ピクシブ百科事典

グライオン

ぐらいおん

グライオンとは『ポケットモンスター』に登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.472
英語名Gliscor
ぶんるいキバさそりポケモン
タイプじめん / ひこう
たかさ2.0m
おもさ42.5kg
とくせいかいりきバサミ/すながくれ/ポイズンヒール(隠れ特性)


進化

グラグライオン


グライガーグライオン

概要

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計値
グライオン7595125457595510
グライガー6575105356585430
進化前比較+10+20+20+10+10+10+80


グライガーにするどいキバを持たせて夜にレベルアップさせると進化する。名前の由来はグライダー(英語:glide)とスコーピオン(サソリを英語でscorpion)だと思われる。

コウモリとサソリを足したようなデザイン。タマゴグループはむしだが、むしタイプは持っていない。じめん/ひこうという個性的なタイプを持ち、それなりに素早く、でんき・じめん無効、いわでも弱点を突かれないという嬉しい耐性。
物理耐久が高く、タイプの組み合わせからかくとうタイプにはかなり強いが、特殊耐久に関しては並程度であることと、こおり4倍なのには注意が必要。物理型でも持たれているとあっさり突破されてしまう。

物理受けとして優秀な防御力を持ちながら攻撃力もそれなりに高く、「じしん」や「ストーンエッジ」など強力な技を覚えられるほか、「つるぎのまい」で火力を高める事も可能。しかも一撃必殺技「ハサミギロチン」もあるため受ける相手にかなりのプレッシャーをかけられる。

当初はひこうタイプの攻撃技が「つばめがえし」しかなかったが、第5世代で入手した「アクロバット」のおかげでアタッカーとしても強くなった。
また、隠れ特性ポイズンヒール(毒状態時にダメージを受けず逆に毎ターンHPを1/8回復できる)による非常に強力な無限戦術ができるようになった。

実装当時の4世代ROMが無ければ物理受け必須だった「はねやすめ」が使えない(現在はBW2で可能に)という状況だったが、正直無くても回るほどであった。
輝石しぜんかいふくラッキーと組み合わせた「ラキグライ」はどくどくで機能停止しない強固な耐久型の組み合わせとして強力。

交代戦で相手を消耗させる戦い方であり、特殊はラッキーが受け、その弱点の格闘はグライオンが補うという形の関係上、2体では無く1体のポケモンで突破できなければ対策になれない。
高火力の物理ドラゴンタイプで突破しようにも、その後ろにはエアームドが控えていたりするので突破はかなり困難な戦法である。

ちなみに現実の自然界に空を飛ぶサソリは存在しないが、サソリに似た尾をもつヤマトシリアゲという飛翔昆虫がある。

アニメのグライオン


DP編85話にて、サトシのグライガーが進化した。作中の印象もあって、ひょうきんなイメージの絵が比較的多い。

同154話にて、エアバトルマスター・ミツゾーのハッサムと対戦。初戦は惨敗、猛特訓後の再戦も敗北してしまうが、ミツゾーから「珍しく強くなる見込みのあるポケモン」と素質を認められ、彼の元での修行を勧められる。悩んだ末にサトシの後押しもあり、ミツゾーの元で修行することを決意。

同185話にて、シンオウリーグ準々決勝(VSシンジ戦)に備えて呼び戻される。サトシのポケモンを3体倒したドラピオンを降す活躍を見せた。

使用技は「シザークロス」「ほのおのキバ」「ギガインパクト」「ストーンエッジ」で、ゲーム上でいうタイプ一致の技を一つも覚えていない。タイプ一致技を覚えていないというのはアニメでもなかなか珍しい。

DP編64話から登場。後にサトシの手持ちとなるグライガーがいた群れのリーダーで、街に迷い込み、森へ帰ることができないまま食糧を奪い続けていた。サトシたちが森へ返そうと奮闘する中、その強さに目をつけたシンジにゲットされる。

シンジが「使える」と言うほど能力は高い様子。同81話ではサトシのグライガーを「ハサミギロチン」の一撃で倒しているが、作中でのバトル参戦はそれが最後。

使用技は「すなあらし」「シザークロス」「はたきおとす」「ハサミギロチン」。

ラジオ「ロケット団ひみつ帝国」にて、うえだ氏が連れてきたこのグライオンの声を聞いたムコニャは、「強そう」「頭良さそう」と評価している。

関連イラスト

グライオンさん☆
グライオン



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「グライオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 865590

コメント