ピクシブ百科事典

藤子・F・不二雄

ふじこえふふじお

(1933年12月1日 - 1996年9月23日) 日本漫画の大御所の一人。
目次[非表示]

概要

本名:藤本弘富山県高岡市出身。日本漫画界における大御所の一人。

後にパートナーとなる藤子不二雄Ⓐ(安孫子素雄)とは小学校の頃に出会う。初期は藤子不二雄名義でとともにマンガを描いていたが、『オバケのQ太郎』を最後に合作をやめている。昭和63年に正式にコンビ解消。藤子不二雄Ⓕとして活動を始めたが、約1年後、石ノ森章太郎の助言によって藤子・F・不二雄に改名した。

手塚治虫に強い影響を受けており、デビュー前は「手塚不二雄」のペンネームであり、デビュー初期は「手塚の足元にも及ばない」という意味で「足塚不二雄」にした。
手塚本人の助言により、足塚から藤本と安孫子の二人の苗字を足した「藤子」にする。
手塚治虫の熱狂的な信者としても知られ一時期はトキワ荘で手塚治虫が住んでいたトキワ荘14号室に安孫子と暮らした。手塚治虫の原稿を手伝ったこともある。

藤子・F・不二雄は初期手塚の画風と同様の丸っこく太い線で描かれた記号的かつシンプルな絵柄を特徴とする。絵柄は『ドラえもん』連載初期まではあまり変化がないが、この『ドラえもん』のアニメ化を担当したシンエイ動画のキャラクターデザインをフィードバックするかたちで、1980年代以降はややシャープになり、頭身が高めに描かれるキャラが増えていった。
作品の傾向として科学SFパロディ恐竜を扱ったものが多い。メカの登場数も多いが、こちらも当初は手塚同様その時代時代の人間が理解しやすいようなデザインを多用していたが、『大長編ドラえもん』を始めたあたりからは手塚というより小学館で共に連載していた右派漫画家(手塚は一般的に左派とされている。ただし松本氏自身も手塚のアシスタント経験はある)の重鎮松本零士寄りのディテールに拘ったものが増えていく。

ドラえもん」に出てくる野比のび太は小学生時代の藤本本人がモチーフになっているという。
スネ夫の自慢やのび太のおねだりは大概リアルタイムの本人の影響を受けまくっているらしく、三人の娘より速く流行のオモチャを買ってくることがあったとか。
また、自他ともに認める読書家な上に、大の恐竜好きであり、アシスタントを務めていたむぎわらしんたろうに「翼竜関節のつき方が違う」と突っ込みを入れたこともあった。

一方で、A氏のように直接口に出してはないものの、F氏はF氏で、早くに結婚として父親となり、また『ドラえもん』を始めとする諸作のヒットで多忙を極める自分に比べ、子供がおらず、著作も多忙というほどではないが収入は充分にあるA氏が、ゴルフのような大人の遊興を楽しんでいたことに思うところがあったようである。

子供向けの作品を多く描くが、短編などでは非常にブラックな作品を描くこともあり、ファンからはそれらの作品について「ブラックな方のF先生(作品)」「F先生のA面」と評されている(ただし、子供向けの「ドラえもん」などでもその黒さの片鱗は時折垣間見えてはいる)。また、A氏の恐怖表現がベタを多用した黒・闇であるのに対し、F氏は白を主軸にしたコントラストで恐怖表現をするのが得意だった(例:日の出ている日中の町中で無人というシーン)。

大長編ドラえもんシリーズの執筆中に仕事場で倒れていたのを家族が発見したが、そのまま帰らぬ人となった。師と仰ぐ手塚治虫と同じく漫画家としての活動の最中に最期を迎えた事となった。

主な作品


表記揺れ

藤子・F・不二雄 藤子F不二夫 藤子フロンティア不二雄

関連タグ

漫画家 藤子不二雄 藤子不二雄Ⓐ
むぎわらしんたろう 方倉陽二 たかや健司 
えびはら武司 羽中ルイ 
SF(すこし・ふしぎ)
藤子・F・不二雄ミュージアム

pixivに投稿された作品 pixivで「藤子・F・不二雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4929806

コメント