ピクシブ百科事典

トラバント

とらばんと

旧東ドイツのVEBザクセンリンク社が生産していた小型自動車。
目次[非表示]

曖昧さ回避

・ゲーム作品『ファイアーエムブレム』シリーズの登場人物
 ⇒トラバント(FE)

棺姫のチャイカのヒロイン
 ⇒チャイカ・トラバント

概要

とらびぃ


広く使われた愛称は「トラビ」。

エンジンは594ccの2ストローク式空冷直列2気筒型で、FF駆動。
冷戦における「東側」の工業製品の例に漏れず、共産主義政権による圧政から競争原理と技術発展が働かなかった事から、1958年から1991年までの長きにわたりそのままの基本設計で生産されていた。
一応モデルチェンジをしないつもりはなく、生産を担っていたVEBザクセンリンクは何度か東ドイツでミドルクラスセダン「ヴァルトブルク」を生産していた国営自動車メーカーのアイゼナハー・モトーレンヴェルクや、共産主義政権下のチェコスロバキアにおいても存続していた自動車メーカーのシュコダと共同でトラバントのモデルチェンジ計画を立てたが、いずれも試作品止まりに終わるか、東ドイツで政権与党を担った社会主義統一党からの中止命令によって実現しなかった。

東ドイツ東欧諸国における自動車需要の拡大に対し、生産能力が不足していた為長期の納車待ちが常態化。
しかし他に入手できる自動車がほぼ全く無かった事から、市民はトラバントを選ぶ他なく納車待ちを更に延ばすいう悪循環に陥っていた。
この社会現象は共産主義の閉塞性による悪例として現在でも語り継がれている。

ボディシェルは当初人工樹脂であるFRPで作られていたが、冷戦末期には品質の低下を受けて「ボール紙で出来ている」と揶揄されるようにもなった。
実際にFRPの材料不足から、一部に紙パルプを混ぜて補強していたようである。

ドイツの再統合と東欧諸国の民主化後は、旧共産圏国時代文化の象徴のひとつになっている。
現在でもベルリン市内では、環境などの各基準を満たす改造をしたトラバントをレンタルできるサービスもある。

1990年にベルリンの壁が崩壊し東西の車が初めて顔を合わせるようになったが、西ドイツから出向いたのは当時世界最先端のBMWメルセデス・ベンツフォルクスワーゲンなどであった。
これに対して1958年から殆ど進歩していないトラバントの姿は、東西のドイツ人に大きな衝撃を与えた。

その後は急速に廃車が進んだが、その小さく愛らしい個性的なデザインから愛好家の手により大切に保存されている車両も多い。

日本にも複数台が輸入されているが、国内の公道を走行できる基準に満たさないため登録車が1台も無かったといわれている。
排ガスの温度の低さへの対策が困難であったという記述が多く残っているが、2ストロークエンジン用の触媒をヒーターで加熱することで対応した例もあったとされる。
最大の問題点は、ポンプ省略のためエンジンの真上に置かれた燃料タンクが衝突や腐食時の安全性を欠く為であったようである。

漫画「MASTERキートン」で、主人公の車を修理に出した際の代車として登場。特徴を活かし活躍した。

トラバント1.1

ゴー!トラビ、ゴー!



東西ドイツ統一後の1990年5月に販売されたトラバントシリーズの最終型。

エンジンは従来の594cc直列2気筒2ストロークではなく、ワーゲンポロの1,100cc、42馬力の直列4気筒SOHC型に変更。
燃料タンクはフロントからリアに移設、フロントブレーキは従来のドラム式からディスク式に変わり、フロントサスペンションがコイルスプリングに、外装もグリルやバンパーが従来の金属製から樹脂製に変更された。

内装や電装系も大幅に変更され、翌1991年に生産終了するまでクーペワゴンピックアップトラック型などのモデル登場した。

関連項目

自動車 ドイツ車 東ドイツ 名車
冷戦

関連記事

親記事

ドイツ車 どいつしゃ

pixivに投稿された作品 pixivで「トラバント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145152

コメント