ピクシブ百科事典

X・ドレーク

でぃえすどれーく

X・ドレークとは、少年漫画『ONEPIECE』の登場人物の一人。
目次[非表示]

暴れたきゃあ “新世界”へ!!!

───海軍もまた …変わらざるを得ない………!!

概要

シャボンディ諸島11人の超新星と呼ばれるルーキー海賊の一人として登場。
現在は最悪の世代に名を連ねている。

海軍本部少将という異色の経歴を持った海賊であり、パシフィスタなど、政府・海軍の内情・機密についても知っている。海軍マークを改変したような海賊旗を掲げ、乗船も海軍の軍艦の色を塗り替えたものとなっている。

プロフィール

本名X(ディエス)・ドレーク
異名赤旗
年齢31歳→33歳
身長233cm
懸賞金2億2200万ベリー
肩書き最悪の世代、元海軍本部少将
所属バレルズ海賊団ドレーク海賊団船長→百獣海賊団飛び六胞
所属船リベラルハインド号
悪魔の実リュウリュウの実 モデル“アロサウルス”(動物系古代種)
出身地北の海
誕生日10月24日(ただし、Blue Deepでは10月10日となっている)
血液型X型
趣味爬虫類マニア、天体物理学
好きな食べ物チキンライス
嫌いな食べ物
イメージ国トルコ
イメージ職業動物園飼育員
イメージ花リンドウ
イメージ動物アロサウルス
CV竹本英史


人物

容姿

ドレーク詰め合わせ
[OP ネタバレ] らくがき


左が2年前、右が2年後。

容姿としては顎に「×」型の十字傷があるのが特徴。他にも腹部から胸部にかけての大きな「×」のペイント(刺青?)も良く目立つ。名前も含め、「×」の印象が強い人物。
服装としては全体的に黒基調の物が多く、また目元には眼帯を合わせたような特徴的な黒いマスクを着用。腰には武器である剣とメイスを下げている。因みに剣が左でメイスが右。
2年前は黒い帽子をかぶっていたが、2年後にはかぶらなくなっており、逆立った前髪が特徴的。

性格

冷静沈着だが、登場シーンが少ないため海賊になった理由など性格の全貌は不明。しかし、海軍やベガパンクについては独自に調べている節があり、何かしら思うところがある様子。

ワノ国編ではバジル・ホーキンスとの絡みが多く、彼と比べてやや気が立っているような態度をとっている。同じ北の海出身だからか、ジェルマ66について二人共知っており、とある戦士を前にして「本物!?」と驚きを隠せなかった。
アニメではさらに顕著になっており、彼の一挙一動に興奮していたり、
「滅びろ!ジェルマ66ー!」
と言って剣を抜いたりとノリノリになっている。

因みに二人はモデルとなった人物が戦友同士である。

更に話が進むにつれ、女の裸に弱いという意外な弱点が判明。サンジのように鼻血を出すような重症ではないが、白目をむいて倒れてしまった。しかし本人は断固として認めようとしない。

戦闘能力

ドレークさん恐竜ver
op#X·Drake


悪魔の実リュウリュウの実 モデル“アロサウルス”(動物系古代種)
能力アロサウルスに変身できる

世にも珍しい動物系古代種の悪魔の実の能力者。
変身後の牙は海軍の人間兵器パシフィスタを流血させられるほどであり、2年後には自然系能力者をあっさり倒せる覇気も身につけている。
ワノ国編では尻尾の一薙ぎでサンジを叩き落とすなど、その体躯を活かしたパワーファイトが増えている。サンジの咄嗟の蹴りにも怯まないなど、耐久力もある模様。

X・ドレーク
ドレーク誕



悪魔の身の能力以外では、メイスと剣の二刀流での戦闘も行う。描写は少ないものの、キラーウルージの攻撃を受け止めて戦闘を中断させており、かなりの腕前だと予想される。

来歴

歩み
ドレークづくし。


過去

父親は元海軍将校で海賊のX・バレルズ
幼い頃は「ドリィ」と呼ばれていて、立派な父に憧れ、海兵になる夢を持つ純粋な少年だったが、どういうわけか父が海賊となってしまい、変貌した父から酷い暴力を受けるようになりながらも、父を信じて彼についていった。

バレルズ海賊団では誰よりも腕が立ちながらも、父におびえていたため雑用をしていた。
19歳の時、ミニオン島でのオペオペの実をめぐるドンキホーテ海賊団の争いの現場にいたが、ドンキホーテ・ドフラミンゴが鳥カゴを発動させた時に運よく外にいたため、難をのがれる。
そしてトラファルガー・ローと運命的なすれ違いで海軍に保護される。
また、この時ドレークの父の暴力におびえる弱々しい姿が少年と誤認され偶然にもそれがローの命を救うこととなった。
そのままドレークは海兵への道を進むことになる。

しかし、海軍本部少将にまで出世した彼もまた、父と同じく海賊へと身を堕とすのだった。

偉大なる航路

シャボンディ諸島頂上戦争

シャボンディ諸島では、モンキー・D・ルフィ天竜人を殴った事件に発する海軍襲来時に際し、ベガパンクの開発したパシフィスタの実力を図るためパシフィスタに攻撃。
この時、うっかり大将黄猿と遭遇し「しまった、黄猿と出逢うつもりはなかった」と語る。しかし、ボルサリーノホーキンスアプーウルージと共に4人まとめて倒されてしまった。
その後、なんとか海軍の包囲を抜けて諸島を脱出、マリンフォード頂上戦争を見届け、「海軍もまた…変わらざるを得ない……!!」と時代の先を見据えた言葉を語った。

新世界に入ると、四皇カイドウのナワバリであるお気に入りの冬島を守護していたアイアンボーイ・スコッチの元を訪れ、彼の警告を受けたにも関わらず襲いかかった。

新世界

ドレスローザ

四皇カイドウの傘下としてカイドウの縄張りに姿を現し、諸々の経緯から反乱軍を指揮していたカリブー達を瞬く間に倒し、カリブーを連行していった。
連行後、カイドウの一味の元に戻り、新聞記事からドンキホーテ・ドフラミンゴの敗北を知る。
その際に仲間達にドフラミンゴによって父を殺害された事を明かすが、(父の敵である)彼に対して恨みはないとのこと。

ワノ国

1年以上前に「真打ち」として百獣海賊団に加入し、お玉が住んでいた編笠村を壊滅させたことが判明。
現在は百獣海賊団の幹部「真打ち」の中でも、特に実力者である「飛び六胞」の1人となっている。

狂死郎の部下を叩きのめしたサン五郎討伐任務を受け、同じ飛び六胞であるページワンと共に花の都に現れる。
その後ホーキンスと行動し、手入れをした湯屋で偶然覗き行為をしていたおそばマスクと遭遇。しかし、初め湯屋に入るのを拒否していたドレークは、女性客の裸を見た途端に卒倒。何とか起き上がり、おそばマスク正体をすぐさま見破るが、逃げられてしまう。
トの康の正体判明後は、ホーキンス達とトの康の処刑に立ち合う。そしてトの康処刑直後に乱入したサン五郎と交戦。しかしドレークはどこか不自然な様子を見せており、ローを捕らえたホーキンスにもその様子を指摘される。
第三幕では、年に一度行われる百獣海賊団の宴会「金色神楽」の会場、鬼ヶ島に他の飛び六胞と共に集う。さらにカイドウの名を借りたキングに召集をかけられ、カイドウの息子であるヤマトの捜索を命じられた。

余談

  • モデル

名前の由来は、イギリスの海賊船長にして海軍提督でもある冒険家『フランシス・ドレーク』。マゼラン亡き後、人類で初めて地球一周を生きたまま成し遂げた人物である。
バジル・ホーキンスのモデルであるジョン・ホーキンスとは戦友。

  • 幼少時代

【64巻ネタ】在りし日の夢


上述のシーンより幼い頃の絵がSBSで先行登場している。こちらでもボロボロの海軍帽を被り喜んでいる姿が描かれている。

  • アニメ
アニメオリジナルキャラクターに海軍本部少佐ドレイクがおり、声優も同じであるが特に関係はない。

関連イラスト

その帽子も格好いいね

表裏一体



関連タグ

ONEPIECE 

X・バレルズ ドンキホーテ・ドフラミンゴ 

四皇 カイドウ
百獣海賊団 飛び六胞
X・ドレーク うるティ ページワン フーズ・フー ブラックマリア ササキ
 
最悪の世代
バジル・ホーキンス スクラッチメン・アプー…百獣海賊団に入った最悪の世代
トラファルガー・ロー…幼少期ミニオン島ですれ違う。

海軍 海軍本部 海軍脱退組

ガスパーデ(映画版オリジナルキャラクター。こちらも元海兵の海賊であり、その残虐性から「海軍最大の汚点」と言われる)






































956話以降のネタバレを含みます。ご注意ください。
























俺だコビー

そうだ………"海"!!
"霧"

先日殺し合いをしてたカイドウとビッグ・マムだが……手を組んじまった


ドレークの真の肩書きは海軍本部機密特殊部隊「SWORDの隊長。
彼の他に海軍本部大佐コビーSWORDの隊員の1人であると判明している。

頂上戦争後の意味深な発言や、最悪の世代の中では唯一海賊旗にドクロマークを掲げていないなど、彼の正体の伏線らしきものは存在していた。
また2年前の時点でカイドウのナワバリの島に手を出したのも、彼の傘下となり内部に入り込むためだと思われる。
結果として海軍は、カイドウビッグ・マムの同盟結成をすぐさま知ることができた。
だが編笠村の壊滅など潜入任務に対して私情を抑え忠実な面を見せるドレークも、ワノ国CP‐0を目撃にした際にはさすがに驚きを隠せなかった模様。
SWORDCP‐0は同じそれぞれ海軍と政府の組織であるが、ドレーク自身は彼らに気づかれないよう動いているようにも見受けられる。

また上記のコビーとの合言葉のやり取りはセンゴクコラソンのものを彷彿とさせる。
しかし、海軍側の人間がどの程度ドレークの正体を把握しているかどうかは、現在は判明していない。
(シャボンディ諸島黄猿はドレークを「少将」と呼んだ後に「"元"少将」と訂正しているが、真意は不明)


ホーキンスを襲撃し、ローを解放したのも彼である事が判明した。その様子は同僚上司にバレていた。
監視をつけられていたことから、元々その正体が疑われていたと思われる。

関連記事

親記事

飛び六胞 とびろっぽう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「X・ドレーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2311868

コメント