ピクシブ百科事典

シャボンディ諸島

しゃぼんでぃしょとう

 シャボンディ諸島とは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する島である。
目次[非表示]

概要

偉大なる航路の前半部にある
"島”と呼ばれているが、実際はヤルキマンマングローブと呼ばれる巨大な樹木の集合体で、そのため偉大なる航路の島特有の磁場が発生しない。各々の樹木に番号が着けられており、それが島の区画として使われている。明確に決められているわけではないが、1~29番は無法地帯、30~39番は繁華街、40~49番は観光関係、50~59番は造船所、60~69番は海軍駐屯地、70~79番はホテル街が多い傾向にある。
赤い土の大陸、つまり聖地マリージョアを通れない無法者達は、新世界への裏ルートである魚人島を通る海底ルートへの準備をする島として、このシャボンディ諸島を利用している。そのため、この諸島には偉大なる航路の前半の海で名を上げた悪名高い凶悪な海賊達が集結する地として有名で、それらに睨みをきかせるため、2年前までは近隣に海軍本部が設置されていた(現在は新元帥サカズキの意向で新世界側に移設されている)。
奴隷制度(人間屋の横行)や魚人族・人魚族への差別など、200年前に悪しき歴史として世界政府が否定したはずの風俗が公然と肯定されており、海軍もそれを見て見ぬふりをするなどといった歪みを抱えている。

原作での関わり

主人公ルフィ率いる麦わらの一味魚人島へ行くための準備を行うためこの諸島に寄港した。そこで世界貴族の横暴を目撃し、シルバーズ・レイリー超新星などの、後にルフィの進化や一味の新世界での冒険に大きく関わる人物達と出会った後、一味は諸般の事情により海軍大将"黄猿”率いる海軍に急襲され絶体絶命に陥った後、突如現れた王下七武海の1人バーソロミュー・くまにより世界中の島々に離散させられた。

しかし2年後、一味はパワーアップ修行を経て再びこのシャボンディ諸島で合流し、そこで再び海軍の襲撃を受けるも見事切り抜け(ただし、当時の最高指揮官は黄猿では無く、その部下の戦桃丸)、魚人島へ出航した。

主要人物







関連タグ

ONEPIECE シルバーズ・レイリー 11人の超新星 カリブー コリブー デマロ・ブラック
黄猿 戦桃丸 バーソロミュー・くま 世界貴族(天竜人)

関連記事

親記事

偉大なる航路 ぐらんどらいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャボンディ諸島」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2466

コメント