2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

五老星

ごろうせい

五老星(FIVE ELDERS)とは、少年漫画『ONE PIECE』に登場する5人の人物の総称である。
目次[非表示]

※この記事は単行本未収録のネタバレ情報を含みます。

概要

天竜人世界貴族)の最高位にして、世界政府最高権力者である5人の老人たち。
5人それぞれの名前は未だ明かされていない。
基本的にいつも5人で登場し、世界政府の本拠地たる聖地マリージョアのパンゲア城内「権力の間」において、世界情勢に関する議論を行い、合議による意思決定をして、サイファーポール海軍に命令を下す。
海軍本部も、彼らの前では単なる中間管理職に過ぎない。

世界政府最高権力者ではあるものの、他の天竜人の共通点である「宇宙服に似た独特のスーツ」「髪型」「口調」などはしておらず、作中世界における庶民の一般的な服装であるスーツや着物といった衣服、顔の傷跡、鍛え上げられた肉体、などの装備、さらには奴隷を一切引き連れていないことや、権力に溺れず理性的・明晰な頭脳を有していることなどから、一見すると彼らも「たたき上げ」のように見える
世界貴族の最高位に位置しているものの、彼らが生粋の世界貴族なのか、どのような経緯で世界政府の頂点にまで至ったのか、詳細は不明である。

空白の100年」に関することを少なからず知っており、かつてその歴史を知りすぎたオハラに対してバスターコールを発令し、殲滅作戦の命令を下した。
これ以外にも、「世界の均衡を守るためには過激な手段も止むを得ない」という冷酷な思想は全員が共有しており、「世界政府の下での均衡・平和」のためなら綺麗事に拘ることはないという、ある種の非情さを見せている。

D」についても何かを知っており、今なお世界を騒がせるルフィ、歴史上初めて悪魔の実2食べたティーチなどを筆頭に、頂上戦争でその名が人目につきすぎたことを警戒していた。

普段は冷静だが、四皇については懸念を抱いており、白ひげシャンクスとの目的不明の接触に際しては顔色を変えていた。ただし、当のシャンクスについては「暴れさせればこそ手に負えんが、自分から世界をどうしようという男でもない」と一定の評価をしている。

構成員

顔ぶれは少なくとも20年以上前から変わっていない。
全員かなり長身であり、2mを超えるロブ・ルッチと並んでも彼を軽く上回る程である。
名前が判明していないため、WT100などの人気投票ではA~Eのアルファベットでエントリーされており、ここでもそれに準ずる。

仮名ABC
CV平野正人緒方賢一野田圭一
イラスト
五老星_3/空島編
五老星_2/空島編
五老星_5/空島編
仮名DE
CV増谷康紀園部啓一
イラスト
五老星_1/空島編
五老星_4/空島編

活躍

年数の基準は新世界編。

過去

22年前、クローバー博士ら歴史学者達が「空白の100年」の真実に辿り着きかけていたことから、ニコ・ロビンの故郷オハラに対してバスターコールを発令。「ロビンの師である博士への銃撃を実行させる」「オハラへの砲撃命令を下す」など、ロビンにバスターコールに対する強烈なトラウマを植え付けた原因となった。

サバイバルの海 超新星編

マリージョアにて、赤髪海賊団白ひげ海賊団とが使者を介して接触を図ったという報告を受けるが、赤髪の性格上大きな戦いは勃発しないと判断した。
そして、サー・クロコダイルが抜けたことで発生した王下七武海の穴を一刻も早く埋めるよう海軍に通達した。

麦わらの一味によってエニエス・ロビーが陥落してから3日が過ぎた頃、問題ないと見ていた赤髪と白ひげが直接接触をしてしまったことに一時焦るが、結局、特に大きな問題にはならなかった。

マリンフォード頂上戦争が集結した後はインペルダウンLEVEL6の惨劇を世界には公表しないよう海軍に伝え、その後、荒れる世界情勢について議論していた。

最後の海 新世界編

ドレスローザ

物語の舞台が2年後に移行しても誰1人欠けることなく、そして容姿も変わらぬまま登場。サイファーポールに一任したドンキホーテ・ドフラミンゴの七武海脱退の誤報について抗議しに来た海軍元帥サカズキに対して、海軍を脱退し黒ひげ海賊団に加担するようになったクザンの一件を出して口論する。その後、海兵からドフラミンゴがルフィとローによって討伐され、ドレスローザが崩壊したという報告を受けた。

世界会議

権力の間にて会議期間中にもかかわらず「君だから時間を取った」と、とある人物と接触。その人物はある海賊について話に来たようだが、それが誰のことなのかは不明。
王たちによる会議が始まると何故か全員コートを羽織って虚の玉座に向かい始め、アラバスタ王国コブラ王およびネフェルタリ家への警戒や、四皇であるビッグ・マムカイドウの接触の可能性について言及し、一度世界の均衡のために大きく掃除する必要があると語った。
そして虚の玉座に到着すると……(後述)。

ワノ国

第三幕
数多くの事件が発生し、荒れたまま終了した世界会議については呪われているとしつつもそれに関する話は保留とし、ワノ国で勃発した最悪の世代と四皇による大規模な戦闘について議論。

その際に彼らにとっても伝説とされる悪魔の実について、その実は何百年も覚醒しなかったこと、歴史から名前を抹消するためにもう1つの名前が与えられていることを話す。

そして議論の末に、ワノ国鬼ヶ島で行動中のCP‐0ゲルニカに「その実の能力者を今すぐに抹殺しろ」と勅令を下すが、皮肉にもそれがきっかけで件の実が覚醒してしまった。

鬼ヶ島の戦闘が決着した後は、恐れていた存在が覚醒を経てこの世に再臨した事実に驚愕し、四皇のうちビッグ・マムとカイドウの2人が一度に陥落した情報が世界中に広まることによる情勢の不安定化に動揺しながらも、ゾウが姿を消したという情報を踏まえて、ワノ国が現時点では開国しないことを確認。生き残ったCP‐0のメンバーのヨセフに「ニコ・ロビンくらいは捕えたんだろうな」と圧力をかけるも、直後に妨害電波で割り込んできた人物に任せることに。

それから7日後。四皇を倒した3船長の新しい手配書のうち、ルフィのものからロジャーと同じく「D」を消そうとするも時すでに遅く、モルガンズの独断によって名前はそのまま且つ新たなる姿の写真で発行され、全世界に広まってしまった。

終幕後
世界会議の期間中、マリージョアで数々の事件を起こしたとされるサボルルシア王国に潜伏していることを海軍の通信を介して知る。
だが、特に慌てる様子はなくむしろその場に偶然居合わせてしまったサボを哀れむような発言をした後、海軍の通信部に通信を切るよう指示を出した。

「ルルシア王国」?
_そんな国は……元々…ないではないか…

本編外

FILM RED

ウタがシャンクスの娘であること、彼女の思想、ライブが開催されるエレジア伝わる伝説などから彼女を危険視し、会場にCP‐0を潜入させるなどして監視。
自身らもライブを中継で見守る。

ちなみに、第二トレーラーではA以外のメンバー全員が椅子から立っていたことや、坊主頭の男Bが身長212cmのルッチと並んでいたことで、メンバーを(椅子に座っているAを除き)身長の高い順番で並べるとD>E>C>Bであることが判明した。
また、登場が発表された際に「革命の芽は早めに摘んでおかねば手遅れになる」という台詞が添えられていたが、ちょうどジャンプ本誌で上述のワノ国編終盤の後手後手が描かれていた時期だったこともあり、一部読者から「少しは学べよ」と突っ込まれた。

ODYSSEY

予告映像にて姿が確認できる。

「もっと上」

世界政府は成立初期より、1人の王が独裁を敷かぬよう強く自戒しており、世界政府最高権力が独任制ではなく五老星という合議制となっているのもそのためであるとされている。

だが、海軍元帥のサカズキドフラミンゴの処遇に関して「あんたらの……もっと上からの指示っちゅう事ですかい」と五老星の上の存在を示唆するかのような発言をしている。CP‐0の行動に関しても、一任していたとはいえ「頭ァ飛び越えられたんと違いますか」「天竜人の傀儡に」と、一連の動きが五老星の思惑を超えたものであったと捉えている。

そして、座ってはならないはずの「虚(から)の玉座」に腰を下ろす謎の人物が世界会議編にて登場。
現段階ではその詳細は不明だが、世界政府最高権力者であるはずの五老星も、この人物の前では従者の如く振る舞っていた

考察

  • 容姿のモデル

上記の順にゴルバチョフガンジーマルクスまたはカストロリンカーン板垣退助がモチーフではないかと考えられる。

いずれも、
○ゴルバチョフ→ソ連の自由化・民主化
○ガンジー→非暴力・不服従によるインドの独立
○マルクス→社会主義の創始者
○カストロ→革命によるキューバの社会主義国家への変革
○リンカーン→奴隷解放
○板垣退助→自由民権運動
と、世界政府最高権力者である五老星とは正反対に、皮肉にも自由平等を求めて活動した人物として知られている。

  • 不老不死説
22年前から現在に至るまで誰1人欠けず、しかも容姿にも一切の変化が見られないことから、「オペオペの実の能力による不老手術を受けた者たちではないか?」と推測されている。

しかし、ワノ国編においては800年前のことを伝聞のように語っていたことから、界隈でこれまで優勢だった「“空白の100年”から生きている説」は現在は下火になっている。

坊主頭の男Bの持っている刀はゾロ三代鬼徹に似ており、現状存在のみが語られている初代鬼徹ではないかという説がある。

  • 権力の間の椅子
普段、権力の間で討論している五老星だが、全員が座って話をしている場面は1度もない。また、作者のミスなのか時々椅子が4人分しか無いことがあり、必ず誰か1人が立った状態になっている。

  • 本当に敵なのか?
一体何を言っているのかとツッコまれてしまいそうな説だが、彼らの周辺の状況や言動、提示された情報を噛み砕いて見てみると、必ずしもそうとは言い切れなくなってくる。
世界政府最高権力者に位置付けられている五老星ではあるが、実のところ、オハラに対してバスターコールを発令したシーン以外では命令を直接下した様子がない。
しかもこのシーン、よく見ると、クローバー博士を抹殺するよう命じた直後、恐らくAと思しき人物が頭を抱え苦悩する様子を見せている。さらに、オハラを消すことを「残念だ」と嘆いている様子もある。

また、ゴムゴムの実の真名に関する話題が出た際の発言もこれを後押しする。

「ゴムゴムの実はいつの時代も『世界政府』が回収を試みてきたが……決してその手中に収まることはなかった」
「ではなぜ『世界政府』は―――あの実にもう一つの名を与えた!? 歴史からその名前を消すためだろう!?」

自分たち自身が世界政府最高権力者であるにもかかわらず、世界政府が自分たちとは別の勢力であるかのように語っている
さらに、サカズキからも「“もっと上の存在”がいること」を指摘されたこと、その存在が彼らをすっ飛ばして命令を下した様子があったこと、何よりBが「均衡など」と、彼らが保とうとしている世界の均衡が実のところどうでもいいものであるかのような物言いをしていたことなどから、最高権力者というよりもむしろ最高権力代行者、それも、不本意な状況の下で最高権力の執行を代行させられている者たちと見ることもできる。

メタ的な視点が入るが、作者はSBSで「目上の人を尊敬できない若者が大嫌い」と明かしており、それを踏まえると、歴史上の偉人をモデルに据えた五老星を「倒すべき敵」として描くのも考えづらい。


関連項目

ONEPIECE 世界政府 サイファーポール

バスターコール

コング

類似組織

O5評議会:怪奇創作サイト『SCP_Foundation』に登場し、

  • 世界の均衡を目指す組織のトップ」
  • 「その組織の目的のためなら冷酷な判断を下す」
  • 「絶大な権力をもち、表向きはトップだが、実際にはさらに上の存在が示唆されている」
という共通点が存在するが、
  • 「メンバーの数は13人」
  • 個人情報住所などは徹底的に隠蔽され、組織の中では雲の上の者たちとされており、他者との対面は基本的には不可能」
  • 暗殺などの諸々の事情によりメンバーが度々入れ替わっていることが示唆されている」
  • 「組織には“冷酷だが残酷ではない”というモットーが存在している」
という差異点も存在する。

ゼーレ:SFアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する秘密結社で、
  • 「軍隊をも動かす程の絶大な権力をもつ」
  • 「作中では常に会議で登場する」
  • 目的の計画を遂行させるべく下部組織に命令を下している」
という共通点が存在するが、
  • 「メンバーの数は12人」
  • 「計画の最高指導者たる中心人物が存在している」
  • 「五老星は対面での議論を行うのに対し、ゼーレは基本的にモノリスを介しての議論を行う」
  • 「五老星は現実世界における国連に相当する組織のトップに位置し、その存在は(一応)公表されているが、ゼーレはその国連を隠れ蓑としており、表向きは国連直属の極秘諮問機関として目的のために活動している」
という差異点も存在する。

関連記事

親記事

世界貴族 せかいきぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27351

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました