ピクシブ百科事典

SPY×FAMILY

すぱいふぁみりー

『SPY×FAMILY』とはWEBコミック配信サイト『少年ジャンプ+』にて連載中の痛快ホームコメディ漫画。作:遠藤達哉。
目次[非表示]

人はみな 誰にも見せぬ自分を持っている
友人にも 恋人にも 家族にさえも
張りつけた笑顔や虚勢で 本音を隠し 本性を隠し

そうやって世界は――
かりそめの平穏を取り繕っている

概要

遠藤達哉による漫画作品。ジャンプ+にて2019年3月25日より連載中。隔週月曜更新。単行本は2021年7月時点で7巻まで発売。
スパイアクションホームドラマの融合によるコメディという異色作で、偽装家族が互いに秘密を抱えながらも絆を深めていく姿を描く。
次にくるマンガ大賞2019 Webマンガ部門1位、このマンガがすごい!2020 オトコ編1位、第24回手塚治虫文化賞ノミネートなどの受賞歴を誇り、ジャンプ+の看板作品のひとつに数えられる。

あらすじ

東国〈オスタニア〉西国〈ウェスタリス〉、十余年の間冷戦下にあった二国は、仮初の平和を保ちながらも、未だ戦争の火種が燻っていた。
西国一腕の立つスパイ〈黄昏〉に下された新たな任務、オペレーション〈梟〉。その内容は、戦争を企てる東国の重要人物の動向を探るため、彼の息子が通う学校の懇親会に出席すること、そのために結婚して子どもの親となることだった。
〈黄昏〉は精神科医ロイド・フォージャーを名乗り、孤児院で超能力を持つ少女アーニャを引き取る。そして、アーニャの母役となる女性ヨル・ブライアとの結婚にこぎつけるが、その正体が殺し屋であることは知らないままだった。
スパイの夫、殺し屋の妻、超能力者の娘。互いに正体を隠したまま、偽装家族の奇妙な新生活が始まる!

登場人物

フォージャー家

ロイド・フォージャー暗号名〈黄昏〉
スパイファミリー
ロイド・フォージャー
  • 精神科医。バツイチ子持ち。2年前に前妻と死別。子供が1人。しばらく結婚に慎重になっていたが一年前に仕立て屋で偶々出会ったヨル・ブライアと結婚。
    • 前妻との娘アーニャを一人前に育てるため、名門イーデン校への入学を希望。しかし二次審査では家族3人での面談が。
    • 娘の服を仕立てに行った先で偶然出会ったヨルさんからの申し出があり、最終的にお互いの利益のため結婚。
    • 家庭では料理担当。また、娘の教育に尽力している。
  • スパイ。西国〈ウェスタリス〉に所属する諜報員の中で最も腕の立つエージェント。コードネーム〈黄昏〉。
    • そんな彼に下された司令、オペレーション〈梟〉:危険人物に近付くため学校の懇親会に潜入せよのため7日で子どもと嫁が必要になる。
    • 子どもと嫁は用意出来たし協力的だが…なんかクセが強め?
    • しかしこれもよりよき世界のため。オペレーションの成功、しいては戦争の回避を目指し今日も持てる技術と知識と力を尽くす。
アーニャ・フォージャー被験体“007”
SPY✕FAMILY
SPY×FAMILY アーニャ 出会い
  • 背が低めの6歳。女の子。偏食でピーナッツをよく食べる。にんじんが嫌い。人ごみが苦手。
    • アングラな孤児院にいたところ、ロイド氏に気に入られ引き取られる。その後経歴を改竄され、2年前に死別したロイド氏の前妻との実子ということになる。
    • 問題児のようでここ一年程で4回家族を変え施設も二箇所目。
    • ちちの希望に応えるため名門イーデン校を受験。合格を目指す。
    • 聡く好奇心旺盛で周りの心の機微によく気付く。冒険アニメ『スパイ大戦争』が好きでちょくちょく過激な発言もする。
  • 超能力者。他人の心が読める。とある組織の実験により偶然生み出された。のちに組織から逃亡。保護を求め居場所を転々としていた。
    • 実のところ4・5歳程度。そのためか実のところそこまで頭は良くない。それでいて心を見透かしたような言動が元の孤児院でも気味悪がられていた。
    • 過去に心を読んだせいで”魔女”と冷罵されたことがあり、エスパーであることが周囲にバレたらあっさり捨てられてしまうと考え隠している。
    • 娯楽に飢えていた彼女は黄昏がスパイであることを知り、大興奮。彼の要求と希望を叶え、偽家族を維持することに尽力する。
ヨル・フォージャー暗号名〈いばら姫〉
ヨルさん
いばら姫
  • 首都バーリント市役所の公務員。27歳。結婚前はヨル・ブライア(YOR BRIAR)。家族は成人している弟が1人。以前は鍼灸マッサージの仕事についていたが転職してきた。
    • 30歳を目前にしている女性が結婚していないのは怪しまれて通報されるとの世情を知り、偶然仕立て屋で出会ったロイド氏とお互いの利益のため結婚。
    • 少々世間知らずだが正義感が強く優しい。ただ解決方法が物理によりがち。
    • 得意な家事は掃除。
  • 殺し屋。幼少から仕込まれた殺人術で依頼あらば殺す。これは弟にも夫にも内緒。
    • 元は貧乏な家だったが弟の養育費のため稼いでいる。
    • 仕事の続行のため、周りから怪しまれないためにロイド氏と結婚を決める。
    • 実力は高く数十名を一人で制圧し、暴れ牛くらいは素手で秒殺する。
ボンド・フォージャー
Ania & Bond
癒し
  • フォージャー家の飼い犬。
    • 名前の由来は『SPYWARS』の主人公のボンドマンからで、アーニャが命名した。
  • 未来予知能力者
    • プロジェクト〈アップル〉によって生み出され、フォージャー家に出会うまでの長い間実験動物として扱われてきた。
    • 見えた未来の光景は絶対不変ではなく、行動によってある程度干渉できるが、犬であるため内容までは深く理解できず、見たものを他人に伝えることもできないのが欠点。
    • 同じ超能力者であるアーニャだけは読心によって同じ光景を見れるものの、彼女の知識の範疇での解釈になってしまう。


西国情報局対東課〈WISE〉

〈黄昏〉の所属する組織。東国に対する諜報を目的とする、西国の政府機関。

フランキー

スパファミまとめ①


情報屋。表向きはタバコ屋だが、情報収集が主な任務。
独身・恋人なし。家族を持つ〈黄昏〉をしばしば羨みながらも、強力にサポートする。

フィオナ・フロスト

夜帷


WISEの女性諜報員で、コードネーム〈夜帷〉。表向きはバーリント総合病院の事務員。
感情を一切顔に出さず、淡々と任務をこなすクールビューティーだが、WISE内部では気味悪がられている。
実は先輩スパイである黄昏に凄まじい恋心を抱くクーデレ。黄昏以外の人間のことは軽視しており、隙あらばヨルを追い出してフォージャー家の妻の座を乗っ取ろうとまで考えている。そのため、彼女の本性を知ったアーニャからは警戒されている。

いばら姫の上司

店長
〈いばら姫〉の雇い主。正体は不明。依頼内容は「売国奴」の殺害。

名門イーデン校

標的の息子が通うトップレベルの教育機関。全校生徒2500人。6〜19歳まで全13学年制。
その在り方から色々と差別や選民思想的な特待生からの横暴、通学生の誘拐などトラブルの種も多い。

この学校のデズモンドが出てくる“懇親会”に黄昏が列席するには子どもが“皇帝の学徒”(インペリアル・スカラー)と呼ばれる特待生となり、その親であることが必須条件。
特待生になるには優れた成績や社会貢献に応じて授与される“星”(ステラ)と呼ばれる褒章を8つ獲得する必要がある。
逆に、成績不振や不品行に対して与えられる“雷”(トニト)と呼ばれる罰点を8つ集めてしまうと即時退学となる。

ヘンリー・ヘンダーソン
寮長クラスのベテラン教師。エレガンスを大事にしている。アーニャ達初等生3組29名のクラス担任。
意識の高さからくる厳しい紳士だが、入学試験の際のフォージャー家の振る舞いに感銘を受けており、フォージャー家しいてはアーニャのことをやや贔屓目で見てくれている。

ダミアン・デズモンド
アーニャのクラスメイト。ドノバン・デズモンドの次男。
常に取り巻きを従えるガキ大将だが、父親に認めてもらうための努力を欠かさない努力家。
アーニャとは入学初日から喧嘩するなど確執があるが、密かに惹かれている。
彼とアーニャが仲良くすることで家に直接お呼ばれされれば作戦的には一気に進むのだが…?

ベッキー・ブラックベル
アーニャのクラスメイト。大手軍事企業ブラックベルCEOの娘。
高慢な性格だが、ダミアンとの喧嘩がきっかけでアーニャと仲良くなる。
ブラックベルはデズモンド・グループとつながりがあるが、ダミアンのことは快く思っていない。

標的

ドノバン・デズモンド
東国国家統一党総裁。東西での戦争をひき起こそうと企んでいるらしい。
引きこもりで用心深く表舞台に出てこないが、息子が通っているという名門イーデン校の懇親会にだけは顔を出すという。オペレーション〈梟〉の標的。
この懇親会は政財界の社交場となっている。

国家保安局〈STATE SECURITY SERVICE SSS〉

スパイ狩りなどをしている東国内の治安維持組織。市民からは秘密警察とも呼ばれ恐れられている。
ユーリ・ブライア

Юрий


ヨル・フォージャーの弟。元は飛び級で外務省に勤めていたエリート。
シスコンで姉のためならなんでもしかねないところがある。
ただ姉の裏の仕事は知らず、またユーリ自身も自分の仕事が秘密警察であることは姉に伝えていない。
姉のいるこの国を脅かす存在を彼は許さない。

関連タグ

少年ジャンプ+
スパイ 家族 殺し屋 超能力 テレパシー 戦争
小学校 お受験 ロイヨル ダミアニャ

夜桜さんちの大作戦…本作と同じく家族によるスパイアクションを題材とした週刊少年ジャンプの連載作品。ただしこちらは、主人公の幼馴染みがスパイ一家の娘で、彼女を守るために普通の男子高校生からスパイの道を進んでいく物語。

外部リンク

ジャンプの無料マンガアプリ「少年ジャンプ+」「[1話]SPY×FAMILY」

関連記事

親記事

遠藤達哉 えんどうたつや

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SPY×FAMILY」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4928487

コメント