ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ゆでたまごの代表作『キン肉マン』に登場する超人ラーメンマンを主人公としたスピンオフ作品。1982年週刊少年ジャンプの企画「第10回愛読者賞」のエントリー作品として執筆された。

その後、「フレッシュジャンプ」にて1982年創刊号から連載が開始されたが、掲載誌の休刊に伴い未完のまま連載終了となった。全12巻。『キン肉マン』『キン肉マンⅡ世』を除けば、ゆでたまごの作品の中では最も長く連載された。


ゆでたまごは当作品について、『キン肉マン』の世界とはパラレルワールドであり直接の繋がりは無い、とインタビューで明言している。しかし後にこの作品の設定が本編に逆輸入されている。


死んだはずの登場人物が何の説明もなく唐突に生き返りその一人の腕が両方あるかあやふやだったり、舞台が古代中国にもかかわらず映写機があったり、アメリカ人が登場したりと、読者から『ゆで理論』と揶揄された『キン肉マン』以上に設定の粗雑さや強引な話の展開が目立つ。というのも当時『キン肉マン』との同時連載という事で当人たちは途轍もなく多忙な日々を送っており(碌に家にも帰れず執筆室に籠りっぱなしで、曰く「余りの忙しさに死をも覚悟した程」だという)、内容や整合性についてしっかり確認する暇もなかったことが原因。

その一方で、序盤から毎回のように野盗やならず者の拳法家によって何の罪もない一般人が多数犠牲になる等、『キン肉マン』以上に残酷描写が多い。

 

テレビアニメは、1988年1月10日から9月11日まで日本テレビ系列で放映された。全35話。

金鬼が技らしい単独技を使い、血祭りの館での咀怒謀大王の台詞が変更される、原作で死亡した登場人物の一部が命を救われる等、原作における粗雑な描写や残酷描写の緩和が見られる。

また原作者のゆでたまごは、この作品自体ストーリーが重くなりがちだったので、コメディリリーフ的なキャラを物語で出す事を提案したと後に明かしている。それがオリジナルキャラ「キョンピー」である(もちろんゆでデザインのキャラである)。なおキョンピーは後に原作でも僅かながら登場している。

劇場版も1988年7月9日に東映まんがまつりで上映。原作の「暗闇をうて!!」が元になっているが、登場する敵・黒色魔王が別人姿で登場するほか、原作では箱庭の幻影の中のストーリーだったものが蘇州を舞台にしたものとなっている。その他、拉娘達マーボー一座が訪れたり、蛾蛇虫砲岩蛮暴狼が援護に駆け付けている。


ストーリー

ラーメンマンは幼くして、生まれ育った村を襲った馬賊の毒蛇党に目の前で父・ソーメンマンを殺され、自らも谷底に落とされるも一命を取り留め一人で何万もの軍勢を倒すことの出来るという「超人拳法」の師範陳宗明に出会い師事を仰ぐ。12年間の厳しい修行に耐え青年となったラーメンマンは、陳老師より美来斗利偉・拉麵男の名と超人拳法の秘伝書「闘龍極意書」を授かった。


登場人物

美来斗利偉・拉麵男 / ラーメンマン(CV:森功至

シューマイ(CV:松島みのり

陳宗明(CV:永井一郎

拉娘(CV:山本百合子

拳聖五歌仙

毒狼拳蛾蛇虫(CV:屋良有作

流星拳砲岩(CV:銀河万丈

ムエタイチューチャイ(CV:堀秀行

傷刻牢犬操(CV:秋元羊介

玉王関係者

屠殺鬼玉王(CV:内海賢二

土偶人(CV:郷里大輔

拉麵男・鬼鑼悪(CV:郷里大輔

芙蓉蟹(CV:沢木郁也

鍋巴

将棋七鬼衆

一番手歩鬼(CV:田中和実

二番手香鬼(CV:平野正人

三番手桂鬼(CV:掛川裕彦

四番手角栄(CV:郷里大輔

五番手飛龍

六番手金鬼(CV:小林通孝

地禁門三悪人

金獅子拳金龍(CV:銀河万丈

不死身胴白龍(CV:戸谷公次

十字拳黒龍(CV:大塚周夫

クロス(CV:西尾徳

武器男

ムンタ(CV:西尾徳

杏仁(CV:つかせのりこ

暗器五点星

一点星護夢拳跳竜(CV:佐藤正治

二点星二飛刀黄鶯(CV:徳丸完

三点星紅蓮拳炎劉(CV:平野正人

四点星円輪剣面鬼(CV:岡和男

五点星強力掌金剛(CV:幹本雄之

三打鐘兄弟

念仏男

伊々平功

ガルルーダ

その他

ソーメンマン(CV:小川真司

ハルマキ(CV:西村知道

ギョーザ(CV:神代智恵

タンメン(CV:坂本千夏

黒色魔王(CV:小林清志)

比丹(CV:大塚芳忠

麗羅(CV:鶴ひろみ

龍眉(CV:稲葉実

愛鈴(CV:三浦雅子

毒蠍拳斬馬(CV:稲葉実

筋肉拳蛮暴狼(CV:若本規夫

括殺自在拳ジャッキー李(CV:島田敏

鴉群拳法春雨(CV:沢木郁也

ビーフン(CV:山本圭子

咀怒謀(CV:大塚周夫)

蜈喪鑼(CV:島香裕)

魔颶拏謀(CV:郷里大輔)

モンゴル・タイガー(CV:永井一郎

嘉錏埵錏じいさん(CV:大木民夫

チェン(CV:橋本晃一

月餅(CV:石森達幸

トーフ(CV:向殿あさみ

布蘭(CV:上村典子

羽薔薇(CV:本多知恵子

呂烙餅(CV:江森浩子

マーボー(CV:杉山佳寿子)

タケノコ(CV:富沢美智恵)

キョンピー(CV:田の中勇


主題歌

オープニングテーマ

「輝け!ラーメンマン」

エンディングテーマ

「希望への旅」


二曲とも歌:織田純一郎・作詞:さがらよしあき・作曲:小川哲夫・編曲:奥慶一



令和の時代に拉麺男


連載終了から30年以上経った2024年4月上旬に突如としてSNSでトレンド入りを果たす珍事が勃発。


集英社が春のキャンペーンと称して古今ジャンプ漫画の電子版販促を開始。

ドラゴンボール』、『ONEPIECE』、『鬼滅の刃』、『SPY×FAMILY』、『いちご100%』、勿論『キン肉マン』など錚々たる作品群が立ち並ぶ中、まさかの『闘将!!拉麺男』が話題沸騰、ネットニュースに取り上げられる事態にまでなった。


外部リンク


どうやらセール中だったのを機に読んでみた現代の読者が、その内容のぶっ飛びさに驚愕。

「読むドラッグ」「ツッコミ不在のボーボボ等々感想がSNS上で飛び交った模様。

これも天下無敵の超人拳法だからこそ成せる業だろうか...


関連タグ

キン肉マン スピンオフ 公式が末期 腹筋破壊兵器 突っ込み所しかない シリアスな笑い


外部リンク

TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

ゆでたまご ゆでたまご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 406245

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました