ピクシブ百科事典

ドラキュラ

どらきゅら

ドラキュラとは、ブラム・ストーカーの恐怖小説『ドラキュラ』に登場する男性吸血鬼。
目次[非表示]

曖昧さ回避

※ゲーム悪魔城ドラキュラについてはリンク先を参照。


概要

ドラキュラとは、ブラム・ストーカーの恐怖小説タイトルおよび『ドラキュラ』に登場する男性吸血鬼。
あまりにもその存在が有名であるため、吸血鬼一般を表す言葉として使用される場合もある。

ドラキュラという名の由来


ドラキュラという名は、ストーカーにキャラクターのインスピレーションを与えた、15世紀のルーマニア、トランシルヴァニア地方の領主・ワラキア公ヴラド3世の綽名に由来する。

【歴史】ヴラド・ツェペシュ【人物】



ドラキュラとは現地の言葉で竜の息子という意味である。ヴラド・ツェペシュの父ヴラド2世は竜騎兵で、ドラクルの異名があった。現地の言葉でドラゴンの意味で、その息子がドラキュラである。
しかしキリスト教圏では、ドラゴンは「魔王サタンの象徴」でもあり、そこから「悪魔公」という曲解された通名も意味するようになった。
また後世、ヴラド公の顔は「カトリック美術における悪人顔の典型」として汎用されてもいる。
詳しくはヴラド・ツェペシュのページを参照。


小説としてのドラキュラ

イギリスアイルランドの小説家であるブラム・ストーカーが執筆したゴシック恐怖小説。1897年出版。

ルーマニアからイギリスへ渡ろうと企むドラキュラ伯爵と、伯爵の正体を知り倒そうとする人間側の戦いが描かれている。リアルタイムに出来事が起こるのではなく、日記や録音された音声などによって話が進められていくのが特徴。
現在では『フランケンシュタイン』と共にゴシックホラーの代表作となっている。

この物語は次第に舞台や映画で一人歩きし、初版から100年以上を経て21世紀となった現在においてもなお、二次著作物が世界中で作られ続けるモンスターコンテンツとなった。

しかし、出版当時の売れ行きは大ベストセラーと言うには程遠く、また『ドラキュラ』以降の作品は泣かず飛ばずで、ストーカーは1912年、失意のうちにこの世を去った。

原作小説におけるドラキュラ伯爵とは


ルーマニアのトランシルヴァニア地方のカルパチア山脈に居を構える、浮世離れした没落貴族。身なりが良く、紳士的な態度を取るが喋り方や仕草などに古風な感じがする。また、相手に選択権を与えていると見せかけて結局は自分の思い通りにさせようとする人物。口には鋭い牙のように尖った歯を持つ。紳士なのに口臭はとても生臭い。

年老いたロングヘアーの男性。長身だが痩せこけけている外見で、見た感じの年齢に比べて姿勢は良い。物語中に若い女性の生き血を吸い、若返っている。

彼がより多くの生き血を吸い取るべく、多くの人間が住むイギリス・ロンドンの屋敷を買おうと計画したことから、物語は始まる。

主要登場人物

ドラキュラ伯爵
上述のように、原作でのイメージは不気味な雰囲気をまとった異様な人物である。

ジョナサン・ハーカー
物語の主人公。若くハンサムな事務弁護士。生真面目な性格で、恋人に対してもストイック。ヒロインを巡ってドラキュラと対立する。翻訳によっては伯爵は最初彼を狙っていたかのような描写がある場合もある。
マシュー・バンソン曰く「典型的なゴシック小説主人公に不可欠な要素をすべて満たしている」

ウィルヘルミナ(ミナ)・ハーカー
ジョナサンの婚約者、後の。結婚する前はミナ・マリー。
物語において「善」の象徴である知的な女性で、吸血鬼に我が身を狙われても毅然と立ち向かう。

エイブラハム・ヴァン・ヘルシング
セワードの師で「奇病」の専門家。
アムステルダムの医学・哲学・文学博士。
努力家で極めて同情的、幸運と決断力に恵まれている。

ルーシー・ウェステンラ
ミナの幼馴染
秘めていたビッチ根性は伯爵との出会いにより噴出することとなる。

ジャック・セワード
ルーシーに求婚していたトリオ、その1。
精神病院医。ルーシーの死後も伯爵討伐に力を尽くす。

アーサー・ホルムウッド
ルーシーに求婚していたトリオ、その2。
ゴダルミング卿。映画になると大抵出番がない。

キンシー・モリス
ルーシーに求婚していたトリオ、その3。
アメリカ人。映画になると大抵出番(ry

レンフィールド
ドクター・セワードの精神病院の患者。
虫や小動物を殺して食べる性癖の持ち主。
伯爵との心霊的つながりを見せ、伯爵の動向を知る手がかりとなる。


余談


最初の舞台化

ドラキュラは刊行とほぼ同時に作者自身がプロデュースした舞台がライシアム劇場で5幕47場にわたる長時間芝居として公演されている。
が、長すぎるため友人に自己満足の極み、と酷評された。

初の映画化作品?『吸血鬼ノスフェラトゥ』

第一次世界大戦後のドイツ映画界では怪奇幻想(すなわちゴシックホラー)映画の傑作が数多く生まれたが、1922年にプラナ・フィルム社が製作した『ノスフェラトゥ(不死者)』もその一つである。
ところがその映画のストーリーは、『ドラキュラ』の盗作といえる内容であった。さらに全編にわたって改変が加えられ、ドラキュラ伯爵の容姿もペスト菌を媒介するネズミをイメージした、ハゲ頭の奇怪なものとなっている。
ついでに言うと映画監督のF・W・ムルナウはドラキュラの著作権まで主張したこともあった。
こうした事情から後に訴訟問題となり、結果としてフィルムは焼却が命じられたが、わずかに処分を逃れたものがあり、鑑賞の機会が残されることとなった。

二次設定を運命づけた『公認』舞台化

ドラキュラといえば赤裏打ちの黒マント、というイメージがあるが、その発端は、映画作品ではなく劇作家(で演出家で役者)のハミルトン・ディーンによる舞台公演である。

ブラム・ストーカー夫人、フローレンス・ストーカーは、『ノスフェラトゥ』に対しては激しい憤りを見せていたが、”夜会服と観劇用マントに身を包んだ、礼儀正しい伯爵”という提案は、ドラキュラの貴族という出自から新しい側面を加えられたとして好意的に受け入れた。

1924年、ダービーのグランド劇場からウィンブルドンへ巡業。評判は良く、ロンドン公演の申し込みを受ける。

1927年ロンドン公演で初めて高く立ったマントの衿が演出として加えられた。
観客に背を向けて立っているときに衿で俳優の顔を隠し、マントから抜けでて舞台の奈落から降りれば観客の目の前で効果的に「消える」ことができる。
はっきりとした演出上の意味があったこの外見的特徴は、観客に強烈な印象を残し、やがて映画作品へと受け継がれていった。

化け物コンテンツへの成長

舞台『ドラキュラ』は役者の技術不足などでロンドンの評論家からの評価はすこぶる低かったが、客足が鈍ることはなかった。
ロンドン・イブニング・ニュース誌は「ウェストエンドでは何千ポンドもかけた煌びやかな劇が一週間も経たぬうちに力尽きて消えるというのに『ドラキュラ』は毎夜生き血をむさぼり続けていく…」と記している。

リトル劇場からヨーク公劇場に移らなくてはならなくなったころ、ハミルトン・ディーンは「地方巡業に戻りたい」と言い出した。もともと彼は大舞台よりも、地方の小さな劇場]でファンと密着したいタイプであった。

だがディーン一座の後援者は、ディーンの知らないうちにどんどん公演を続けるということでストーカー夫人と密約を交わしたのである。

その後、紆余曲折を経てドラキュラはイギリス演劇界におけるムーブメントとなり、アメリカの伝説的出版業者ホーレイス・リヴライトの目にとまる。

アメリカ興行権をフローレンス・ストーカーから得たリヴライトは、脚本家のジョン・ボルダーストンアメリカ観客向けに脚本を手直しさせる。さらにドラキュラ役にベラ・ルゴシを見出す。ブロードウェイも地方巡業も大成功を収め、ついに『ドラキュラ』はユニヴァーサルが権利を獲得して映画化が決定した。

フローレンス「え? 聞いてない」
ホーレイス「あ、映画に関しての興行権が契約書に入ってねぇ」

ともあれ、ユニヴァーサル映画『魔人ドラキュラ』はディーンとボルダーストンによる脚本を下敷きとして制作され、以降のドラキュラ映画もこれをお手本とする形で作られていく。その一方で、ストーカーの原作へ復帰しようとする作品や、ステロタイプ化された物語に対するアンチテーゼ的な作品も生み出されている。

さらに余談

ドラキュラの吸血シーンは、本来恐怖を掻き立てるものだったはずである。しかし「長い牙を美女の首筋に突き立てる」という行為が性行為を連想させ、次第にドラキュラにはセクシーな魔物というイメージが付いて行った。すると映画やドラマでドラキュラや彼に類する吸血鬼を演じる俳優にも美形が増え、いつしか吸血鬼といえば「貴族、あるいは貴族的な雰囲気を持つミステリアスな人物で、容姿は端麗」がお約束のようになる。

こうなれば不老不死の邪悪な魔物という前提さえも「そうなってしまった悲劇」に転換され、かくして「永遠の時を彷徨い、人の血を求めるという業を背負った悲劇の美形」というキャラクターが確立された。
萩尾望都の「ポーの一族」や米国の作家アン・ライスの「ヴァンパイア・クロニクルシリーズ」はその代表的な作品だが、現代にあふれる吸血鬼キャラの大半がこの系列に属しているのは言うまでもないだろう。


関連イラスト

吸血じじい
血ぃ吸うたろかー?


ドラキュラ
ドラキュラ




関連タグ

ホラー 吸血鬼 バンパイア コウモリ カーミラ ボリス・ツェペシュ=ドラキュラ
悪魔城ドラキュラ 悪魔城 
ドラキュラZERO

別名・表記ゆれ

ドラキュラ伯爵 吸血鬼ドラキュラ

関連記事

親記事

吸血鬼 きゅうけつき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラキュラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1824785

コメント