ピクシブ百科事典

SBS

しつもんをぼしゅうするのだのこーなー

単行本「ONE PIECE」についてくるオマケコーナー。
目次[非表示]

このコーナーには、下品で汚らしい表現が大量に含まれているため、刺激に弱い方は、このコーナーはご覧にならずに引き続きワンピース本編をお楽しみ下さい。
※:69巻SBSにて実際に挿入された読者のお便り。

曖昧さ回避

もしかして→静岡放送(Shizuoka Broadcasting System)
または→SBS(ソウル放送、Seoul Broadcasting System)

概要

 基本的に現在のジャンプ漫画は左ページから扉絵が始まり、1エピソードは原則19ページで様々な都合で増減することはあるが、いかなる場合でも必ず左ページで終わる。つまり1エピソード収録するごとに1ページ空き(右ページ)が出来るわけで、単行本の際にはそれらのページを漫画家と編集部が好き勝手に埋めることになる。例えば他の漫画だと

等によりこれらのページは埋まる。
 『ONEPIECE』では当初は没設定の紹介、海賊史に関する豆知識などでページを埋めていたが、次第に物語が進むにつれて謎が深まるばかりになり、ファンレターにも本作に関する質問が多くなっていった。それにより、作者の尾田栄一郎も「質問を(S)募集(B)するのだ(S)」と言うコーナーを設け、同時にキャラのファンアートを紹介する「ウソップギャラリー海賊団」も同時期に開催された。
 タイトル欄のカットは最初は尾田氏が描いていたものの、途中から登場キャラが原作のシナリオに追いついてしまい、このカットも募集するようになった(メイン画像は62巻に掲載された公募カット)。

 基本的に質問はものすげーバカな物ばっかりであり、中には理不尽なリクエスト作画ミスの指摘、尾田っちイジリなども多く、ハガキ職人も結構いる。とはいえ真面目な質問も結構存在するため、ジャンプだけ読んでいてはわからない情報なんかも書かれていることが多い。実はここで明かされた裏設定も紛れもない公式設定のため、本編だけでなく小ネタが多いワンピースパーティー恋するワンピースを楽しむためには必須。また、核心に迫りすぎる質問や、読者の反応を知りたいケースにおいてはわざと結論がはぐらかされる。
 一時期、麦わらの一味の担当声優へのSBSのコーナーもあった。

本スペースで明らかになったことの例


関連項目

公式が病気 尾田栄一郎
サラダ食べて海賊王:SBS内の悪ふざけが元ネタ。
なにかなかった未来:キャラの大人化おっさん化おばさん化
刀擬人化:こちらも悪ふざけで公式化
恋するワンピース:中津川嘘風が97巻で登場

関連記事

親記事

ONEPIECE・関連用語集 わんぴーすのかんれんようごしゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SBS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30123

コメント