ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

モルフォン

もるふぉん

モルフォン(Venomoth)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ編集

全国図鑑No.0049
カントー図鑑No.049
ジョウト図鑑No.109
パルデア図鑑No.257
ローマ字表記Morphon
ぶんるいどくがポケモン
タイプむし/どく
たかさ1.5m
おもさ12.5kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性りんぷん/いろめがね(第4世代から)/ミラクルスキン(隠れ特性)
おとしものコンパンのキバ
タマゴグループむし

各言語版での名称と由来編集

言語名称由来
日本語モルフォンモルフォチョウ
英語・スペイン語・イタリア語Venomothvenom(毒)+moth(蛾)
ドイツ語Omotvenom(英語で毒)Motte(蛾)
フランス語Aéromiteaéro-([接頭語]空気の、気体の)+mite(イガ類)
韓国語도나리독(dok、毒)+날다(nalda、飛ぶ)+이(-i、[接尾辞]名詞化する語尾)
中国語(簡体字)摩鲁蛾日本語名の部分的な音写+蛾(é)
中国語(繁体字)摩魯蛾日本語名の部分的な音写+蛾(é)
中国語(大陸・台湾)末入蛾日本語名の部分的な音写+蛾(é)
中国語(香港)魔魯風日本語名の部分的な音写+蛾(é)
ロシア語Веномот英語名の音写
ヒンズー語वेनोमॉथ英語名の音写
タイ語มอร์ฟอน日本語名の音写
リトアニア語Venomotas英語名より

進化編集

コンパンモルフォン(Lv.31)

梅雨の晴れ間に*


概要編集

第1世代『ポケットモンスター 赤・緑』から登場するコンパンの進化形である毒蛾ポケモン。


全身が薄みがかった紫色で、蛾と同様に羽を持ち飛行が可能。羽には鱗粉がついており、羽ばたく度に猛毒の粉をばら撒くという危険極まりない生態を持つ。

鱗粉は色によってその毒性が異なり、羽の鱗粉は体に付くとなかなか取れない上染み込んでくるという。更に鱗粉が触れるとまっすぐ立っていられなくるほどの強力な毒性を持つ。


外見や覚えるわざなどバタフリーと通ずる点が多く、後述のように進化先取り違え説もあり、その誕生には謎が多い。

ポケジャックに参加させて貰った時の

色違いはブルーモルフォを連想させる青色となる。


ゲームでの特徴編集

RGBP FRLG LPLE編集



  • またレベル技も何故か「サイケこうせん」「サイコキネシス」を覚えられ、どく技は第9世代現在でも「どくのこな」と「どくどくのキバ」の2つ(初代~第3においては1つ)しかない。これらのことから当初はむし・どくではなくむし・エスパータイプだったのではないかとする説がある(なお、むし・エスパータイプのポケモンは第8世代になって初めて登場した。)。何故かメガトンキックを覚えられるというトンデモ記述もあった(当然覚えられない)。ちなみに、第一世代のわざマシンはメガトンキックが05がで1つ違いの04がふきとばし。ふきとばしは覚える。

金銀クリスタルHGSS編集


  • ストーリーでは四天王になったキョウが前作に引き続き手持ちにしており、主人公の前に立ちふさがる。なお、殿堂入り後のカントー地方編においてはセキチクジムを継いだ彼の娘であるアンズの手持ちでも登場する(余談だが、アニポケではオリジナルキャラであるキョウの妹・アヤもコンパンを手持ちにしている)。

RSEORAS編集


DPtBDSP編集


BWBW2編集

  • 『BW』では夢の跡地の濃い草むらに生息するもコンパンは出現せず、『BW2』では逆に3ばんどうろの隠し穴にコンパンが出現した反面モルフォンが野生出現しなくなった。
    • モーションはまさにテンション上がってきたと言わんばかりに(リアルな昆虫に近い)激しい動きをするため、一部のプレイヤーから激しく敬遠されている。

XY編集


SMUSUM編集

  • 野生では出現しない。

ソード・シールドLEGENDSアルセウス編集

  • 未内定

スカーレット・バイオレット編集

  • 内定。北1・2番エリア、しるしの木立ちオージャの湖パルデアの大穴に生息している。特にパルデアの大穴ではあちこちに輝く結晶があるからか、内定した+新しい後輩「蛾ポケモン」達と共に暮らしている。
    • 第3世代のホウエン地方から第8世代のガラル地方までにおいて、初代のポケモンではを除き、地方図鑑に載っていない唯一の系列となってしまっていたが、第9世代の本作にてようやくパルデア地方の地方図鑑に久々に登場することが出来た。
  • 本作で進化時に新たに「エアスラッシュ」を習得するようになった。どくタイプとは…?


性能編集

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第1世代7065609090375
第2世代から706560907590450

※第2世代以前の「とくこう」・「とくぼう」は「とくしゅ」に纏められていた。



  • ダブルでは「いろめがね」を「スキルスワップ」で移し替えられる「おいかぜ」要員という点を生かした戦術が有名。相方としてはカプ・テテフGSルールの「しおふきカイオーガなど。普段でも厄介な連中がおいかぜ適用下で、ダメージ半減を無視して超高火力を叩きつけてくるのである。受ける方はたまったもんじゃない。だが、カプ・テテフもカイオーガもモルフォンのすばやさ種族値が90でなのでサポートの都合上最速にできないのが玉に瑕。

  • ちなみに同じ事をできるポケモンの中でライバルとしてシンボラーが存在するが、習得するねむり技の命中率の違い、「りんぷん」を匂わせて「ねこだまし」を牽制できるかどうか、接地しているかいないかなど、覚える技とタイプ、他の特性が大きく異なるのでどちらを採用するかは各々のパーティによる。

  • このように多くの点で世代ごとに強化されているため、虫毒最強候補と言ってもいいだろう。ちなみに他の候補はペンドラーだが物理タイプのペンドラーと特殊タイプのモルフォンを比べるのは野暮と言える。

  • ポケモンSVでは新たに上記の「エアスラッシュ」のほか、わざマシンで「アシッドボム」、「あやしいひかり」、新技の「とびつく」といった技を習得。テクニカルさに磨きがかかった。
    • この世代のダブルでは「りんぷん」「アシッドボム」「いかりのこな」「ねむりごな」を併存させることができるという差別化点を活かした臆病HS「ゴツゴツメット」サポーター型が、もしモルフォンを使うなら主流であり、実際この型がシーズン9ダブルの最終96位に残っている。

使用トレーナー編集

ゲーム版

キョウ様とモルフォンちゃん連れ歩き機能 16


アニメ版

  • キョウ(無印32話)
  • サユリ(無印80話)
  • エイジ(AG13話)
  • カエデ(AG128話)
  • ロケット団したっぱ(AG176話)
  • ゴウ
  • ケンジ
  • レイモンド(ミュウツーの逆襲)

漫画版

  • ナツメ(ポケスペ)
  • フレア団したっぱ(ポケスペ)

番外作品編集

ポケモンマスターズ編集

  • 報酬で貰えるタマゴから孵化するコンパンを主人公のバディにする事ができ、更に進化させる事も可能。

アニメ版編集

アニポケサトシの旅シリーズ編集

〈レギュラーの手持ち〉

  • ゴウのモルフォン
    • 新無印第6話で飛んでいたところをゲットされた。ホシガリスが原因でポケモンフーズが無くなった事件では、バタフリーと共に「しびれごな」を繰り出した(なお進化前のコンパンは参加せず)。第29話ではメッソンの涙で泣いていたが、バタフリーと共に「しびれごな」でメッソンの居場所を発見した。

  • ケンジのモルフォン
    • 「めざポケ(サトシの旅シリーズ・最終回)」で手持ちのコンパンが進化して登場した。詳細はこちら

〈ゲストなど〉

  • キョウのモルフォン
    • 無印32話でサトシとのバトルに出してすぐにモルフォンに進化。タケシ『変わり身の術か!?』カスミ『進化したんでしょ(呆れ)』。「ねむりごな」でサトシのピジョンを眠らせているが、ヒトカゲとのバトルではロケット団が乱入して中断。後の再戦では使用しなかった。

  • 無印80話
    • サトシを破りヒロシと激戦を繰り広げた女性サユリのポケモンとして登場。

  • 劇場版『ミュウツーの逆襲
    • OPでサトシとポケモンバトルしたレイモンドのポケモンとして登場したが、カイロス・ゴローニャ(EVOLUTIONではスリープ)と共にまとめてピカチュウにやられた。

  • 無印161話
    • この回でムサシが虫取り大会の整理員から奪ったモルフォンの着ぐるみを着ており、CM前後のシルエットクイズにも登場している。(参照)
    • ムサシ「モルフォン」
    • 子供達「「「ちがーう!!」」」
    • ムサシ「うるさいうるさいw」

  • エイジのモルフォン
    • AG13話でハルカがポケモンコーディネータになるきっかけと目標を持たせたメグミと決勝で戦った男性のポケモン。当初はメグミのアゲハントに対して優勢だったが、あさのひざしで回復されて形成逆転した。

  • カエデのモルフォン
    • AG128・129話でサイユウリーグ決勝トーナメント1回戦でサトシと戦ったトレーナー・カエデのポケモン。『かなしばり』でサトシのコータスのてっぺきを封じるが、サトシのオオスバメに敗北した。

  • AG176話
    • ロケット団したっぱが使用していた。

その他

無印97話・103話
DP32話・77話・99話(回想) 
XY5話(写真)
SP遥かなる青い空
劇場版ルギア爆誕時を超えた遭遇裂空の訪問者波導の勇者超克の時空へキミにきめた!

アニポケ・リコとロイの旅シリーズ編集

  • 12話オリーヴァの森にて野生で登場。
  • 50話:モブで登場

漫画版編集

ポケットモンスターSPECIAL編集

  • 第2章の四天王カンナ戦でナツメの手持ちとして登場。攻撃を仕掛けるふりをして「メガドレイン」でパルシェンの体力を吸収し続けていた。しかし、ルージュラの「あくまのキッス」でフーディンとともにダウンしてしまった。
  • その他にも12章でフレア団したっぱが使用している。

余談編集

モチーフ編集

  • 名前のモデルとなった生物は青い体色が美しいモルフォチョウだが、ご存じの通りなぜか紫の毒蛾になった。
  • これらの特徴は、むしろ『ウルトラQ』のモルフォ蝶と合致するものである。色違いは、関連イラストにもあるように美しい青色をしており、まさにモルフォチョウである。

進化後(前)取り違え説編集

  • 本来はコンパンがバタフリートランセルがモルフォンに進化するはずだったが、手違いで逆になってしまった、という都市伝説がある。あくまで公式からの明確なソースはないため確証はない。しかし、非常に状況証拠が多く、この都市伝説をただのデマであると切って捨てることは難しい。例を挙げると
    • コンパンとバタフリーの手足と触覚の形や目の形体が同じ
    • キャタピーやトランセルが蝶の中でもアゲハチョウ科の特徴を持ってるのに対し、バタフリーの翅は初代のドット絵ではモルフォンよりもモルフォチョウに似た翅をしている。
    • 逆にモルフォンの翅にはアゲハチョウ科の最大の特徴である尾状突起がある。そして赤緑青版のドット絵ではモルフォンの翅の模様はアオスジアゲハの模様にそっくりであり、このことで見た目が逆の方がしっくりくる。
    • 進化による「たかさ」と「おもさ」の変化が大きすぎ、逆であれば順当に見える。

  • ただし、モンシロチョウ?モチーフのバタフリーの進化前が紫色の毛虫のコンパン、という不自然な点もある。
  • バタフリーの翅がモンシロチョウにあまり似ていないので、バタフリーは元々モンシロチョウモチーフではなく、その時の進化前がコンパンで、モンシロチョウモチーフに変わったことでコンパンとの関係が切れたとも仮説でき、都市伝説に近いが微妙に違う状況が真実かもしれない。いずれにせよ、説得力があるからといってこの都市伝説を鵜呑みにするのも考えものである。
  • 前述のメガトンキック等、色々な噂がついて回るポケモンである。

関連イラスト編集

モルフォン049

春色蝶々【1日1絵/49日目】モルフォン


関連タグ編集


0048.コンパン0049.モルフォン→0050.ディグダ(アローラディグダ)


同複合タイプ編集


関連ポケモン等編集



関連記事

親記事

コンパン こんぱん

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 661300

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました