ピクシブ百科事典

ノスフェラトゥ

のすふぇらとぅ

ルーマニア語で『吸血鬼』の総称。及びこれを意識して命名された架空の人物等。
目次[非表示]

概要

ルーマニア語吸血鬼』の総称。及びこれを意識して命名された架空の人物等。
語源は更に古くスラヴ語からギリシャ語まで遡り、病気を含んだ』を意味する"νοσοφορος"に由来する。

誘導

カタカナでノスフェラトゥとした場合、主に以下のような意味がある。


『ノスフェラトゥ 恐怖の交響曲』オルロック伯爵

不死身探偵ではありません。

本来この映画は『吸血鬼ドラキュラ』を原作とするはずが著作権の問題をクリアできず、タイトル人物名を変更し設定にも独自解釈を加え強引に作成・発表した。

オルロック伯爵は禿頭ギョロ目犬歯ではなく門歯が長く尖っているというじみた風貌(メイン画像参照)で、舞台演劇確立された『精悍高貴なドラキュラ伯爵』とは対照的に、不気味病的印象の持ち主である。

オルロックの怪物性と、これを最大限に引き出す演出の妙により、ホラー映画としては現在も高く評価する意見は多い。

1925年、ドイツの法廷はこの映画が盗作に当たることを認め配給停止の判決を下し、『吸血鬼ドラキュラ』の版権元であるフローレンス未亡人(ブラム・ストーカー奥方)によって全て差し押さえられ、一部を除き破棄された。

原作者の没後50年となる1962年に著作権が切れ、配給停止処分も無効となり、破棄を免れ保管されていたフィルムから復元され、再び映画愛好家の前にその姿をあらわすこととなる。

1979年のリメイク版は吸血鬼の名前をドラキュラ伯爵としている(キャラクター名がパブリックドメインになっているため)。

なお、1922年当時の製作舞台裏モチーフとしたアメリカ映画『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』(2000年)では、オルロック伯爵を演じた俳優マックス・シュレックが本物の吸血鬼だったということになっている。

現代では一部の作品(特にゲーム)において、ドラキュラではなく敢えてオルロックを意識したヴァンパイアが登場するケースがある。

FC版wizardryにおいて末弥純がデザインしたバンパイアロードが貴族的イメージの美形モンスターであるのに対し、その下僕として付き従うバンパイア皮衣・オルロック的なご面相と、ロードとの間に大きな落差がある。
更にベニー松山による小説版シリーズでは、KODに出現したバンパイアロードは偽者ということになっており、百年後に再出現した偽バンパイアロードがオルロック的な怪人として描写されている。

ベラ・ルゴシクリストファー・リーに代表される正統派のドラキュラ像に対し、オルロック系のキャラクターは異端のドラキュラ像、あるいはドラキュラの名に捉われない吸血鬼像を確立する上で重要な役割を果たしたともいえる。

関連タグ

アンデッド
吸血鬼 / ドラキュラ
風よ。龍に届いているか
不死身探偵オルロック

わたなべわたる:彼の作品に登場する「ノスフェラトゥ」は「女犯坊」に酷似

pixivに投稿された作品 pixivで「ノスフェラトゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10322

コメント