ピクシブ百科事典

プテラ

ぷてら

プテラとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.142
ぶんるいかせきポケモン
タイプいわ / ひこう
たかさ1.8m
おもさ59.0kg
とくせいいしあたま / プレッシャー / きんちょうかん(隠れ特性)
英語名Aerodactyl


概要

遥かに昔に絶滅した化石ポケモンの一角。コハクに残されていた遺伝子から生成し、復活した。
ひみつのコハクからよみがえる翼竜のポケモン。
化石ポケモンで唯一進化系を持たないポケモンでもある。

名前はプテラノドンからだと思われるが、尾は長くデザイン自体はどちらかと言えばランフォリンクス等に近い。頭も、例えばディモルフォドンのように骨太な見た目である。
ちなみに、プテラとはラテン語で「」という意味である。

現在はドラゴンではないが、絶滅する前まではドラゴンタイプであったとする学説もある。
そのためかドラゴン使いのワタルが繰り出してくることも。

ゲームにおける特徴

速さに定評のあるいわタイプで、最速で「ステルスロック」を撒ける。
いしあたま」の特性を持つが、今のところ自力で覚える反動技は「とっしん」のみ。
特性を生かしやすそうな反動技「ブレイブバード」や「もろはのずつき」は残念ながら覚えられない……。
尤も、仮に覚えられたとしたら、タスキ併用の他に後述のメガプテラにシンカして無補正でもカプ・コケコをも凌ぐ俊足からいのちのたま持ちメガレックウザガリョウテンセイに匹敵する攻撃が拘らずに毎ターン来るわけで、第六世代のファイアローが可愛く見える環境荒らしになりかねないのでおいそれと持たせられないのだろう。
もう一つの特性、「プレッシャー」も耐久が低いコイツにはあまり相性がよくなかったり。
隠れ特性「きんちょうかん」であれば特にダブルバトルなどでは有用ではあるが、プレッシャーと違いスカーフの所持を見分けられないので一長一短。

反動技やひこう技こそ貧相だが、攻撃力も高めで「ストーンエッジ」や「じしん」など有用な物理技は揃っているので十分戦える。
高い素早さを生かした「いばる」+「みがわり」戦法も多い。
ダブルバトルでは最速「フリーフォール」で1体の行動を1ターン完全に封じることもでき、決まれば非常に強力。禁止級とメガ進化を除けば、最速の「フリーフォール」と「いわなだれ」を繰り出せるし、メガシンカ後もデオキシスに次ぐ速さの「いわなだれ」使いである。

第5世代で圧倒的火力・スピードを持つ同タイプのアーケオスが登場したが、素早さはこっちの方が高く、特性による枷もないので十分差別化できる。
第6世代ではメガプテラへのメガシンカを果たした。現状、化石ポケモンでは唯一のメガシンカを果たしている。
第7世代では同タイプのメテノが登場したが、あちらはかなり特殊な性能を持ちプテラとは競合しにくい。

なお、隠れ特性きんちょうかん」は第5世代ではPDWで夢ポイントを2500以上貯め、「ひらけたそら」に超低確率で出現するプテラの♀を粘る必要があった。
第7世代ではVC初代からプテラを直接送ることで簡単に手に入るようになった。

ポケモン不思議のダンジョンシリーズ

赤・青の救助隊』ではストーリー上のラストダンジョンであるてんくうのとう後半から出現するが…異様に能力値が高く設定されている強敵と化しており技構成もタイプ一致のつばさでうつ、時々ひるみ効果があるかみつく、使用するごとに倍速になっていくこうそくいどう、こちらをほぼ100%の確率で混乱させてくるちょうおんぱなどどれもこれも隙がなく、更には特性であるプレッシャーでいつもより多くPPを減らしてくる。クリア後のいくつかのダンジョンでも登場するため救助隊においてはトラウマになっている人も少なくない。だが、その分仲間にできれば必要な経験値は膨大になるが下手をすれば伝説のポケモンよりも強くなるほど頼もしい。

時・闇・空の探検隊』では前作で大暴れし過ぎた反動なのか、大幅に下方修正されたがそれでも最終的なステータスは高く、また攻撃技も前作以上に豊富になったので仲間の場合は同じような感覚で使っていける。

ポケモンGO

サービス開始時から登場しているが、初代組ではラッキーラプラスポリゴンカビゴンと並ぶ、野生の出現率が極めて低いポケモンの1つ。
ただし、なぜか横浜市の上大岡から数キロの範囲では他地域より明らかに出現率が高く、一時期はこいつ目当てで訪れる人が多くいた。ここに限らず傾斜地では他の地域と比べ出現しやすいらしい。
とはいえレア度の割には最大CP値はそれほど高くなく、耐久も低いのでジム防衛には向いていない。
最近になって「いわなだれ」を覚えられるようになり、さらにトレーナーバトルが実装されたことで、以前と比べると多少活躍できるようになったか…といったところである。

そんなプテラであったが、2017年5月19日から26日まで行われたいわタイプイベント「アドベンチャーウィーク」では、他のいわタイプ共々出現率がアップしたため、これまでと比べると遭遇がしやすくなった。どれくらいアップしたかと言うと、市街地を精力的に歩き回れば1日で最低1匹はゲットできたほど。この時初めてプテラと遭遇できたという方も多かったことだろう。
更にレイドバトルのボスやフィールドリサーチの報酬としてプテラが登場するというケースが出てくるようになり、以前に比べれば入手機会は多い。
無論野生そのままの個体を粘ろうとなれば現在でも相当にハードルが高いのだが。

主な使用トレーナー


関連イラスト

プテラ~背景修正版
プテラ


プテラ
遠い旋律



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧 化石ポケモン
同タイプ仲間……アーケン アーケオス メテノ

砦を守る翼竜……似ていると言われることがある。

関連記事

親記事

化石ポケモン かせきぽけもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プテラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 386049

コメント