ピクシブ百科事典

ベルリンの壁

べるりんのかべ

かつて東ドイツ政府が西ベルリンとの境界線を隔てるようにして建設した壁。
目次[非表示]

概要

第二次世界大戦の敗戦国ドイツに分割統治され、その後はドイツ連邦共和国(西ドイツ)とドイツ民主共和国東ドイツ)に独立。首都ベルリンも米英仏ソに分割管理され、独立後もベルリンは東ベルリン(東ドイツ首都)と西ベルリン(西ドイツの飛び地状態)として分断された。

冷戦期、東西両陣営の対立が始まり、1948年に西ベルリン側での通貨改革に対抗してソ連はベルリンへの交通と電気を全面封鎖。東西両陣営の緊張度は高まって武力衝突の危機も起こったが、西側が大規模空輸作戦で物資と燃料を運び、封鎖は無意味となり翌年に封鎖は解除された。

しかし、東独市民は西ベルリンを脱出口に西側への亡命が増大し、反ソ連デモも頻発してソ連はこれを鎮圧。
1961年8月13日に東独(東ベルリンも含む)とソ連は西ベルリンを囲む形で境界線に隔てるようなを建設。西側からして自由を分断する冷戦の象徴となり、東側にとっては西側陣営を防ぐ象徴となった。

したがって壁は西ベルリンを囲むように建設されたため『東西ベルリンの境界線にのみ壁があった』というのは間違いである。

その後も多くがベルリンの壁を越えて西側へ脱出しようとしたが、そのほとんどは失敗した。

崩壊

停滞

東側の優等生と言われた東ドイツも、オイルショック以降の不況とエーリッヒ・ホーネッカー政権下で硬直化した官僚機構の下行われた国家運営により行き詰まりが見え始めた。1980年代時点では西側に到底及ばないクオリティの自動車の納品は注文から10年待ちが当たり前、品不足のスーパーでレジ係と顔なじみの客が行列を気にせず長話に興じ、政府は国家の維持のみに熱を入れ上げ、その中枢にいた人物と家族はノーメンクラトゥーラさながらの生活を送るという、末期的な症状を見せた。
この上、壁の崩壊直前に開かれた党中央委員会で東側随一の工業力と経済力を持っていたと信じていた党幹部らは、ここでようやく東ドイツの債務状況、経済状況が回復不可能な状態に達しており、事実上西ドイツからの援助金と粉飾決算をして西側諸国からだまし取った投資金で存立していたことを知り愕然した。この悲惨な債務状況と悪質な隠蔽体質はナンバー2のエゴン・クレンツにすら知らされておらず、彼らは問題を放置したまま知らん顔でいたホーネッカーに対して強い怒りを覚えたという。

一方停滞し閉塞した社会に疲れ切った国民は政治や世の中のことに目を背け、自分の世界を生きることだけに夢中になった。そんな国民の共通の楽しみは東欧諸国へのバカンスで、特にドイツと歴史的繋がりが深く、ドイツ語話者もそれなりに存在し食文化もロシアと比べて似通っているハンガリーポーランドチェコスロバキアが好まれた。
政府もこれをガス抜きとして見ていた節があったのだが、このガス抜きがベルリンの壁のみならず、東ドイツを自壊させる遠因となった。

ハンガリーの離反

1980年代半ばにソ連の最高指導者となったミハイル・ゴルバチョフは外交においてもペレストロイカを推進し始めた。これまでの東側諸国への積極介入主義を改め、各国が自らの手で自国の問題を解決し、成長することを求め始めたのである。
ハンガリー動乱プラハの春を経験している東側諸国は突然の翻意に警戒心を抱いたが、ハンガリーはこれを好機であるとみた。ハンガリーは兼ねてよりグヤーシュ共産主義という、独特の社会主義体制をソ連の容認の下行っていたことで比較的ソ連からの独立意識が強く、ハンガリーもまた困窮する経済などで国民の不満が爆発寸前であった。危機感を覚えたハンガリー政府は一党独裁制を放棄しただけではなく、ハンガリー動乱の指導者の名誉回復、海外旅行の自由化をはじめとした改革に乗り出す。これらを強力に推し進めたネーメト・ミクローシュポジュガイ・イムレが中心となる改革急進派は、ゴルバチョフが本当に介入する気がないと確信するとハンガリー政府の重荷となっていたオーストリアとの国境間に設けられた電流付き鉄条網を撤去することを決定。
この動きに、東ドイツ人や東西双方の民間団体は注目し始める。

1989年8月19日、「オーストリア・ハンガリーの国境上で東西の民間人が来たるべきヨーロッパの姿を語り合う」ことを名目としたイベント汎ヨーロッパ・ピクニックが開催される。このイベントの真の目的はバカンスを名目にハンガリーへ訪れた東ドイツ人の亡命の手助けであり、首謀者の一人はあのハプスブルク家当主オットー。
ハンガリー政府は、この運動に対してポジュガイが賛同者として名を連ねたりするなど事実上全面協力を行った。警備兵は会場の1km以内に近づいてはならないと命令され、ある兵士は転倒した亡命者を助け起こして手助けをした。
結果として、1000人ほどの東ドイツ人が一度に亡命したという。

この時点でも正式には国境を解放したわけではなかったが、次々とハンガリーに押し寄せる東ドイツ人の状況を見て気温が下がり始める前にネーメトは全国境の開放、つまり西側への事実上の転向を決意した。東ドイツ外相の恫喝同然の抗議には「逃げ出したくなるような国を作ったお前たちの罪だ」とだけ返し、秘密会談でネーメトから直接聞いた西ドイツ首相のヘルムート・コールは涙を流して感謝した。

ホーネッカー体制の終焉

この事態に対応すべく、東ドイツはハンガリーとの国境を封鎖。しかし、今度は同時期に民主化を推し進めていたポーランドとチェコスロバキアに東ドイツ人が殺到してしまい、ついに全国境を封鎖してしまった。
これで封じ込めたかと思いきや、閉じ込められた国民は「Wir bleiben hier(ここに残るぞ)」「Wir sind das Volk(我々が人民だ)」をスローガンに今度は国内民主化を要求し、連日各地で無許可デモとストライキが発生し、国内は大混乱となった。
それでもホーネッカーはソ連の支持さえ取り付けられれば国家を維持できると考え、建国40周年記念式典の準備を進めていた。

その目論見はあえなく外れてしまう。ゴルバチョフはホーネッカーを暗に批判する演説をしただけではなく、それに続いて行われた自画自賛しかできず現状把握しないホーネッカーの演説を聞いて露骨に嘲りと軽蔑を込めた笑みを浮かべ、舌打ちをしてはっきりとホーネッカーに対する絶縁宣言を公の場で行った。
この前日にも予定されていなかったシュプレヒコールが党下部組織の青年団のメンバーからなされ、ホーネッカーの権威は完全に地に落ちてしまう。
この時、ポーランドのミェチスワフ・ラコフスキ第一書記はゴルバチョフに対して以下の言葉を残している。

「貴方はドイツ語がおわかりですか? 彼らは『ゴルビー、助けて!』と言っているのです。彼らは党最良の者達と言われているのに……これですべておしまいですよ」

ゴルバチョフは晩餐会を終えてそそくさと帰国の途につき、見送りをしたクレンツをたきつけた。その11日後にホーネッカーは中央委員会においてその役職を解任されてしまう。

しかし、新政権はその多くがホーネッカー子飼いであったこともあり国民の信は得られなかった。
汎ヨーロッパ・ピクニックからこの間まで逃亡した東ドイツ人は25万人以上に膨れ上がり、ライプツィヒの主要公共交通機関の運転手は不足してしまい退職者と軍人で補う、ある病院のスタッフの3割以上がバカンスに行ったきり戻らない、物流が機能不全に陥ったためにあらゆる経済活動がマヒしてしまい、国民生活は崩壊状態に陥った。
クレンツは当初ゆるやかな改革を志向したがもはやその余裕はなく、急場しのぎの策として混乱の元であった国外旅行の規制緩和をすることにした。

1989年11月9日

だが1989年11月9日、記者会見などに追われ会議に遅刻したり会議を何回も中座していて政策の内容をよくわかっていなかった報道官ギュンター・シャボウスキーは勘違いして、「東西ベルリン間を含む東西ドイツ間の国境検問所から出国可能」という緩和策の内容を「国境のどこからでも出国できる(壁からの通過も認める)」と誤発表。さらに緩和の発効は明朝であったが、「(制限緩和を)早急に、遅滞なく発効される」という資料からさらに勘違いして「今すぐに発効される」と明言してしまった。

これについて資料を直接手渡したクレンツは「報道官なのだから当然会議と資料の内容は把握するべきだ」、シャボウスキーは「あのように期日も対象も曖昧な文書を渡して何をしろというのだ」とお互いを後年非難し合っているが、この2人のやり取りからもいかに当時の東ドイツが混乱期にあったかがよくわかる。

この報道を知った東西両市民が一目散に国境に殺到するが、国境警備隊はその緩和策の内容を把握していなかった。また多数が出国に必要なビザを持っていなかったが、政府から何も連絡がなかった国境警備隊は押し寄せる市民に困惑してしまい、ついに9日夜に独断で国境ゲートを開放してしまう。そのうえ市民たちが無意味となった壁を勝手に撤去し始める。最終的には東ドイツ自らが壁を撤去、壁は完全に崩壊する。

そして東西ドイツも翌1990年に再統一し、1991年にはついに東西冷戦の東側の大国のソ連も崩壊し、冷戦も終結。壁の崩壊も時代の変化の象徴となった。

2011年現在はごく一部分が記念碑的に残されているのみである。

破壊された壁の破片は土産品として一般に販売されたりもして出回ることになるが壁の原料であるコンクリートには大量のアスベストが含まれており破片の取扱いには注意が要された(当時この事実が知られていなかったためか無数の観光業者により無断掘削・販売が行われ日本でも一部はデパート等で流通した)。流通した中には墓石等を砕いただけの偽物の存在もあったと言う。(世にある「ベルリンの壁の一部」と称される石片の体積を合計すると本物の数倍に達するという、冗談とも本当ともつかない噂もある)

なおベルリンの壁を壊すのに用いた重機は実は長野県の竹内製作所など、日本製だったりする。

情報鎖国の実態

他の社会主義国家の例に漏れず、東ドイツはシュタージなどを用い、全国民の1割を情報統制のために使役したとされる。
当然外国メディアも著しく取材を制限され、国民は体制にとって都合のよいことばかり吹き込まれていた・・・わけはなかった。
というのも、西ベルリンをはじめ西ドイツ各地から発信される電波は国境を越えて一部地域を除いた東ドイツ国民に傍受され、テレビやラジオが視聴できたからである。当局も盗聴や密告を用いて視聴者を罰するといった措置を取ったが、肝心の電波を妨害できない以上焼け石に水で、とくに若者世代は退屈な東ドイツのものよりも西ドイツのテレビ(とくにサッカー中継とアメリカ映画)を好んでいたという。
ベルリンの壁崩壊時も、国民は東ドイツの発表ではなく西ドイツの報道を信じて壁に殺到する有り様であった。

また、西ベルリンについた東ドイツ国民は、真っ先にスーパーマーケットとアダルトショップに殺到した。西のスーパーマーケットには東ドイツではたまにしか食べられないバナナ(キューバ産がメインだったが、もっと金払いの良い西側に多く輸出していた)が山のように売られていること、東ドイツには無いに等しいアダルトショップがあることを国民はテレビやラジオを通して、知っていたからである。
当時、西ベルリンでバナナを買い求めたり、アダルトショップでテレビにかじりつく東ドイツ国民の姿はよくみられていたという。

関連タグ

ベルリン 東欧革命

関連記事

親記事

ベルリン べるりん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルリンの壁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124865

コメント