ピクシブ百科事典

五老星

ごろうせい

 五老星とは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する5人の人物の総称である。
目次[非表示]

概要

天竜人世界貴族)の最高位にして、世界政府の最高権力者である5人の老人たち。
5人それぞれの名前に関しては未だ明かされていない。
基本的にいつも5人で登場し、世界政府の本拠地である聖地マリージョアのパンゲア城内「権力の間」にて、世界情勢に関する議論をし、サイファーポール海軍に意思決定をくだす。
海軍本部元帥も、彼らの前では中間管理職にすぎない。

世界最高権力者であるものの、他の天竜人に共通する独特のスーツや髪型、口調をしておらず、ONEPIECE世界で一般的な庶民の服装であるスーツや着物といった服装、顔の傷跡やなどの恰好、更には奴隷を引き連れていない事や、権力に溺れず明晰な頭脳をもっていることなどから、一見すると彼らも「たたき上げ」のように見える。
世界貴族の最高位に位置しているものの、彼等が生粋の世界貴族なのか、どのような経緯で現代にまで至ったか詳細は不明。

少なからず「空白の100年」に関しても知っており、かつてその歴史を知りすぎたオハラバスターコールを掛け殲滅作戦への指示を出した。
これ以外にも、「世界の均衡を守るためには過激な手段も止むを得ない」という思想は全員が共通して持っており、「世界政府の元での均衡・平和」のためなら綺麗事にこだわることはないという、非情さを見せている。

D」についても何かを知っており、ルフィを始め、頂上戦争でその名が人目につきすぎたことを警戒していた。
四皇の一人であるシャンクスについては「暴れさせればこそ手に負えんが、自分から世界をどうしようという男でもない」と一定の評価を置いている。

普段は冷静だが、四皇に対しては警戒しており、白ひげとシャンクスの目的不明の接触に際しては顔色を変えていた。

構成員

名前が判明していないので特徴で記す。なお、この5人の顔ぶれは少なくとも20年以上も前から変わっていない。

()内はモチーフと思われる歴史上の人物

活躍

現時点では基本的に長編の間にある世界情勢の話で数ページ登場するのみで、これといった活躍は見せていない。
22年前(新世界編基準)、ニコ・ロビンの故郷オハラへのバスターコールの最高指揮をとり、クローバー博士ら歴史学者達が『空白の100年』の真実にたどりつきかけていたことから、バスターコールを命令。
「ロビンの師であるクローバー博士への銃撃を実行させる」「オハラへの砲撃命令を出す」等、ロビンがバスターコールに対する強烈なトラウマの原因となった。












世界会議編では、会議中にも関わらず「君だから時間を取った」と、とある人物と接触。
「ある海賊について話が…」と言うその相手とは、フードを被ったシャンクスだった…。






「もっと上」

世界政府は成立初期より、一人の王が独裁を敷かぬよう強く自戒しており、世界最高権力を五老星で分けあってるのもそのためであるとされている。
…だが海軍元帥の赤犬ドフラミンゴの処遇に関して「あんたらの …もっと上からの 指示っちゅう 事ですかい」と五老星の上の存在を示唆しているかのような発言をしている。CP‐0の行動に関しても、一任していたとは言え「頭ぁ飛び越えられたんと違いますか」「天竜人の傀儡に」と、一連の動きが五老星の思惑を超えたものであったと捉えている。

そして世界会議編にて座ってはならないはずの「虚(から)の玉座」に腰を下ろす謎の人物が登場。
現段階ではその詳細は不明だが、この人物の前には世界最高権力者であるはずの五老星も従者の如く敬っていた。


関連項目

ONEPIECE 世界政府 サイファーポール

バスターコール

コング

pixivに投稿された作品 pixivで「五老星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9418

コメント