ピクシブ百科事典

ワノ国

わのくに

 ワノ国とは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する国家である。
目次[非表示]

概要

偉大なる航路"新世界"にある世界政府未加盟国。君主は将軍

他所物を受けつけない鎖国国家として知られ、と呼ばれる剣士達のと立地条件により外敵を一切寄せ付けない強国だが、現在は将軍が四皇カイドウと手を組んだため、カイドウ率いる百獣海賊団の支配下となっている。

侍達の力は相当なもので、世界政府の軍隊である海軍ですら近寄れず、海軍元帥のサカズキも未知の兵力として警戒するほどである。また、「忍者」も存在するが、こちらは「侍」の中で忍術を使うものを忍者としており、「侍」とはワノ国の武人の総称であるため厳密には彼らも侍の一部である。

全体的に間違った日本のイメージを強調されており、狛犬狒々などの変わった動物が生息している他、国全体が浮世絵を思わせるデザインになっている。
文化圏としては江戸時代の日本に近く、やや男尊女卑の傾向にある。また、士族は平民に対する支配階級に当たる。

主要人物

忍者

その他

  • お玉(九里に住むくノ一志望の少女)
  • 天狗山飛徹(刀鍛冶、九里に住むお玉の師匠)
  • みなともさん(壊れたものを見ると即座に修理してしまう大工。フランキーを弟子にしていた。実は設定上一巻から登場している)
  • お鶴(茶屋の店主で錦えもんの妻)
  • 浦島(横綱)
  • 狒々(ワノ国に生息する動物)

百獣海賊団

過去の人物


原作との関わり

作中で初めて言及されたのはスリラーバーク編。
王下七武海の海賊ゲッコー・モリアの一味がこの国から伝説の侍リューマ遺体と、その刀を盗み出した。
また、白ひげ海賊団も一時期訪れていたことがあったらしく、ポートガス・D・エースの編み方を習ったらしい。

ゾウ編では「将軍」(モモの助が「せっしゃは『将軍』になる男でござるアホーウ!」などと言っているので、恐らく征夷大将軍などと同じく軍事最高責任者と思われる)黒炭オロチ四皇カイドウが手を組んだ事で、モモの助の父親である先代大名光月おでんが処刑され、ワノ国はほぼ制圧状態となってしまった事が語られた。遥か昔から兄弟分であるという「光月家」と「ミンク族」は将軍とカイドウを討ち取るため反乱の意志をかき集めているがまだまだ足りておらず、ルフィやローは助太刀を頼まれる。
「親の仇であるカイドウを倒したい」というモモの助の決意を受け取ったルフィは、カイドウは自分が討ち取ると言い放ち、麦わらの一味ハートの海賊団ミンク族、光月家の侍達による、「四皇カイドウ」を倒すための忍者海賊ミンク侍同盟を結成することになる。

国全体が荒廃が進んでおり、オロチがいる「花の都」以外は無法の荒野になってしまい百獣海賊団の武器工場などにより水質汚染なども起こっており世界でも例をみないほどに問題のある国となっている。

関連項目

ONEPIECE ワンピース 錦えもん モモの助 カン十郎 雷ぞう リューマ 黒炭オロチ カイドウ

pixivに投稿された作品 pixivで「ワノ国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87557

コメント