2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

東欧の伝承に登場するアンデッドの一種で、南米のゾンビ、中国のキョンシーに相当するモンスター。別に空を割って現れないし四肢を伸ばしたり炎を噴いたりもしない。
大抵この手のアンデッドは、素人でも一定の手順を踏めば退治なり、足止めが出来るものだが、この存在は違う。
何分、生前の復讐心によって動く死者だけあり、いかなる手段を用いてもタキシムは倒せないし、ターゲットを追い求め、どこまでもどこまでも追跡する執念深さを見せる(分かり易く解説するなら、アンデッド特攻武器を使っても「すごく痛いだけで鎮魂されない」)。

奴が歩みを止める時……それは復讐を成し遂げた時或いは、神がタキシムの復讐の代行を約束した時の2つに1つである。
この復讐者の完成形』そのものなアンデッドの恐ろしい所は、倒す手段がない点ではなく、強い遺恨を持った人間なら、誰でもタキシムになりうる可能性がある点だろう。幸い、ターゲット以外には決して危害を加えない為、無関係な人達には紳士的なのが救いか。
また、復讐を果たさんと動いている間も、肉体の腐敗が進行しており、凄まじい腐敗臭を発している為、存在を察し逃げるだけならば容易なのも、無関係な人達には有難い(悪臭を放っている以上、迷惑なのは事実だが)。

創作上のタキシム

ゲーム作品でもモンスターとして登場するが、原典の強さをそのまま反映する訳にはいかず、普通の手段でも倒せる(単に動けなくしただけかも知れないが……)アンデッドモンスターになっている。

  • FF11のTaxim:グスタフの洞門に出現する、スケルトン族のノートリアスモンスター。高位精霊魔法を駆使する黒魔導士。
  • 生命の楔のタキシム:スケルトンの色違い。同系統の最強種で、通常攻撃に毒の追加効果。

関連タグ

アンデッド ヨーロッパ
ぼくのかんがえたさいきょうの

スンダル・ボロン:こちらも同じ復讐を根幹とするアンデッド。違いはスンダル・ボロンは女性限定であり、正面から見れば普通の美女に見える。

殺されて井戸に捨てられた聖女がチート怨霊になりました:詳細は異なるものの『アンデッドへと化生したヒロインの復讐劇』である以上、実質的にタキシムが主役の物語と評価できる。

関連記事

親記事

ゾンビ ぞんび

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「タキシム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 407

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました