ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

種類超人系?
特性ゴムの性質
概要
  • 体がゴムそのものの性質を持つようになる
  • 筋肉だけでなく、内臓・心臓・血管・骨などの体の内部も全てゴムそのものの性質を持つようになる
能力
  • 体そのものがゴムの弾力性・伸縮性・絶縁性・張力性を持つようになる
    • 伸縮性を持つようになることで、普通では届かない場所まで伸ばすことができる
    • 打撃・関節技・銃撃を無効化できる
    • 電撃による攻撃も無効化できる
    • 能力の発展として、足を高速回転させることで、短時間のUFOのような飛行が可能
    • 弾力性を発展させた方法として、足をゴムの弾力を利用して収縮させれば、バネバネの実の能力者のように周囲を凄まじいスピードで跳び回り続けて攻撃することも可能(アニメ版)
-
利点ゴロゴロの実の能力者が相手になった場合、能力の相性で優位に立つことができる
弱点
  • ゴム体質においては、能力者になった瞬間から永遠に発動した状態になるため、自発的な解除は不可能である
  • 伸縮・弾力・張力には限度がある
  • 能力の性質上、鋭利な刃物による斬撃・刺突・衝撃波などが弱点になる
  • ゴムそのものの体質を利用したパワーアップ技能は、能力者自身もその強大な技能に完全な相応しい実力が必要なため、相応しくない状態で使用すると「体力の大幅な消耗」「長時間持続しない」等の複数の致命的な欠点が生じる
実はメロンのような形状をしている
  • 紫(実)
  • 黄緑(中身)

悪魔の実の一つであり、主人公のモンキー・D・ルフィが食べたことで有名。

元々はシャンクス赤髪海賊団が戦利品として持っていた物だが、後述する経緯によりルフィが食べてしまった。

紫色のメロンのような形をしており、果皮に唐草模様がある。ルフィは「まずかった」と述懐しているが(悪魔の実は総じて非常にまずい)、それでもきっちり完食している。

 

食べると永遠に泳げなくなるのと引き換えに、体中がゴムのように伸び縮みする体質になり、打撃圧迫関節技、通常の銃弾砲弾が通用しなくなる。

そして全身が絶縁体となり、電撃によるダメージを一切受けない。実際のゴムは電気を全く通さないわけではないが、これは恐らく《ゴムは電気を通さないもの》とする概念的なものだと思われる。似たような概念を体現した能力は他にもある

当然、高所から落下しても変形するだけで一切のダメージが無い。

また、能力者の実力と熟練度次第では、ゴム体質を体術や技術に応用することで、あらゆる戦闘能力を倍以上に上昇させる扱い方も可能である。


しかし、鋭利な物に対する耐性はそのままの為、刀剣による斬撃トゲなど先端が鋭く尖った物による刺突は防げない。特殊な技能道具によって衝撃自体を与えられる場合も、防御できずにダメージを受けてしまう。また、砲弾や刺突であっても一定の速度を超えていると抑えきれずに貫かれてしまうことがある。

また、(全ての能力者がそうだが)武装色覇気による攻撃や海楼石製の武器による攻撃も無効化出来ない。


能力者

当初はただ伸び縮みするだけのオモシロ人間になっただけだったが、高い身体能力と鍛錬により実戦に堪えうるレベルに至った。

四肢を伸ばして遠距離の敵を攻撃する、複数の敵を薙ぎ払う、反動をつけて威力を増す等の技を身に着けただけでなく、血管もゴム状になるのを活かした芸当も可能に。

体をポンプのようにして血流を加速させて身体能力(特に速力)を高めるギア2、骨に空気を吹き込んで巨大化させるギア3、武装色の覇気を纏い硬化させた腕に空気を吹き込み膨らませ、莫大な量の赤く纏う覇気で皮膚を固めて張力を倍以上に引き上げるギア4等の具合。

 

念のため言うがゴムゴムの実を食べて得られる能力はゴムの性質だけであり、多彩かつ強力な技のラインナップはルフィ自身の強さと鍛練の成果なので、もし常人が食べてもよほど鍛えない限りは、当初のルフィのような面白マンになるだけと思って良い。一応打撃・銃撃・圧迫・関節技・電撃が無効等の、超人系トップクラスの多種多様な耐性は常人でも獲得可能である。

能力の弱点については、彼の実力が能力を凌駕することである程度改善されている。

さらに、能力の「覚醒」についても、これまでの覚醒者の傾向を見ると、基本的には何れも強者であることから、常人が能力者では、起きる可能性は限りなくゼロに近い(仮に起きたとしても、通常よりも膨大な能力を使用することになるため、その分全然使いこなせずに終わってしまうのがオチである)。


能力者になった経緯

luffy- One Piece

山賊のヒグマ達に侮辱されても怒らないシャンクス達に呆れて帰ろうとしたルフィの腕をシャンクスが掴んだ際、その腕が伸びたのを見て、ルフィがゴムゴムの実を食べた事が判明。問い質すとデザートに食べてしまったと白状した(実際、酒場にヒグマ達がやって来たシーンと、シャンクスが差し出した酒瓶をヒグマが叩き割ったシーンで、ルフィが食いかけの実を手にしているコマがある)。


山賊に侮辱されても怒らないシャンクス達に呆れたルフィが、ゴムゴムの実を見つけてやけ食いし始め、それを見たシャンクスがすぐさまルフィを逆さまに持ち上げて吐き出させようとするが時すでに遅く、ルフィの体が伸びた。


ルフィの前任者


衝撃の事実

ワノ国編の鬼ヶ島での死闘にて、ジンベエと交戦中の百獣海賊団の幹部格1人、フーズ・フーによってある事実が明かされる。


13年前、当時CP9の1人であったフーズ・フーはある悪魔の実を政府の船で護送中に奪われてしまったのだが、その悪魔の実こそゴムゴムの実だったのだ


もちろん、ゴムゴムの実に限らず悪魔の実は「海の秘宝」と呼ばれる程の貴重品であり、政府が厳重に護送するのはおかしな話ではない。

だが、その護送に海兵ではなく世界政府直轄の秘密組織であるCP9を用いた……となると妙な話。

劇中でも〝究極の悪魔の実〟と称されるオペオペの実の取引でさえ、護送を担ったのは海軍である。

また、作中で描かれたCP9の任務が「古代兵器プルトンの設計図の入手」「歴史の本文(ポーネグリフ)の解読を試みたオハラの調査」等「空白の100年」に関係するものであるのを考えると、それらに匹敵する重要性がゴムゴムの実に秘められている可能性がある。

更に、「(あくまで彼の自称であるが)天才ロブ・ルッチに引けを取らぬ有望株」であったフーズ・フーが、そのたった1度の失敗のせいで、CP9および政府から追われ、あまつさえ投獄されたと答える。


なお、現在でこそ百獣海賊団の幹部と言うポジションを満喫している彼だが、これを「辛い過去」と思っている様子。そしてゴムゴムの実を食べたルフィが名を挙げていく様には注目し、驚いていたようだ。

本人はルフィを恨んではおらず、本当に恨んでいるのは自身が護送していた船から、それを戦利品として奪い去ったシャンクスの方である。


また、フーズ・フーが実を奪われた時期がジャンプ掲載時には「12年前」だったのが単行本では「13年前」に直された為、「奪ってからルフィに食べられるまでの約1年間、赤髪海賊団はなぜ誰かが食べることも売って金に換えることもせず、実のまま持っていたのか」とする新たな謎も生まれている(更に、実を入れておいた宝箱に鍵をかけていなかった凡ミスのせいで、ルフィに食べられてしまう結果になったが、わざわざ酒場にまで持ち込んでいた事情から「常に自分達の目が届く所に置いていた」との事実もある)。


更に五老星によって「現在の名称が元々の名前を隠すために名付けられたものである悪魔の実」の存在が語られた。


ゴムゴムの実はいつの時代においても世界政府が常に探し求めているほど悪魔の実の中でも重要な存在であり、800年もの間政府の手中に収まることは決してなかった


五老星曰く、「我々(五老星含む世界政府)から逃げている。」


この失態が政府にとってかなりの被害が及ぶ実態が窺えると同時に、政府がCP9を派遣してまで護送させたのも納得できる。


更に余談だが、それだけ厳重な護送をしていた悪魔の実が海賊に奪取されたとすれば当時相当なニュースになったことが想像され、一巻でコビーが「『あの』ゴムゴムの実を食べただなんて」と語っていたことも子供だったコビーでも記憶に残る程のニュースになっていたから、と説明が付くようになった。

そしてカイドウとの戦いが佳境に入った頃、真実が明かされる・・・



「まるで我々から逃げている様だな」


「ない話でもなかろう」


動物系の実には意思が宿る」


「ましてやこの実には”神”の名が…」


”ゴムゴムの実”のもう一つの名は………


本編外での登場

ROMANCE DAWN

  • WANTED! 尾田栄一郎短編集』版(いわゆる「WJ版」)

海賊団の船長であるルフィの祖父(ガープにそっくり)がルフィにゴムゴムの実を見せびらかした途端、ルフィが食べた。


  • 『ONE PIECE RED: GRAND CHARACTERS』版(いわゆる「SS版」)

シャンクスが海賊について講義中にルフィが見つけたゴムゴムの実を食べた。


こちら葛飾区亀有公園前派出所

ゴムゴムの両さん

東京湾釣りをしていた両津勘吉が偶然ゴムゴムの実を見つけて食べてしまい、次の日にゴム人間になってしまう。常人が食べれば、ただ伸び縮みするだけのオモシロ人間になって終わるのがオチだが、ギャグキャラということも相まって、鍛錬を行わなくても日本からブラジルまで体を伸ばす事が出来る

その能力を使って大活躍するが、ギャグ補正もあって能力のあまりの便利さに段々と出不精になりメタボに能力に依存し過ぎたせいで、能力をコントロールできるだけの力量が不足していき、上手くいかないこともあった。

もちろんカナヅチになっている。ただし、本編のゴムゴムの実と違って色は緑。


世にも奇妙な物語

ゴムゴムの男


「ここ、なんて島だ?」

「・・・島?」


ヤクザの鬼頭(阿部寛)は入院の見舞い品に混じっていたゴムゴムの実を食べてしまい、ゴム人間になってしまう。するとテレビから何とルフィが現れた。

なお、鬼頭を演じた阿部寛はドラマTRICꞰ』でもゴムゴムの実と思われる能力を使う描写が描かれている。

因みに話のラストではナミが船から《迎えに来た》と呼んでくれるが、放送年代がドレスローザ編である(ナミ自身はアニメから消えていた時期だった)。


余談

  • インターネット上の噂

まとめサイトなどの見出しで、「作者はゴムゴムの実かバラバラの実で死ぬほど悩んだ」と言われることがあるが、少なくともSBSで述べられたことはない。

SBSでは、 35巻にて「ルフィにゴムゴムの実以外を食べさせればよかったと思ったことはありますか?」という質問に対し、尾田栄一郎は「そういうのは連載前に、死ぬほど悩んだから、ぜんぜんないです。ゴム人間が好きです。」と述べている。

65巻では、ゴムゴムの実を選んだ理由は「一番ふざけた能力を選んだのです」「まっすぐに強くてかっこいい主人公だと、僕はこんなに長くつき合えてないと思います。どんなに話が深刻になっても、ルフィは伸びたり膨らんだり。いつでもふざけるチャンスをくれます。そういう漫画を描きたかったんです」とも述べた。


そのため、「バラバラの実は主人公候補」の話は、まとめサイトによる伝聞が原因と思われる。


関連タグ

ONEPIECE 悪魔の実

モンキー・D・ルフィ シャンクス


ギア2 ギア3 ギア4


ゴロゴロの実:作中でロビン曰く“数ある悪魔の実の中でも無敵”と評価していたが、実際にはルフィが食べた実が天敵ポジなほか、両者とも“5656”と数字を当てはめられる奇妙な縁がある。


Mr.インクレディブルイラスティガール:ゴムのような軟体人間能力者。


ファンタスティックフォーのミスター・ファンタスティック:アメコミゴム能力者。実写映画の際は「CGの手間から当初活躍が少ないはずだったが、映画『Mr.インクレディブル』の評判(似た能力である「伸縮自在のヒロイン・イラスティガール」が登場する)から能力を使う出番が増えた」逸話がある。


ゴムゴムボーマ:“ゴムゴム”繋がりの戦隊怪人

関連記事

親記事

超人系 ぱらみしあけい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1065548

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました