2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:青木和代(大山版)/竹内都子(水田版)

ジャイアンこと剛田武の母ちゃん。下の名前は不明。
父ちゃんと一緒に剛田商店を切り盛りしている。顔は長女・ジャイ子にそっくりだが、髪を団子にしているのが特徴。
町中で子供たちをいじめたり店番をサボったり近所迷惑な歌を歌ったりしている息子にいつも頭を悩ませており、「たけし~!!」と叱責してはボコボコにしている。父ちゃんもジャイアンには厳しいのだが、母ちゃんはそれ以上にすぐ怒るため、反動として父ちゃんが映画に誘ったり小遣いをやったりと甘やかすこともある。
 
ジャイアン最大の弱点ともいうべき存在であり、息子は決して頭が上がらない為、のび太たちにとってはジャイアン災害を避けるための抑止力としてよく使われる。
だが、いかんせん短気なため、のび太にランドセルを預けて遊びに行ったのを知って「あのバカ(ジャイアン)はいつもいつも!」と、何の非もないのび太がガミガミ言われる始末。
ジャイアンどころか並大抵の男より腕っぷしは強く、水田版では時間犯罪者大根で殴り倒している
 
こんな具合で相当な腕っぷし母ちゃんだが、勿論息子のことは心から愛しており、ジャイアンがスネた時には「乱暴でも武は私の大切な息子だよ!!」と叱責している。又、普段のジャイアンの行いが悪いせいで一見わかりにくいが、決して理不尽に怒鳴ったりする事はなくきちんと店番の約束を守った後なら遊びに行っといでと言ったり、息子が良い行い(描写はかなり少ないが)をすれば褒める時はきちんと褒める。

ちなみに顔がそっくり、つまり猿顔がおり、を連れ洋服きじを持ってきたことがある。

余談

最初の日テレ版ドラえもんにおいては、最初から故人だった。また、その日テレ版では容姿が大幅に異なっており、今のような肝っ玉母さんのような見た目とは程遠いものであった。

大山版の2001年大晦日に放送されたスペシャル内のショートアニメ「ドラ・ザ・仮面」では、悪者を演じているジャイアンに苦戦していたドラえもんが弱点を突く為にこの母ちゃんに変身。いくら本人ではないとはいえ見た目は完全に母ちゃんなので、ジャイアンは恐れをなして逃げ出し、直後にしてやったり顔を浮かべた後「正義は勝つ!」というセリフで締めていた。

テレビ東京系で放送された「勇者ヨシヒコと魔王の城」第7話ではジャイアンっぽい服装や声色(同ドラマ放送時点の木村昴風ではなく、往年のたてかべ和也風である)なジャイタン(演:与座嘉秋)なるキャラクターが登場したが、その母親役として「本家本元」である青木氏が顔出し出演するという珍事が発生した。彼女曰くジャイタンの本名は「ツヨシ」と思われる。

のび太の牧場物語ではヘレンというそっくりさんが登場している。

関連項目

ドラえもん ドラえもんの登場人物 母親 おばちゃん
最強 勝てる気がしない

関連記事

親記事

ジャイアン じゃいあん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジャイアンの母ちゃん」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジャイアンの母ちゃん」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67094

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました