2022年7月7日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ミハイル・セルゲイヴィッチ・ゴルバチョフ(ロシア語:Михаи́л Серге́евич Горбачёв、ラテン文字表記:Mikhail Sergeevich Gorbachev、1931年3月2日 - )は、ソビエト連邦の政治家。1985年3月から1991年12月まで同国の第7代最高指導者であった。中央委員会書記長、最高会議幹部会議長、初代最高会議議長、初代大統領を兼務した。共産主義者であり、最後の党書記長(赤い皇帝・独裁者)・最初で最後の大統領として有名である。

1985年3月に書記長に就任した当初は穏健的な改革志向者でしか無かったが、1986年4月にチェルノブイリ原子力発電所事故が発生し、その報告が自分のところに来たのが外国の公式発表より遅かった。その事からソ連の官僚機構の腐敗ぶりを痛感し、グラスノチ(情報公開)・ペレストロイカ(建て直し)を提唱して急進的かつ大胆な改革者に変貌した。

その結果アメリカを初めとする西側諸国との関係は急激に改善されたが、国内的には情報公開はレーニンスターリンから続くソ連の栄光の歴史を誇りにしている保守派の、あくまでソ連を維持しようとする姿勢は政治的自由を得た民族主義的独立派の双方の怒りを買う羽目になった。そして1991年8月の8月クーデターでは、ゴルバチョフの側近を含む共産党官僚が多数参加した事から共産党の求心力が完全に失墜し、民族主義の台頭を抑えきれずに崩壊へと一直線に進んだ。なお歴代のソ連の最高指導者経験者で唯一存命している。

経歴

1931年3月2日にソビエト連邦のロシア・ソビエト連邦社会主義共和国のスタヴロポリ地方プリヴォリノエにて、コルホーズ(農業集団化政策)の農民の子女として誕生する。1950年9月にモスクワ大学法学部に入学し、1955年6月に同大学を卒業した。1952年10月に共産党に入党する。

1955年8月にスタヴロポリ市コムソモール第一書記、1962年3月にスタヴロポリ地方コムソモール第一書記、1966年9月にスタヴロポリ市党第一書記、1968年8月にスタヴロポリ地方党第二書記を経て、1970年4月にスタヴロポリ地方党委員会第一書記に就任し、1971年3月に40歳で党中央委員に選出される。

1978年11月に急死したフョードル・クラコフ政治局員・書記の後任として、党中央委員会農業担当書記に抜擢される。1979年11月に政治局員候補、1980年10月に政治局員となった。1983年4月にレーニン生誕113周年記念集会での演説を任せられ、これ以前にアンドロポフが演説していた。

評価

西側諸国では自由主義的な改革姿勢から絶大な人気を誇っているが、一方でロシアを筆頭に旧ソ連諸国では就任当初を除いて、在任中から現在まで不人気であり続けている。これは世界を二分する超大国であったソ連を、急激な改革で崩壊させた張本人であると認識されているからである。それに国営企業がほとんどの共産主義国で育った大人たちにとって、私営企業が乱立する自由主義経済というものがとても理不尽で受け入れ難いものであった。

曲がりなりにも超大国であったソ連に誇りを抱いていた者も多く、超大国から没落した無念・先述の経済混乱により、ソ連時代を懐かしむ者も多かったのが不人気の一因となっている。

家族

1953年9月にライーサ・マクシモフナ・ティタレンコと結婚し、1957年1月に娘のイリーナが誕生した。ライーサ夫人はモスクワ大学の哲学科の学生で、ゴルバチョフとはこの大学で出会った。

関連リンク

ミハイル・ゴルバチョフ

関連記事

親記事

ソビエト連邦共産党 そびえとれんぽうきょうさんとう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミハイル・ゴルバチョフ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ミハイル・ゴルバチョフ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 379

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました