ピクシブ百科事典

パシフィスタ

ぱしふぃすた

 パシフィスタとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する人間兵器である。
目次[非表示]

概要

CV:堀秀行 

通称"PX"。
海軍天才科学者Dr.ベガパンクが開発したサイボーグで、開発にあたって王下七武海バーソロミュー・くまが実験台として使用された。
このくまに対して行われた改造が後のパシフィスタに丸々流用されているため、パシフィスタの姿はくまと瓜二つなのである。
 
そんな彼らとくま本人との見分け方は3つあり、
くまは「基本的に手袋をしている」、「掌に肉球がある」、「常に聖書を持ち歩く」
 
これに対してパシフィスタは「どの個体も聖書を持っていない」、「掌にレーザー発射口がある」、なので「常に素手」であること。
 
なお特に自我があるような場面は見られず、自発的に発言することはないようだ(デマロを倒した戦桃丸に「こいつは誰だ」と聞かれた際「"三枚舌のデマロ・ブラック" …懸賞金2600万ベリー」と機械的に応答した程度)。
 
海軍本部科学部隊に所属しており、ベガパンクのボディーガード大将"黄猿"の部下でもある海軍本部科学部隊隊長戦桃丸が指揮している。
製作には軍艦1隻分もの費用が掛かるらしい。

戦闘能力

刃物のような並みの攻撃では通用しない頑丈な身体を持ち、を溶かす程の高熱のレーザー光線を両掌と口から照射する事ができる(くま本人も口から撃てる)。
そして両目の部分はモニターとして賞金首の顔と名前、懸賞金を判別する機能が備わっているので、たとえ変装しようとも無意味。
一見するとロボットやアンドロイドの類いにも思えるが、を吐くことから生物組織もあると思われる。
 
その実力は2年前当時の超新星達白ひげ海賊団傘下の海賊達でも倒すのに苦労するレベルであり、麦わらの一味が9人がかりでバテバテになるまで攻撃し続けてやっと機能停止する程。
なお、この個体は2年前時点での話で現在はこの性能のタイプはプロトタイプ、つまり試作品と呼ばれている。
 
新世界編ではDr.ベガパンクに会ってきた大将藤虎が「見えやしねェんですが…すげェモンが完成してやした」「王下七武海はもう要らねェ……!!!」と語っており、明言こそされていないもののそれが完成型のパシフィスタを指している可能性は高い。

活躍

初登場は2年前のシャボンディ諸島編で、モンキー・D・ルフィらによる世界貴族天竜人)ロズワード聖一家に対する暴行行為を受けて、大将"黄猿”、海軍本部科学部隊隊長戦桃丸と共にシャボンディ諸島にプロトタイプのパシフィスタが数体襲来。
その際、その容姿から多くの読者(及び海賊たち)に王下七武海バーソロミュー・くまが襲来したと誤解された。

次の登場はマリンフォード頂上戦争で、白ひげ海賊団に対する囲い込み作戦を、戦桃丸指揮の下、プロトタイプのパシフィスタ軍団が参戦した。

三度目の登場は2年後編のシャボンディ諸島で、再集結した一味を逮捕しようと戦桃丸指揮の下、プロトタイプが数体出撃した。
しかし2年の修業を経て見違えるようにパワーアップした一味の三強の攻撃にはまるで歯が立たず、結局諸島にいる他の海賊達を逮捕する程度の手柄しか上げる事ができなかった。

この他にも、このプロトタイプのパシフィスタを改造した過激組織NEO海軍の人間兵器PX-Zが、劇場版第12作目『ONEPIECE FILM Z』に登場している。このパシフィスタは、改造により普通のパシフィスタよりも白基調の風貌になっており、"白くま"と呼ばれている。
なお、性能面はプロトタイプのパシフィスタと違いは無い。
ギャグパロディ『ワンピースパーティー』ではアインが新型の巨大白くまを嗾けているが、実は肩車しただけだった。
 

余談

サイボーグであるフランキーは2年前に戦った当時「生き物なんだ、斬られれば血も出る…いかな天才ベガパンクとはいえ『人間』そのものは作れるわけがねェ、恐らくスーパーそっくりさんか兄弟改造したとしか…」と語っているが、当のくまは「『鉄人』フランキーか…おれは『サイボーグ』とは少し違う」と言葉を濁しており、何かしらの差異はあるようだ。
 
そしてベガパンクのかつての研究仲間であるジェルマ王国国王ヴィンスモーク・ジャッジはベガパンクの発見した「血統因子」による生物の複製技術の実用に成功していたため、恐らくPXくまもくま本人の親戚などではなく、くま自身をモデルとしたクローンをベースにしていると思われる。

関連タグ

ONEPIECE 世界政府 海軍 ベガパンク 戦桃丸

関連記事

親記事

ベガパンク べがぱんく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パシフィスタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4212

コメント