ピクシブ百科事典

目次[非表示]

技のデータ

登場第1世代
威力35(第1世代)→60(第2世代~)
命中率100
PP35
タイプひこう
分類物理
範囲相手単体
直接攻撃


概要

初代から存在するひこうタイプの技。特に追加効果の無い普通の攻撃。
名前の通り、翼を敵にぶつけて攻撃する。

困った事に同威力技につばめがえしがあり、あちらは必中かつわざマシンで習得しやすいので肩身が狭い。
ただし威力の割にPPが非常に多いので、耐久グライオン等PPが多く欲しい時に採用されることがある。
ストライクの場合は特性テクニシャンによる威力の補正もあって実質威力135の技を35回も使用できるので、長期戦が想定される場合にはメインウェポンにもってこいである。
もちろんシナリオ攻略で回復を挟まない長旅を想定する時にも安心。
剣盾ではつばめがえしの習得者が激減した代わりに、テクニシャン対応の連続技ダブルウイングが登場。
やや命中不安だが、テクニシャン補正がかかると威力120(タイプ補正で180)と強力であり、つばさでうつの立場が更に厳しくなった。

完全下位互換技に飛行タイプの初期技として有名な「つつく」がある。
なお、初代では設定ミスのためつつくと同じ性能になっており、攻略ガイドの威力と食い違う。プテラを除くと習得レベルが軒並30前後と遅いため、飛行タイプ技の上位版と勘違いして覚えさせるプレイヤーが後を絶たないという問題があった。
しかしながら、初代では「つつく」と「つばさでうつ」を両立できるポケモンはあまり存在しなかったため難を逃れたケースは多い。

第2世代からは威力が60に上方修正され、同時に序盤にレベルアップで覚えるポケモンも増え、シナリオ技としては申し分ない性能を持つようになった。
どういうわけかポッポ系統は習得レベルが30前後とやたら遅いままだったが、LPLEでようやく改善された。

進化して翼が生えるリザードンカイリューも覚える。
ただしリザードンはLv36、カイリューに至ってはLv55と進化レベルが高く、そんなレベルで覚える技としては明らかに力不足
剣盾では進化時に覚える技がそれぞれエアスラッシュ(リザードン)とぼうふう(カイリュー)といった、より強力な技に変更されている。LVアップで覚える技から削除されたが、カイリューはLv1で覚えられる技に残っているので「技教えマニア」経由で習得可能。リザードンの方は何故かヒトカゲのタマゴ技候補に残っている。どこを打って攻撃するのだろう…?
手が無いのにパンチ技を遺伝できるゴースキノココに続く珍事となっている。

関連タグ

ポケモン技絵 ひこうタイプ

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「つばさでうつ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1695

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました