2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ジャイアンリサイタル

じゃいあんりさいたる

ジャイアンリサイタルとは、藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』の登場人物・ジャイアン(剛田武)が開催・主演するショーである。
目次[非表示]

ドラえもんのび太スネ夫はこれが開催されれば必ず逃げ出す。

概要

ジャイアンリサイタルとは、藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』の登場人物・ジャイアン剛田武)が開催・主演するショーである。
主に神成さん宅の隣の、いつもの空き地で開催される(稀に河川敷等が会場になるケースもある)。
聴衆として、ドラえもんはもちろんのこと、のび太やスネ夫等の近所の子供達が強制的に参加させられる。場合によっては入場料を取られ、ジャイアンが賄う料理(ジャイアンシチュー等)を強引に食べさせられることもある
彼自身は善意の気持ちでやっているのだが、歌に向いていない声である為に周りにとってはありがた迷惑となっている。なお、TC8巻収録「キャンデー舐めて歌手になろう」での描写から音程はギリギリとれている模様。

リサイタルが始まると周辺家屋のが割れ、飛んでるカラススズメ気絶する大惨事となるが、神成さんが抗議して来たことはなく、近所の住人が苦情を言って来たり迷惑そうにしている様子が描かれることは基本的にない(ただし下記の「おそだアメ」では、真夜中にジャイアンの歌声が響いた際、近所の住人が抗議しに向かう様子が描かれている)。

ちなみに、ジャイアンリサイタルによる被害を科学的に考察した動画があったが、それによると、もっぱら開催地となる空き地の隣にいる神成さんはその爆音で意識を失うことは免れないことはもちろん、近所の住民も騒音被害でタダでは済まない。下記の通り、TV番組を通じて放送された際に、全国規模で犠牲者やTVの故障を頻発させるのも納得である。

作中では、ネズミ撃退用の音響兵器に利用されたことがある。下記の『魔界大冒険』に至ってはジャイアンの歌声で敵キャラクターを退けたことがある。まさにしずかバイオリンと並ぶ、超音痴破壊兵器である。

原作版では既存の楽曲(「およげ!たいやきくん」等)の他には、自身の少女趣味の資質もあって「乙女の愛の夢」を代表するような恋愛に関するオリジナル曲も多い。楽譜や作曲はこなせる方だが、作詞に問題がある場合も多々ある。

原作版で行われたジャイアンリサイタル一覧

なお、これらはジャイアン側が集客、会場の設営等を行ったもののみを挙げており、歌っているシーンだけならもっとたくさんある点に留意。

収録刊作品名結果備考
大全集1巻ドラえもんの歌完遂ドラえもんが現代に来てから初のリサイタル。スネ夫の余計なひと言でアンコールになるが「音の消えるマイク」の使用で事なきを得る。
TC8巻キャンデーなめて歌手になろう完遂キャンデーの作用で綺麗な声になった。しかしその後TV出演を行った際にはキャンデーを早く舐めすぎてしまい、全国規模で犠牲者やTVの故障を頻発させた。それだけでなく、水田わさび版アニメ「キャンディーなめて歌手になろう」(2012年版)では、ジャイアンの歌が全国放送で流れた際、誰が叫んだかは不明だが「死んだ婆ちゃんが生き返った」という台詞が飛び出している。
TC10巻おそだアメ完遂のど飴と勘違いして大量に食べた結果、ドラえもん達は全く聞かずに済むも、真夜中町中にあの歌が轟き、剛田商店に抗議が殺到した
TC14巻念録マイク中断風邪で声が出ないにも拘らずテープレコーダー口パクでリサイタルを行うも、ひみつ道具での介入によりジャイアンが激怒してテープとテープレコーダーを破壊し中断(TCに掲載された描き下ろしでは、その後テープでがんじがらめになって動けなくなったジャイアンの姿を拝める)。
TC16巻音のない世界中断のび太が眼鏡を外した為、ジャイアンが追いかけて中断。音痴な歌の文字は何故かそれを見ただけで吐き気を催させるという離れ業を披露している。
TC18巻スパイ衛星でさぐれ未遂察知したのび太が「さっき嘘ついたことをおばさん(母ちゃん)に教えるぞ」と窓から逃げようとしている証拠写真を見せるなど脅迫して中止に追い込む。
TC24巻ジャイアンリサイタルを楽しむ方法完遂完遂どころかアンコール。
TC28巻地平線テープ完遂?いつもの4人相手に即席リサイタル。
TC29巻あいつを固めちゃえ中断ひみつ道具でジャイアンが静止している間に観客が全員逃走。
TC30巻ジャイアンテレビに出る!完遂真夜中に電波ジャックしてリサイタル。しかしドラえもんのミスによりのび太の友達はその番組を見ずに済んだことで難を逃れるが、のび太達の担任は偶然その番組を見て気絶した。
TC32巻腹話ロボット中断のび太に話術で丸め込まれ、中断。
TC33巻フィーバー!!ジャイアンF・C未遂ジャイアン自身がファンに揉みくちゃにされボロボロになって急遽中止。
TC35巻ま夜中に山びこ山が!おそらく中止リハーサルの音がひみつ道具によりまたも真夜中に再生され、ジャイアンは母ちゃんに家を追い出され、町中が迷惑を被った。
TC38巻またもジャイアンコンサート完遂ひみつ道具でが聞こえなくなり事なきを得る。
TC39巻ジャストホンネ未遂母ちゃんに怒鳴られて中止。
TC40巻ふつうの男の子にもどらない完遂ニセ引退コンサートを行うがドラえもんとスネ夫の引退コンサートにあるまじき発言で激怒。同時に踏みつけたひみつ道具が起こした誤作動でテンションが上がってしまい引退を取り消す。
TC41巻恐怖のディナーショー未遂ジャイアンが自分の料理味見してひっくり返った為中止。
TC43巻かしきり電話完遂?自宅で母ちゃんとジャイ子相手に開催することに。
TC43巻食べて歌ってバイオ花見中断のび太の部屋にあったカラオケセットを見つけて即席リサイタルを決行するものの、帰って来たのび太のママに外から怒鳴られて中断。
TCプラス2巻身代わりテレビ中断嫌なことを忘れようという目的で、特別サービスとして決行。しかし、母ちゃんに「身代わりテレビ」越しで怒鳴られて中断。

アニメ版・大長編版映画版での戦果

種別作品名結果備考
大長編恐竜悪化ティラノサウルス恐竜の鳴き声と勘違いしてやって来て一行が大ピンチに。
大長編魔界大冒険撃破人魚の曲で操られつつも「俺のほうが上手い」と歌い、人魚と魔獣ツノクジラが全力で逃げた
大長編日本誕生未遂歓迎の宴で原住民が披露した歌声に感激し、お礼に一曲披露しようとしたが、「それだけはやめろ!」「20世紀の恥!!」と珍しく必死に制止された。
大長編南海大冒険撃破敵怪獣に苦戦する味方の怪人岩男の援護の為に応援歌を歌い、敵を撃破(ただし岩男も粉々になった)。尚、この作品に登場したベティと言う少女に男気共々その歌声を惚れこまれると言う珍事が起きた。彼の歌を本気で賞賛した数少ない人物である。更に大長編版では「こんな素敵な唄始めて聞いたよ!痺れが止まらない!!」と言いながら嬉し涙を流して絶賛しており、その様子を見たジャイアンが2番を歌おうとする事態になった。
大長編ふしぎ風使い失敗悪霊に乗っ取られたスネ夫を救うべく歌う。ある程度効き目はあったが完遂ならず。
中編未来を守れ! のび太VSアリ軍団(大山のぶ代版アニメ)撃破襲い掛かって来たアリ人間を次々と撃破。
中編ジャイアンの夏休み(大山版アニメ)中止ストーリー序盤は上記の「ふつうの男の子にもどらない」を元にしているが、そちらとは違い「さとりヘルメット」(「ホンネ吸いだしポンプ」ではない)を使用して観客の苦情を読み取った為、ジャイアンは落胆して中止となった。
中編ドラえもんVSドラキュラ(水田版アニメ)撃破しずかのバイオリンとのデュエットでドラキュラロボを破壊(その後、しずかと共演でリサイタルを催す)。
中編ジャイアンが1000人!?(水田版アニメ)中断宇宙人によって生み出されたコピージャイアン1000人とのリサイタルを決行するも、ドラえもんの「ヒトマネロボット」が変身した1000人のジャイアンの母ちゃんが乱入して中断。しかしジャイアンを可哀想に思ったのび太の介入でいつものメンバー相手にリサイタルを催した。
中編新曲発表!ジャイアンにボエボエ?(水田版アニメ)完遂たか子の走り高跳びを応援する為、必死に新曲を作り披露した。また、たか子は上記のベティと同様、彼の歌を心から称賛した数少ない人物である。
短編おぼっちゃマンボ(水田版アニメ)中断スネ夫の歌手デビューリサイタルを乗っとるも、「ヒットマイク」がオーバーヒートして大爆発
短編フェスティバルーン(水田版アニメ)中断スネ夫が「フェスティバルーン」で実現させた「スネ夫マンボフェスティバル」を乗っ取る形で「ジャイアンロックフェス」を開催するも、同じくフェスティバルーンの効果で強制終了(ただしその際、皆が自分のやりたい祭りを書いた紙を一斉にインプットした為、様々な祭りが同時進行されることになった)。
短編ジャイアンVSメカジャイアン(水田版アニメ)撃破メカジャイアンの音痴攻撃を破りオーバーヒートさせ勝利。しかし意気投合してしまった。
短編捜査ごっこセット(水田版アニメ)完遂リサイタル用のマイクを壊した犯人を探していたが、実はジャイ子が懐中電灯を使用する為にマイクの電池を抜いていただけと判明し、お詫びの即席リサイタルが決行されてしまった。
短編プラ酢とマイナ酢(水田版アニメ)中断ドラえもんとのび太がスネ夫に騙されてジャイアンの新曲即席リサイタルに無理矢理参加させられるも「プラ酢」で土管を増やし、その場から逃走。
短編一文字変えて遊んじゃおう(水田版アニメ)中断「かしらモジール」によってジャイアン(名前は「たけし」)がこけしに変化、歌えなくなった隙にドラえもんとのび太以外全員逃走(その後、チルチルがかしらモジールを剥がそうとしたので、ドラえもんとのび太も慌てて逃げ出す)。
EDあばよ2021!ジャイアンリサイタル(水田版アニメ)完遂映画主題歌を熱唱。モブの観客は番組内企画で募集した。約24万件の内当選者はたったの12名と、倍率がとんでもなく高い。
イベント木村昴の『ジャイアン スーパーリサイタル』完遂ジャイアンのデビューアルバム『ジャイアンのスーパーリサイタル』の発売を記念し、ジャイアンの中の人によって現実界でジャイアンリサイタルが開催された。このイベントにはしずかの中の人とドラえもんが駆けつけた(当初はしずかではなくスネ夫の中の人が登壇する予定だったが諸事情により変更された)。


TVCM

CM元企業ジャイアンを演じた人物エピソード名備考
トヨタ株式会社小川直也「ジャイアンとジャイ子の芸術の秋」編のび太達が30歳という設定のCMの中で小川直也演じるジャイアンが自分のスーパー「ジャイアンズ」で懲りもなくリサイタルを開く。当然ドラえもんやのび太含む買い物客は全員逃亡。リサイタルの傍らで前田敦子演じるジャイ子はノリノリだった(ただし上記の「かしきり電話」では、母ちゃんと共に嫌な顔をしながら耳を塞いでいるが)。ちなみにジャイアンが歌う曲は「ヘビーローテーション」。
UGA木村昴-いつものようにリサイタルを開いて歌い出すが、突如としてイケボを披露した事で喝采を浴びる。なお、この時ジャイアンが歌った曲は「俺の鼻と白い花」というCM用のオリジナル曲。その音質がオレを変えた
ソフトバンク八村塁-八村塁演じる30年後のジャイアンが、現代からタイムスリップしてきた白戸家やのび太達の前で即席リサイタルを行うが、その後どうなったかはお察しください

評価の一例

音痴の怪獣が化けて出たような歌」「熱を出して寝込んだ奴がいる」(「ドラえもんの歌」)
脳味噌がむずむずする」「これも公害の一種だよな」「わーよかったよかった、終わってよかった」(「キャンデーなめて歌手になろう」)
「誰だ!こんな夜中にへたくそな歌を!俺の歌だ!(「ま夜中に山びこ山が!」)
「なんでジャイアン自身はあのすさまじい歌にけろっとしていられるんだろ」「当たり前だろ、フグ自分の毒で死ぬのか?(「ジャイアン殺人事件」)
「ジャイアンの歌は痺れる。痺れて気が遠くなって熱が出る。ジャイアンの歌でいい所は終わったところだ」「この世を脅かすのは核兵器とジャイアンの歌だ。世界平和のために核兵器とジャイアンの歌を追放しよう」(「ジャイアンへのホットなレター」)
野球応援かと思った」「ジャイアンのは歌じゃなくて怪獣の叫び声だよ」「ウシガエルの大群が攻めてきたのか」「ジャイアンの歌が上手くなったら奇跡(『ドラえもんの学習シリーズ 歌とピアノがうまくなる』)
「確認しておきたいんだけど、ジャイアンの歌に秩序ってあると思う?」「ない」「メロディもリズムもセンスもない」(『ドラえもん のび太の空飛ぶ船』)

アニメ版でのレパートリー

  • おれはジャイアンさまだ!:大山版より、彼のイメージテーマとなっている
  • そこのけ!ジャイアンさまだ:水田版より(以下も同じ)、彼のイメージテーマとなっている。ジャイアンが怒った時のBGMとしても頻繁に使われている。
  • ジャイアンのリサイタル:ギターを鳴らして始まる演歌調の曲。歌詞はないので現実世界では劇伴音楽扱いだが、原作でも出てきた「オイラのハートの切なさは〜」という歌詞がよく当てはめられる。
  • ジャイアンにボエボエ:作中では最も頻度が多い
  • たけしのズンドコ節:オリジナルエピソード「たけしのズンドコ誕生日」で登場。期間限定で「テレ朝サウンド」のみ配信されていた
  • ありがとう、オーレ!:オリジナルエピソード「スランプ!ジャイアン愛の新曲」で登場。こちらは「テレ朝サウンド」の他音楽配信サイトでも常時配信されている
  • 友達:『新・大魔境』で登場。ジャイアンにしては珍しくシリアスな曲
  • ジャイアントドリーム:2022年版「シンガーソングライター」で登場。


他キャラクターの歌事情

「歌=ジャイアン」という方程式が成り立っている影響で他のキャラクターがネタにされることは少ないが、原作版・アニメ版共に他のキャラが歌うネタが描かれることもそれなりにある。アニメ版ではジャイアン含め5人のイメージ曲を模したBGMが所々流れる演出がなされている。

また、大山版では「ワンパク三人組」というのび太&ジャイアン&スネ夫のトリオ曲が、水田版ではドラえもんを含めたカルテットで「Moonlight Blue」と、しずかを含めたクインテットで「Ding!Dong!クリスマスの魔法」、「ハッピー☆ラッキー・バースデー!」というキャラソンが存在する。

ドラえもん

「食べて歌ってバイオ花見」ではのび太に軽く「音痴だなあ」と言われる程度でそこまで酷評されていない。しかし「ドラえもんの歌」ではドラえもん本人に虫が混入して挙動不審になってしまい、その影響でジャイアン以上の音痴となっており、大全集20巻収録「ドラQパーマン」でもドラえもんが「ドラえもんのうた」を歌った際、傍で聞いていたQ太郎ミツ夫は「ウーッ!まいったまいった!」と言いながら耳を塞いでしまった(ただし水田版アニメオリジナルエピソード「青い月夜のリサイタル」等、作品によっては普通に歌っていることもある)。
スピンオフ作品『ザ・ドラえもんズスペシャル』では楽器も非常に下手という設定(ただしTCカラー作品集5巻収録「キャンプ」では、ドラえもんはハーモニカを普通に弾いており、TCプラス6巻収録「ペタリ甲板」でも、ドラえもんはウクレレを普通に弾いている。それだけでなく、水田版アニメオリジナルエピソード「結成!のびーとるず」でも、ドラえもんは無生物さいみんメガフォン」を使用して楽器に変化させた日用品を普通に奏でている。その為、原作版及びアニメ版には楽器が苦手という設定は存在しない)。
2016年版「ぼく、マリちゃんだよ」では「トッカエ・バー」でアイドルと入れ替わった状態で歌を歌ったのだが、やはり音痴ということで口パクを余儀なくされた。

キャラソンとしては「ぼくドラえもん」、「まんまる ボクがドラえもん」等多数存在している。主人公だけあってジャイアン以上の曲数となっており、水田版の彼のBGMもかなり多い。

のび太

TC13巻収録「ちく電スーツ」ではスネ夫から「ジャイアンより酷い」と言われており、TC8巻収録「ぼく、マリちゃんだよ」でも周囲の人々から酷評されている。TC11巻収録「テレビ局をはじめたよ」でもジャイアン達から「下手くそな歌」と言われており(ただしこちらは本来はスピンオフ作品『ドラミちゃん』の登場人物・のび太郎の歌唱力であり、『ドラえもん』に収録された際にのび太と差し替えられたものだが)、TC0巻収録「未来から来たドラえもん」でものび太が歌っていた際、ママから「のびちゃん、何を唸っているの」と心配されてしまっている(ちなみにママの歌唱力については「おそだアメ」にて、ドラえもんとのび太が「上手い」と評している)。これらの描写から、のび太の歌唱力はあまり高くないと断言出来る(流石にジャイアンや暴走時のドラえもんほど酷いという訳ではなく、周囲に物理的な被害が出たことはない。それだけでなく上記の「青い月夜のリサイタル」等、作品によっては普通に歌っていることもある)。

のんきなのび太くん」、「のび太くん0点」の2曲が存在しており、後者は合いの手としてドラえもんも登場している。ただし水田版ではBGMが使われる頻度は5人の中で最も低いが、大山版では逆に使用頻度が非常に多い。

しずか

何かと歌にまつわるエピソードが多い男性陣とは打って変わって、しずかの歌にまつわるエピソードは皆無に等しい(「食べて歌ってバイオ花見」では、カラオケの際はマイクを離さないほど歌うことを楽しむ様子が描かれている。それだけでなくドラえもんとのび太は彼女の歌を普通に聞いている為、歌唱力は特に問題ない模様)。
しかし、彼女のバイオリンの腕はジャイアンの歌に負けず劣らずの酷さであり、のび太に「ジャイアンといい勝負」と言わしめている(TC33巻収録「鏡の中の世界」、TC43巻収録「へたうまスプレー」、水田版アニメオリジナルエピソード「序章・新魔界大冒険」等。ただしTC13巻収録「もどりライト」では、彼女はバイオリンを普通にひいている)。むしろ、単なるリズムの取れてなさ、音の外しっぷりは、うるさく性質が悪いものの音は外しておらずリズムの取れているジャイアンの歌以上である。ぶっちゃけ、自覚して改善しない以上ジャイアンに文句を言えないだろう。

声優が歌うキャラソンは「おとなりのプリンセス」の1曲のみだが、ジャイアンと並んで使用される場面がかなり多い。
大山版では「しずかちゃんのうた」というイメージソングが存在しているが、他の4人と違って中の人が携わっていない(=野村道子氏が歌っていない)。ただし、「地平線テープ」では彼女がこの曲を口ずさんでいるシーンが存在している。

ちなみに彼女はデュエット以上の曲にも携わっておらず、今の中の人であるかかずゆみ氏が出演してようやく「しずかが歌う曲」が登場した。

スネ夫

大山版アニメ「テレビ局をはじめたよ」でスネ夫が歌自慢に出演するほどに歌が上手いという設定が設けられて以来、ジャイアンとは対照的に歌が上手い設定が存在している(上記エピソードは元々スピンオフ作品『ドラミちゃん』の登場人物・ズル木〈木鳥高夫〉がその役目を担っていたが、ズル木はアニメに登場していない為、役割がスネ夫に差し替えられている)。
水田版に入ってからはそれが顕著に現れており、特に今の中の人である関智一がアニソン歌手を担っていることや大山版時代から携わっている事もあって、劇中ではスネ夫が口ずさんでいるシーンも多く描かれている。

スネ夫のうた」、「スネ夫のおぼっちゃマンボ」の2曲が存在している。
前者は「ヘラヘラポッポ ヘラポッポ」という中毒性の高い歌詞が特徴であり(スネ夫にとっては歌詞の意味が分からないらしく「なんだこりゃ」と言っている)、後者は「おぼっちゃマンボ」というオリジナルエピソードで初披露され、そのBGMはスネ夫のテーマだけにあらずイベントシーン時にも時々流れている。
下記の通り、ジャイアンと合同で「フレンド・オブ・ザ・ハ~ト」を歌うことになる。この通り、歌は上手くまたそれ以外の問題点も見られないことから音楽に関しては主要5人の中では最もまともで無害である。むしろ、何かしらの問題点のある4人から(特にジャイアンとしずか)、モブ、サブキャラクター共々最も音楽の被害を受けている人物と言える。

余談

  • 未来における大人に成長したジャイアンは、歌が下手なのは変わらないがある程度改善している模様。TC25巻収録「のび太の結婚前夜」ではのび太と出木杉が平気で聴いていたり(ただしスネ夫は苦手意識が強い為か両手で耳を塞いでいた)、何より周囲に損害が出ていない(派生作品を含めれば『STAND BY ME ドラえもん 2』で歌った際は、子供時代と同様に周囲へ被害を出している)。
  • 大山版でのジャイアンリサイタルシーンにおける挿入歌「おれはジャイアンさまだ!」の歌詞は、担当声優のたてかべ和也の手によるもの。歌のシーンで、「アドリブで歌って」と要求された際に、とっさに出た歌詞をそのまま書き下ろした。
  • 水田版オリジナルエピソード「奇跡のデュエット!ジャイ&スネ」では、スネ夫と共にデュエットを組んでカラオケ大会に出るエピソードとなっているが、事前に「アンキパン」で楽譜を覚えているものの問題なく歌えているシーンが存在している(ただし落選)。曲名は「フレンド・オブ・ザ・ハ~ト」であり、直訳すると「心の友」となる。
  • 水田版アニメオリジナルエピソード「未来の迷宮おかし城」でも、しずかやスネ夫と共にラップ(曲名不詳)を披露するシーンが描かれたが、こちらでも問題なく歌えている。
  • 2019年9月6日の告知アニメーション「ドラえもんのお引越し!?」では、オープニングが新しくなると聞いてジャイアンが「土曜でどうよ」なる曲を妄想していたが詳細は不明。
  • コナミの音ゲー『ポップンミュージック』にも収録されたが、そのジャンル名はまんま「ジャイアンリサイタル」だった(現在は削除済み)。
  • 現在のジャイアン役である木村昴氏によると、学生時代の文化祭でたてかべ氏が学校の近くに住んでいたらしく、遊びに来ていたという。すると体育館でたてかべ氏が熱唱している光景が!!まさかのリアル・ジャイアンリサイタルが発生したのである。
  • グランブルーファンタジー』とのコラボイベント『ドラえもん のび太の空飛ぶ船』では、ドラえもん達の歓迎会を兼ねてジャイアンリサイタルが行われることになり、その歌声が披露されてしまった。
  • 作者の藤子・F・不二雄落語が好きで、漫画制作中もしばしばBGM代わりに聞いていたらしく、この「立場の強い者が周囲に下手くそな歌を無理に聞かせようとして起こる騒動」という展開も古典落語の演目「寝床」と類似している。
  • ハドソンから発売されたファミコン版『ドラえもん』では、第2ステージの魔境編でジャイアンがいる場合に限り、一度だけだが2コントローラーのマイクに音声を吹き込む(某伝説のクソゲーのように本当にジャイアンリサイタルをしなくてもよい)と、画面上のボスを含むありとあらゆる敵を一撃で葬り去ることができる。一応ドラえもんと(同行している場合)スネ夫には被害は出ない。ただし、マイクのないニューファミコンでは使用できない。


関連イラスト

Gian Recital
ボーカロイド…だと?



関連タグ

ドラえもん ジャイアン剛田武) ボエ~ 
たてかべ和也 木村昴
ばくおんぱ ハイパーボイス いやなおと みんなのトラウマ

関連キャラクター

なお、上記の通りジャイアンは「音痴」ではないため、下記のキャラクターとは若干異なる点もあるかもしれない。

:同レベル。自覚が無いことまで共通。
:同レベルだが、ジャイアンや上記の方々とは違い自覚あり。
:ジャイアンレベルのボーカルとしずかのバイオリンに匹敵する怪音を出す楽器担当三人がメンバーという悪夢のバンド。小説版では彼らの演奏を阻止するため、バンドを解散させようとする生徒達がメインの話がある。まるでジャイアンリサイタルから逃れようとするドラえもん達のようである。
:当初はジャイアンと同レベルだったが、後に上達しデビューライブを成功させた珍しいケース。
:ジャイアンのパロディキャラ。彼も勿論音痴である。
:歌唱に破壊力を持たないが、「リサイタル」発言や都合の良いように物事を勘違いするなど、似ている部分も少なくない。
:「自分のためだけの劇場」という部分から、ファンから付けられたあだ名が「最古のジャイアンリサイタル」。ただし使い手が圧倒的音痴で敵を攻撃することは無い。
:大量のアンプを備えたステージ(生前の居城)で、怪獣もとい竜の血を引く城主ドラゴンシャウトを披露するガチの超音痴攻撃。一応「他人のために唄う」時だけは音痴が改善されるという大長編補正めいた特徴もあるのだが…。余談だが彼女にもメカバージョンが存在し、こちらは胸部からソニック砲をブッ放す
:音波を武器にして、対象を痺れさせる等。
:超音波を武器にする怪獣達の一例。
:ウェザーニューズが運用している高性能お天気お姉さん系アンドロイド。複数の声色を同時発声できる。
:歌は上手いのだが、歌自体を主武器として戦うためジャイアンっぽいと言われることも。
  • ポーラ(RPG不動産):歌うのが好きなのだが音痴過ぎて破壊力が凄まじく、戦闘ではいつも前線で歌わされており、やはり本人にも自覚がない。後にその音痴な歌で死神ハデスを撃退するが去り際に呪いをかけられ、普通の歌声…どころか美声になった。
  • 白銀御行:生徒会仲間の藤原千花から「ナマコの内臓」呼ばわりされる程だったが、彼女の指導による特訓で普通に歌う分には問題ない具合に克服。しかしラップのパートがある歌で再発し(本人曰く「歌唱力とリズム感の両立ができない(意訳)」)、再び彼女自身も含めた特訓が課される事になった。
  • 西浦直亨(実在の人物)
東京ヤクルトスワローズの選手。ファン感謝デーなどのファンサービスで東京音頭を披露するが実際に極度の音痴で西浦が歌う度につば九郎が気絶して倒れている。

番外
:水田版における中の人繋がり。ジャイアンとは対称的に歌が上手く、特にラップを嗜む。
:同上。中の人はこの役で実際にライブを開催している。

関連記事

親記事

ジャイアン じゃいあん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジャイアンリサイタル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジャイアンリサイタル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1129476

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました