2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

「ギャグ補正」とは、ギャグ漫画でよくあることである。
具体的には以下のような現実ではあり得ないほどの不死身っぷりを見せる事象が挙げられる。

  1. 爆発に巻き込まれても(髪はアフロになるが)無傷
  2. 高い所から落下したり壁に激突したりしても、地面や壁に穴が開くだけで無事
  3. 押しつぶされてもペラペラになって復活する
  4. たとえ死んだとしても、次のシーンで普通に生き返っている
  5. 普通の人間なら後遺症が残ったり即死するようなお仕置きを受けても何とも無い

上記以外でもシリアスパートでは頼りなく弱々しいヒロインが、ギャグパートでは何かと主人公をボコボコにするのも一種のギャグ補正といえよう。
但しこのタイプは理不尽系なら最悪。そうでなくても何かと嫌われやすい印象にある(ここに自分から敵に突っかかって攫われる※とかが加わると、もはや目もあてられない)

※日常パートでは主人公より強いのに、戦闘パートにはモノの役にも立たないため

キャラクターとしての傾向

ギャグ漫画


ギャグ漫画以外

当然、このタイプは物語がシリアスになるとギャグ補正が無くなる(そうでないと死闘が茶番になるので)。

随時募集中


関連タグ

ギャグ漫画 ギャグ 補正

誰得シリアス…ギャグとシリアスの天秤が崩れるとこうなる。
瞬獄殺…元々はギャグ描写だった(スクイレル・ガールと同じ)ものをシリアス扱いしたもの。『ポケットファイター』では技の内容が完全に「ギャグ乱舞」だった。

関連記事

親記事

補正 ほせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 747892

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました