップがある。店名の通りデリバードがマスコットキャラクターで、ハチマキを巻いたデリバードのイラストが描かれている広告も見受けられる。外観からするに恐らく元ネタは某・激安の殿堂。つまりデリバードはパルデア地方におけるドンペンとも言える(ドンペンがサンタ帽を被っているのでそこからの連想なのだろう)。

性能編集

種族値HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
デリバード455545654575330
はりきり4510845654575383

※攻撃の個体値v、252振りで換算



  • 悲しいほどに種族値が低く、ラブカスと並びあらゆる最終進化系の中で合計種族値がワースト5位。しかも、4位以下のポケモンたちは強い個性を持っているため、実質最下位と言っても過言ではない。……じゃあデリバードは無個性なのかと言われるとそんな事もなく、寧ろデリバードはデリバードで彼らに負けられないくらい強い個性を持っているが。

  • 出現率や捕獲率が地味に低く、図鑑のコンプリートを目指す際に手間……と、様々な方面でネタ要素の強いポケモン。そんな境遇から、対戦方面では長らく不遇ポケモンの筆頭格という不名誉な扱いを受けてきた。ついでに言うと初登場のポケモン金銀では銀限定ポケモンだった。(対となるのは当時無進化のひこうポケモンだったコイツ)

  • 技も第4世代で「れいとうパンチ」を得るまでは主力のタイプ一致技が「つばめがえし」程度という有様であったが、世代を追う毎にこの問題点は改善され、独特な習得技を増やし続けている。



  • 因みに技構成次第では格上の伝説ポケモンすらも返り討ちに出来るため、能力が低いからといって決して侮れない隠れた実力者である。

  • 特性の「はりきり」は悲惨な火力を大きく底上げし、Zワザダイマックスとの相性も良好。特にダイマックスは強力なダイジェットをタイプ一致で撃てるのが非常に大きく、不遇卒業の主たる要因となった。が、それでも純粋なアタッカーとしては低過ぎる耐久と半端な素早さがネック。似た運用のアタッカーにも火力・耐久共に劣るので、基本的に「やるき」が採用され、搦め手で相手を倒す型で運用することになる。


  • 第5世代では隠れ特性の「ふみん」が追加されたが、なんとこれが通常特性の「やるき」の下位互換であった。当然ながら現時点では採用価値は無い。本来は救済要素となるハズの隠れ特性をふいにされたポケモンは、他にそうそういないだろう。

マックスレイドバトルにおいて編集

  • ソード・シールド』のマックスレイドバトルに出現する個体は、サンタというイメージに合わせてか、倒すと他のポケモンより多めに「けいけんアメ」や換金アイテムが貰える。クリスマスには毎回ピックアップされ、この期間中はアメを大量獲得できる。

  • さらに、冠の雪原で太い光を出してデリバードを倒すと、アメ各種5つ、低確率できんのおうかんやドリームボール(3%だとされている)をドロップできる。当然ながら、こいつらに狩られまくっているのは言うまでもないであろう

  • なお、2019年と2020年の年末にそれぞれピックアップの対象になっているが、遭遇率が上がるためなのか、さすがにこの時はぎんのおうかんやドリボのようなレアアイテムは報酬に並ばなかった。残念。

使用トレーナー編集

ゲーム版

※1:ポケモンスタジアム金銀

※2:『ポケモンマスターズ』でのマジコスメイ(シーズン19)のバディ


アニメ版


漫画版


番外作品編集

ポケモンGO編集

Present for you

  • 2017年2月に第2世代のポケモンが実装されたが、この時はドーブル共々未実装であり、ゲーム内に登場したのはそれから10ヶ月以上が経った12月22日になってからであった(恐らくモチーフの1つであるサンタクロースにちなんでこの時期に登場したものと思われる)。

  • 実装が遅れた経緯については、Nianticのジョン・ハンケCEOが以前コメントを発表しており、「専用ワザの“プレゼント”の特性をどうゲームに落とし込むかに苦労した」とのこと(要するに、かつてのメタモンと同じ事情である)。ちなみに、相方のドーブルの実装が遅れているのも同様の理由からだったらしい。


  • いずれもそこまで威力の高い技ではなく、はっきり言って戦闘面では全くと言っていいほど使い物にならない(これら3つの技は全て1/3ゲージ技なので、ささやかながらジム戦やトレーナーバトルで抵抗ができるかどうかといったところ)。

  • デリバードの真価は別にあり、捕まえると、通常よりも多くほしのすなが貰えるというものである(ボーナスとして250個もらえる)。ほしのすなはポケモンの育成に不可欠なアイテムであり、何かと枯渇しやすいアイテムなのでこの点は地味にありがたい。

  • その代償なのか、このデリバード、非常に捕獲するのが困難という厄介な特性を持っている。どれくらいかというと、CP値が300を超えたあたりから「スーパーボール」単体での捕獲が非常に困難になる。「ハイパーボール」とズリのみを併用してようやく……といったところ(元々原作でも非常に捕まりにくいので要するに原作再現なのかもしれないが)。

  • 恐らくそう安易に「ほしのすな」を稼げないようにするための措置なのだろうが、あまりにデリバードを捕まえるのに固執しすぎていると、こちらのアイテムが枯渇しかねないので、そのあたりには十分注意すること。

  • だが、2018年以降は年末の特定の期間に星の砂の獲得量を増やす措置が取られたため、残念ながら現在はデリバードを捕まえても星の砂を多くもらうことはできなかった。その代わりと言っては難だが色違いが実装されている


  • 2021年にはフィールドリサーチの報酬としても入手ができるようになった。そのためか野生での出現率はかなり下げられている(年末年始イベントの際には再びアップしているが、こちらはリボンを付けた特別仕様で、通常の個体ではない点には注意)。また、ゲット時に取得できるほしのすなの量が500にアップしている。

  • なお、イベント以外の期間は全世界から姿を消している。恐らく、年末年始イベント限定のポケモンという扱いになっているのだろう。捕まえ損ねてしまうとまた1年待たねばならないので、図鑑の穴埋めをしたいのであればイベント開催中に確実に捕まえておきたいところ。

ポケモンマスターズ編集

メリークリスマス!メリークリスマス!

  • メイ(19シーズン)&デリバード
    • 2019年12月12日にメイ(19シーズン)のバディとして、ズミ&オクタンと共に実装。
    • 「贈り物メイっぱい」は、場をわざゲージ加速状態にした上で味方全員のすばやさを2段階上昇させ、継続的にわざゲージを回復させられる。
    • また「プラスパワーG」で味方全体の攻撃アップができ、物理アタッカーのサポート役にもなれる。
    • バディストーンボードの強化により、登場時に天候をあられにできる。

ポケモン不思議のダンジョン編集

  • みんなのトラウマの1つ。
  • 赤・青の救助隊』では何を間違ったのか「プレゼント」の効果が「相手を40回復するか、40・80・120の固定ダメージを与える」という「マグニチュード」も真っ青の最大ダメージで多くの救助隊を危機に追いやってきた。
  • 探検』では75に下がったがそれでも強力なことに変わりはない。
  • ポケモン超不思議のダンジョン』以降はここまでの固定ダメージではなくなったが、代わりにダンジョン内の敵が傷つくとどこからともなくやってきてHPを回復させるようになった。
  • 特性「はりきり」の個体は物理技のダメージも強烈。命中不安定だが当たれば大ダメージ必至。

ポケモンスタジアム金銀編集

  • 『はこんでデリバード』という、コンベアから流れてくるプレゼントを仕分け場所まで運ぶミニゲームがある。
  • 途中を移動しているウリムーに当たるとプレゼントを全て落としてしまう(超低確率でイノムーが出てくることもある)。
  • グランドピアノやカビゴン人形は得点が高いが重く移動速度が下がる。ダイヤの指輪は軽く得点も高いが中々出てこない。
  • また、流れてくるゲーム機が特定の条件下だとGBCと64がGBAとGCに変わる。それぞれ元より少し軽い。

ポケパークWii編集

  • アイスゾーンでキルリアに話をすると遊びにきてくれる。「タマザラシ・ゼニガメ・ムチュール・ヒメグマと友達になる」を達成すると木につける飾りをくれる。その後、ちからくらべ「クイズ」で正解すれば親友になってくれる。


アニメ版編集

アニポケサトシの旅シリーズ編集

  • ロケット団のデリー
    • ……といっても、ムサシ達の手持ちではなく、むしろムサシ達への借金取りとしてやってくるのが役目である(ただし、DP編ではその様な描写は無くなり、宅配便や連絡係としての色合いが濃くなった)。
    • 意外にも、その実力はロケット団のポケモンの中ではかなり強い部類であり、ムサシ達のポケモンは勿論、サトシゴマゾウ瞬殺したり、ピカチュウをあと一歩まで追い詰めたほど(もっとも、ゴマゾウについてはデリバードの登場回の1話前で孵化したばかりであり、ドンファンに進化した現在であればどうなるかはわからない。ピカチュウについては止めの筈の「プレゼント」がよりによって相手を回復させてしまったため、形勢逆転されてしまったのが敗因である)。
    • 「最終章・めざポケ」第9話で再登場した際、コジロウの台詞から「デリー」というNNがついていることが判明した。

  • OVA『ピチューとピカチュウのふゆやすみ2001』
    • ワニノコにみずでっぽうをぶつけられる・ニャースにぶつかる・エアームドにふきとばしをされてプレゼントを町中に落とすと散々な目にあっていた。

その他


漫画版編集

ポケットモンスターSPECIAL編集

  • 仮面の男のデリバード
    • 第3章の黒幕である仮面の男のメインポケモンであり、ウリムーと双璧を成す主力の一体。
    • 作中では、
      • ・自分の腕を凍り付かせて鋭いナイフに変える。
      • ・無数のギャラドスに囲まれて破壊光線の集中砲火を放たれた状態から湖ごと全てを凍結させて全滅させる
      • ・相性最悪のホウオウを相手にトレーナーからの遠隔指示のみで無傷の勝利を収める。
    • ……等、その恐るべき実力を披露した。
    • 唯一の敗北はゴールドのニョたろう(ニョロトノ)のほろびのうたで相打ちに持ち込まれた時のみ。
    • 以上の様に、デリバードはゲームではあまり際立ったところが見当たらないのだが、それ以外ではなぜか悪の組織のポケモンとして登場しやすいようである。

関連イラスト編集

はりきり!折り紙デリバード

デリバードのハッピータイム!メリークリスマス


関連タグ編集

ポケットモンスター ポケモン GSC HGSS

ポケモン一覧 こおりタイプ ひこうタイプ

鳥ポケモン テツノツツミ


0224.オクタン0225.デリバード→0226.マンタイン


同複合タイプ編集


関連ポケモン等編集


その他編集

関連記事

親記事

鳥ポケモン とりぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2075069

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました