ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演者一覧

CV

たてかべ和也(昭和版、平成版ともに担当)
三宅健太夜ノヤッターマン
深田純グッド・モーニング!!!ドロンジョ

実写映画

ケンドーコバヤシ

概要

トンズラーとは、『タイムボカンシリーズヤッターマン』に登場する”三悪”のひとり。
肉体担当。一応鉄パイプぐらいは簡単にひん曲げてしまうだけの腕力を有している。

年齢は30歳。岩手県出身の関西弁の男。昭和版ではボヤッキーの考えたアイディア武器によるボディアクションや、インチキ商売の脅し役(その場で特技の鉄パイプひん曲げなど怪力アピールで脅迫するのがお約束)として活躍した。
「ホラサッサー!」「わい、ずらかりまっせ」「アホくさ…」「豚の鼻くそでまんねん!」「原始時代に行ったら、ワイの顔はモテモテでまんねん!!」「指令を残してまた消える、ほんにあなたは屁のような」などが名台詞。
また、平成版ヤッターマンでは、ワダアッコーにファーストキスを奪われるヤッターワンに同情したり、岩から抜くと祟られると言われていた【天の逆鉾】をボヤッキーに騙されて抜こうとしていたヤッターワンを災いが起きると止めようとするなど悪党だがお人好しな部分がある。
プロレスラーで、『平成タイムボカン』ではプロレス協会の会長になった。
平成版ではドロンジョ共々、中の人ネタでジャイアンのセリフを多用、しまいにゃ「歌手になりたかった」とかいいだし、「公園のようなセットでボエ~と叫ぶんでなくて歌いたかった」とか言う。ただし、平成版ではボヤッキーと一緒に仲良く歌うシーンがいくつかあったり、昭和版ではドロンジョとボヤッキーと合唱した際、アイちゃんから酷すぎて聞いてられないと自分だけなく他の二人も音痴扱いされている。

ドロンボー解散後は、昭和オリジナル版では一時期、ウサギ売りのテキ屋をやっていた。その後、芸能プロダクションのマネージャー業に転職している。平成版では再結成し、素敵なお嫁さんを貰うのが夢。アイちゃんに一目惚れし、彼女を自分のお嫁さんにしようと迫る場面が多々見られる。

関連タグ

とんずら 三悪 ドロンジョ ボヤッキー

関連記事

親記事

ドロンボー どろんぼー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トンズラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 200160

コメント