ピクシブ百科事典

アンデッド

あんでっど

アンデッド(英:Undead)は、かつて生命体であったものが既に生命が失われているにもかかわらず活動する、超自然的な存在の総称。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 不死者ゾンビなどのイラストにつけられるタグ。
  2. 仮面ライダー剣に登場する怪人。→アンデッド(仮面ライダー剣)
  3. IdentityV(第五人格)に登場するハンター。→「アンデッド」
  4. アンデッドアンラックの主人公・アンディの「不死」の能力にちなんだ二つ名。


いわゆる「不死者」について

負の世界の住人


un(否定、反対)+dead(死)という綴りの通り、既に生命が失われているにも関わらずその肉体や精神の一部などが現世に残り、活動し続ける存在を指して使われる場合が多い。
そのような状況になる理由は様々であり、無念の死を遂げたために成仏する事ができず現世に残ってしまったケースもあれば、死霊術師(ネクロマンサー)などが用いる死体や魂に作用する呪術などで人為的に生み出されるというケース、邪悪な力で死体やその魂を変じさせるというケースもある。

代表的なアンデッドとしてはゾンビスケルトンミイラヴァンパイア吸血鬼)など。
怪談やファンタジー作品など、広く様々な分野に登場する。

アンデッドは日光や火、聖なる力・聖なる植物などに弱いとされることが多い。
また、死霊術師が操っているアンデッドたちは術者が倒れれば術が消滅し、ただの死体に戻ったり消滅するとされる。

アンデッドという存在が世に生み出されたきっかけのひとつとして、『早すぎた埋葬』というエピソードがある。
医療技術が現代ほど発達していなかった時代、土葬の地域では仮死状態に陥った病人を本当に死んだものと思って埋葬してしまい、後にの中で息を吹き返した病人の姿を見て「死者が息を吹き返した」と過剰に恐れた、という内容である。
現代でも同様のことがあり、後に何らかの理由で墓を暴いた際に、棺桶の内側を爪で引っかいた(もがき苦しんだ)痕が見つかったことで、実は生存していたことが明らかとなったという事がある。
対策として、携帯電話を副葬品としたり、生存を伝えるアラーム装置を備えた墓場などがある。

上級アンデッド

近現代のフィクションにおいては、『上級のアンデッド』という存在も多く登場するようになった。
これらの上級アンデッドは、上で述べたようにただ使役されている存在や死に損なった存在とは別格とされる場合が多く、生前の自我や知識などを保っていたり、自ら望んでアンデッドとなったというケースが多い。
モデル(元ネタ)は各国の伝説や神話であったり、特定の作品からの引用が多数。

代表的な上級アンデッドであるとされる事が多いのは魔術師賢者などが魔術や呪いにより不死となった存在、リッチブラム・ストーカーの作品を筆頭に耽美・貴族的なイメージで描かれることが多いヴァンパイアなど。
リッチやヴァンパイアの中でも更に強力な個体を、デミリッチ(またはデイモスリッチ)(※)・マスターリッチ、ヴァンパイアロード・マスターヴァンパイアなどと呼ぶこともある。
また、自らの使命を未来永劫に渡って遂行し続ける(墳墓遺跡などを守り続ける等)為に不死の存在へと変じた戦士騎士、神話的な出自を持つ悪霊精霊なども上級アンデッドにカテゴライズされる場合が多い。
死神や冥府からの使者などもシステム上、上級アンデッド扱いである事もある。

日本では最近になって不死者の王ということで『ノーライフキング』という種族名が使われるようになったが、これは上記の『リッチ』との商標権等の衝突を避ける為に導入されたもので、元ネタはいとうせいこうの小説『ノーライフキング』からである。→『不死王』の記事も参照。

これらの上級アンデッドは下級のアンデッドとは異なり、弱点こそあれど人間よりも遥かに高い能力を持つとされる事が多い。
特に上記のデミリッチ・マスターリッチなどは、その強大極まる魔力により、半神的な力を持つと言われる場合もある。


(※)デミ(demi)は「半分」という意味なので、こういう場合はまず「下位の」とか「~もどき」とかいった意味で使われる。が、「デミリッチ」の「デミ」は、肉体をほとんどを必要としなくなったという意味の「半分」であり、リッチという存在からさらに上の存在になりかかっているという意味。出典は『D&D』。

表記ゆれ

アンデット某カードゲームによって広まってしまった誤読

関連タグ

 死体 蘇生 不死 モンスター 妖怪
アンデッド化 ネクロマンサー ネクロマンシー
不死族 不死系
ゴースト 死霊 幽霊 レイス リッチ
吸血鬼 キョンシー グール スケルトン ゾンビ ミイラ

関連記事

親記事

不死者 ふししゃ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アンデッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2885080

コメント