ピクシブ百科事典

ダークポケモン

だーくぽけもん

ダークポケモンとは、『ポケモンコロシアム』や『ポケモンXD』に登場するポケモン。類似した存在である、『ポケモンGO』の「シャドウポケモン」についても解説する。
目次[非表示]

概要

ゲームキューブ版ポケモンシリーズに登場する悪の組織シャドーの手で心を閉ざしてしまい、戦闘マシーンと化してしまったポケモンの事である。
英語圏では「Shadow Pokemon」と表記される。
主人公はこのダークポケモンを全て回収し、心を開かせる「リライブ」で元のポケモンに戻す事を目的としている。

ダークポケモンは、リライブが完了するまで様々な制限を受ける。

  1. ニックネームが付けられない
  2. レベルは固定(経験値は一応入っており、リライブ後に一気に入る)。
  3. その為進化も出来ない(GC版はイーブイを除きレベル以外で進化するポケモンはいない)。
  4. 技は下記のダークわざ+αとなり、付け替え及び並び替えは不可能。
  5. GBAのソフト(RSEFRLG)との交換が出来ない。

リライブを進める事により、性格が判明したり技を取り戻したりする事になる。
また、ポケモンや性格によってリライブのしやすさが違う。三犬なんかはかなり遅い。

ダークわざ

ダークポケモンのみが習得可能な技。PPは∞
ポケモンコロシアムの際は「ダークラッシュ」しか存在しなかった。
ポケモンXDでは通常のポケモンに対しては効果抜群・ダークポケモンに対しては効果半減と言う特殊な相性判定が行われる。
ポケモンによって習得しているダークわざの数は違い、終盤のダークポケモンは技枠4つが全てダークわざで埋まっている事も。

ハイパー状態(リバース状態)

ダークラッシュorダークわざを選択すると、たまに気持ちが高ぶり、赤黒いオーラを放出するハイパー状態(XDではリバース状態)になってしまう。

ハイパー状態・リバース状態共通の効果

  • ダークラッシュorダークわざ以外の命令を聞かなくなってしまう
  • 「コロンケース」以外の道具を使うことができなくなる


ハイパー状態の効果

  • ダークラッシュが高確率で急所に当たる
  • 相手トレーナーもしくは主人公を攻撃する(実害は無い)
  • 自分を攻撃
  • 道具を勝手に使う
  • 指示した技以外の技を使用
  • モンスターボールに勝手に戻る


リバース状態の効果


回復方法

  • バトル中に「よびかける」
  • 移動中にコロンケースの香りを使う
  • アゲトビレッジにある育て屋に預ける
  • ひんしにする
  • 超低確率で自然に治ることがある


ダークポケモンリスト

コロシアム

本編

1マクノシタ2ベイリーフ3マグマラシ
4アリゲイツ5ヨルノズク6モココ
7ポポッコ8ヌオー9ムウマ
10マグマッグ11オオタチ12ヤンヤンマ
13テッポウオ14マンタイン15ハリーセン
16アサナン17ノコッチ18チルット
19ウソッキー20カポエラー21エンテイ
22レディアン23スイクン24グライガー
25オドシシ26イノムー27ニューラ
28エイパム29ヤミカラス30フォレトス
31グランブル32アリアドス33ビブラーバ
34ライコウ35キマワリ36デリバード
37ヘラクロス38エアームド39ミルタンク
40アブソル41ヘルガー42トロピウス
43メタグロス44バンギラス45ドーブル
46リングマ47ツボツボ48トゲチック


ダブルバトルカードe+

1トゲピー2メリープ3ハッサム


XD

本編

1ヒメグマ2ポチエナ3レディバ
4デルビル5タマザラシ6ヤジロン
7メリープ8ゴクリン9タネボー
10イトマル11ドンメル12キバニア
13キノココ14エネコロロ15ビリリダマ
16マクノシタ17ロコン18ヨマワル
19ラルトス20クチート21ユキワラシ
22クヌギダマ23ネイティ24ロゼリア
25ニャース26ウリムー27オニスズメ
28ベトベター29パウワウ30ルナトーン
31トゲピー32ノズパス33パラス
34ガーディ35シェルダー36スピアー
37ピジョン38モンジャラ39バタフリー
40レアコイル41モルフォン42ウツドン
43アーボック44オコリザル45スリーパー
46ゴルダック47ヤミラミ48ドードリオ
49ラッタ50カモネギ51チルタリス
52ガルーラ53ジュペッタ54ブーバー
55カイロス56ギャロップ57マグカルゴ
58エビワラー59サワムラー60ベロリンガ
61ストライク62ラッキー63ソルロック
64スターミー65オオスバメ66エレブー
67カビゴン68ニョロボン69バリヤード
70ダグトリオ71ライボルト72ボーマンダ
73ガラガラ74ラプラス75ダークルギア
76サイドン77ファイヤー78ナッシー
79ケンタロス80フリーザー81サンダー
82カイリュー


体験版

1メタング


ポケモンGOにおける「シャドウポケモン」

GOロケット団女子とシャドウガビゴン


GOロケット団」が操る「シャドウポケモン」として2019年7月23日から登場。
名称は英語圏における呼称である“Shadow Pokemon”をそのまま日本語に直訳したものになっている。

共通する特徴として、目が充血したかのように真っ赤に染まって険しい目つきになっており、体から絶えず紫色のオーラのようなものを立ち昇らせている。
GOロケット団によれば、特殊な訓練を施すことにより、通常よりもはるかに強力な戦闘力を持たせることに成功した個体らしい。また、幹部の1人であるアルロの台詞の中に、シャドウポケモンを自作したを仄めかすものがあることから、彼こそがシャドウポケモンを考案し、作り出した元凶であると考えられる。

強化されているという設定は伊達ではなく、通常の個体を凌駕する異常な攻撃力を誇り、たとえ通常技であろうとこちらの弱点を突いてくる攻撃であればHPをあっという間に削り取られてしまう。
幹部やボスの繰り出す個体ともなると、等倍やいまひとつであっても恐ろしい勢いで体力を削られてしまい、ゲージ技に至っては、等倍やばつぐんではほぼ即死、二重耐性を持つタイプの技であってもHPの半分が一撃で消し飛ばされるというにわかには信じがたい事態が起こる(もちろんこちらの手持ちを最大まで強化しておいての話である)。

耐久力の方も攻撃力程ではないものの上昇しているようで、二重弱点を突いたとしても1発では仕留めきれないことも珍しくない。とはいえ、きちんと相手の弱点を突くタイプで攻撃すれば倒せるレベルには落ち着いているが。

こうしたこともあり、CP値も通常の個体ではまずありえない数値に達しており、雑魚ポケモンの代表格であるコラッタですら、2600以上という並の最終進化系に匹敵しかねない値を誇る。
カビゴンや最終進化形に至っては10000オーバーという下手なレイドボスに迫りかねない値にまで達している。幹部やボスの手持ちともなると一番手として繰り出すポケモンの時点で既にCPが10000前後に達しており、3体目のポケモンともなると20000に到達するかどうかというレベルになっているものも。


どのような方法で強化を施したのかは不明だが、ウィロー博士その弟子たちの調査によれば、少なくとも自然で起こるような方法で行われたものではないらしく、何らかの違法な手段が用いられている可能性が高い。
実際、初めてシャドウポケモンと対峙した際には同行している博士の弟子が「苦しそう」と述べていることからも、ポケモンに対して相応に負担がかかっている状態らしいことが伺える。
もしかすると、ドーピングのような手法でも使ったのかもしれない。

ちなみに、ウィロー博士のレポートによると、シャドウ化したポケモンは、ポケストップから強奪したタマゴから孵化させたポケモンであるらしい。
また(あくまで推測だが)したっぱの台詞を聞く限りではGOロケット団は一般トレーナーからポケモンを強奪するといったことも行っているようなので、そうしたポケモンたちもシャドウ化させられている可能性が考えられる。

各地のポケストップに時折現れるしたっぱや幹部およびボスのサカキを倒すとゲットチャンスとなり、捕獲画面に移る……のだが、これがまたレイドポケモン以上に暴れ回るので、適当にボールを投げているだけでは弾かれやすい。
プレミアムボールの数が少ないことも捕獲難易度の高さに拍車をかけている。しかし、ここで普段あまり使わないであろう『ナナのみ』を使えば目に見えて大人しくなり、確実にボールを当てれるようになる。

シャドウポケモンに一定量のほしのすなとポケモンのアメを与えて「リトレーン」すると「ライトポケモン」に変化する。
なお、リトレーンの際にHP・こうげき・ぼうぎょの個体値に+2のボーナスがつくため、個体によってはリトレーンの有無で性能が激変する場合もある。すごいとっくんのようなものなのだろうか…。


原典におけるダークポケモンとは幾つかの相違点がある。

  1. ニックネームは自由に変更可能
  2. アメと「ほしのすな」による強化は可能だが、通常の個体と比べて膨大な量(通常個体の3倍)のアメとすなを要求されることになるので、はっきり言ってメリットはない。リトレーンすることでようやく実践クラスの性能になる他、強化に必要なアメとほしのすなの数が軽減される。
  3. 進化は任意で行うことができる。ただし、特別な技を習得できないなどの制約がつく。リトレーンすると進化により特別な技も習得できるようになる。
  4. デフォルトでゲージ技「やつあたり」を覚えており(というか、現状ではシャドウポケモンしか覚えられないようになっている模様)、後述する特別なイベントを除くとわざマシンでも変更ができない。別のゲージ技を解放で覚えさせることはできるが、やはりここでも膨大な量のアメとすなを要求されることになるので注意。なお、リトレーンすると「やつあたり」が「おんがえし」に変化し、技の変更も任意で行えるようになる。
  5. 他のプレイヤーとの通信交換ができない(当初は可能だったが、キラフレンドとの交換と併用することで簡単に高個体値の個体を作り出せる等、ゲームバランスの観点から問題が生じたため、実装から数日で不可能になった)。リトレーンすることで、他のユーザーとの交換が初めて可能になる。ただし、交換は「特別な交換」扱いになるので、他のプレイヤーとの交換は1日に1回までしか行えない。また、途中で個体値をいじくるというイレギュラーな工程を挟んでいるためなのか、第1世代のポケモンであっても、シャドウポケモン・ライトポケモン共にピカブイ』への転送はできない。今後連動が予定されている「ポケモンホーム」への転送も行えないとのこと。
  6. メガシンカ可能な種族であった場合でも、シャドウポケモンの状態ではメガシンカが行えない(後述するシャドウボーナスとの兼ね合いと考えられる)。ライトポケモンにリトレーンすればメガシンカが可能となる。

実戦における性能

2020年3月、仕様の変更によりシャドウポケモンの攻撃に「シャドウボーナス」という特殊なボーナスが付与されるようになり、通常の個体よりも高い攻撃力を与えられるようになった。半面、通常の個体に比べると被ダメージが増えてしまう(特にライトポケモンからは通常の個体よりも受けるダメージがさらに多くなる)といった形で調整がなされている。

ようするに、やられる前にやれということなのだろう。

また、技を自由に変更できないというデメリットも、不定期に行われるGOロケット団関連のイベント期間中のみは撤廃され、わざマシンを使うことで「やつあたり」を忘れさせることができる。
このため、運良くリトレーンしなくても運用可能な個体値の者が手に入った場合は、敢えてリトレーンせずに育成するという選択肢も出てきた。

ただし、育成に通常の個体よりも多くほしのすなが必要になる点は変わっていないので、その点は覚悟しておくこと。
また、メガシンカが行えないというデメリットもあるので、スピアークチートのようにメガシンカすることで性能が大幅に向上する(若しくは向上すると予想される)種の場合、素直にリトレーンした方が良い場合もある)。
それでもその独特のダークな雰囲気に見惚れてあえてシャドウのまま育成しようとする猛者もいるらしいが…(実際、観賞用としても人気があり、入れ替わりの少ない田舎のジムでは見せびらかすために置かれていることも)。

その他媒体

劇場版4作目「セレビィ時を超えた遭遇」では、相手のポケモンを奪い取り、忠実で邪悪な戦闘マシンに変えてしまう"ダークボール"が登場。
明言はされていないが、事実上上記のダークポケモンとほぼ同等の存在と思われる。

劇場版19作目「ボルケニオンと機巧のマギアナ」では、ポケモンと絆を介せず、強制的な支配とメガシンカをもたらす"メガウェーブ"が登場。
実質ダークメガシンカポケモンともいえる存在だが、劇中ではXYパーティのポケモン達を相手に終始苦戦しており、本来のメガシンカより強さを引き出せていないと思われる描写があった。

格闘ゲーム「ポッ拳」では身体が真っ黒に染まった"ダークミュウツー"なる存在が登場しており、英語でも「Shadow Mewtwo」と命名基準が一致するが、正確な関連性は不明。

関連タグ

ポケモンコロシアム ポケモンXD オーレ地方 悪堕ち

関連記事

親記事

ポケモンコロシアム ぽけもんころしあむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークポケモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76304

コメント