2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

一口に言えば『中国ゾンビ』で時代に原型ができ、映画「霊幻道士」「幽幻道士」シリーズで一躍有名になった。
メディアに登場する場合は原型が出来た時代を反映してか、清朝の官服を着ている事が多い。

別名・表記ゆれ

漢字で「僵尸」または「殭屍僵屍)」(いずれも読みは「きょうし」)と表記する。
キョンシー(Geungsi, Geung-Si, Goengsi, Goeng-Si)」は広東語音で、北京語音では「チャンスー」または「チャンシー(Jiangshi)」と呼ぶ。ウェード式の表記法ではチャンシーをChiang-Shihと綴る。

キョンシーの特徴

  • 死後硬直が進んでいるので体が硬い。その為動きはぎくしゃくしているが、時間が経つにつれスムーズに動けるようになる。また、スムーズに関節を動かせない為、梯子などに昇る事が出来ない。映画に登場するキョンシーが腕を前に突き出し、ぴょんぴょん跳ねて移動するのはこの特徴を踏襲したもの。但し伝承に置いてはその限りでは無い。
  • とか髪の毛が伸びる。爪には毒素が含まれ、キョンシーの武器でもある。
  • 死体であるため顔色が悪いどころじゃなく、死臭もする。
  • お札でコントロールされているが月の光を浴びると制御不能となる。
  • 日光に弱い。
  • 人間の比ではない怪力。岩などの重量物を軽々と持ち上げ、人体程度なら容易く引きちぎる。
  • 視力が弱いが臭いで相手を察知し、頸動脈などの急所を狙って生血をすする。
  • 銃撃は基本的に通用しない。
  • 長い年月を生きたものは神通力を備え、空をも飛び「飛僵(ひきょう)」と呼ばれる。また滅多にいないものの更にそこから気の遠くなる年月を経て自然現象すら操る力を付け、真に永久不滅の不死となった個体は「屍尢(しおう)」と称され、天仙クラスの強大な実力を誇るという。
  • 生前に功夫を身につけていた場合、キョンシーも功夫を使いこなせる。身体が柔らかくなった後のキョンシーは達人クラスの可能性すらある。
  • ザコのイメージが強いゾンビ系モンスターの中では強敵として扱われる傾向がある。


キョンシーになる死体

  • 道士の手によって儀式を行われ、キョンシーにされたもの。元来、地方労働者が出稼ぎ先で死んだ際に、その屍を故郷に送り届ける為に道士が術を施して歩かせたのが僵尸の始まりと言う説があり、この習わしを「趕屍(かんし)」と呼ぶ。
  • 棺を立て掛けられる、天地逆にされる、棺の蓋に漆喰などで封をされるなどして風水的に正しく葬られなかったもの(魂魄のうち「魄」が抜けきらなかったもの)。
    • 上2つのケースのキョンシーは言わば中空状態であり、うっかりそこに悪霊などの不浄な魂が入り込んでしまうと手の付けられない怪物と化してしまう危険性があるので、通常は義荘や霊廟といった安息所で道士とその弟子の手により慎重に管理される。
    殺人の被害者になってしまうなど本人からすれば理不尽な最期を迎えてしまったり、遺してしまう肉親や家族への後悔が強すぎてしまうといった、この世にとても強い恨み辛み、そして悲しみを残して死んだ者。その負の念に突き動かされてる一種の暴走状態であるため、最もありがちなキョンシーでありながら最も危険なキョンシーとされることが多い。
  • 死んだ土地そのものが何らかの理由で強大な霊力を宿していた場合、それが魂魄の「魂」の代行となって入り込み、言わば自然発生したキョンシーという形になったもの。極めてレアケース。


キョンシー対策

  • キョンシーの毒は患部にもち米ゆで卵、雌鶏の血、子供(童貞)の尿をかけると緩和できる。
  • 道士なら桃の剣を用いてキョンシーにダメージを与えたり、自分の使役するキョンシーで相手を撃退できるとされる。
  • また、雷等にも弱いと云われている。


関連作品・キャラクター

キョンシーが題材の作品


キョンシーがモチーフのキャラクター


2000年以降


衣装モチーフ、仮装など


関連イラスト

センシティブな作品
キョンシー



関連タグ

ゾンビ アンデッド 尸解仙 死体 死人憑
中国妖怪 妖怪 魔物
清朝 フリーダムお札
【絵師キョンシー化】 中国人とキョンシーの件(ぴくがく)
馬呑吐(「宵闇眩燈草紙」のキョンシー使い)

関連記事

親記事

道教 どうきょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キョンシー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キョンシー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24993322

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました