ピクシブ百科事典

まんが道

まんがみち

藤子不二雄の漫画作品
目次[非表示]

概要

藤子不二雄原作の自伝的作品。フィクションと事実が少々織り交ぜられている。主人公の満賀道雄と相棒の才野茂が過ごすマンガ中心の青春が描かれている。

後年NHKドラマ化もされた。

作品の特性上、藤子・F・不二雄藤子不二雄Aの合作といえる作品だが、1988年の解散後は藤子不二雄Aに著作権が帰属している。
戦後漫画史の貴重な資料の側面もあり、実際にその当時の漫画作品の一部が登場している。なお、資料として登場した漫画作品の原作者にはどうしても連絡の取れない消息不明の人物があった事もあり、巻末で事後承諾の為にその作者の行方情報を求める事もあった。


あらすじ

小さいころから絵を描くのが好きだった満賀道夫(A先生)、やがて彼は一人の少年に出会うその名は才野茂(F先生)。自分たちの絵を見せ合って時、才野の才能に圧等されてしまう。
挫折は感じたがすぐに立ち直り画業に励みやがて漫画家として夢を実現するために才野とともに東京へと旅立つ。

学生時代の話には時折展開が学園ドラマに、もちろん恋愛ドラマもあった。

余談

その後、大槻ケンヂ筋肉少女帯)が同僚の内田雄一郎と共に組んだユニット名に使われた。
唯一の作品「ボヨヨンロック」のレコーディングには筋少メンバーが(正式加入前のメンバーおよびサポート含む)全員参加している。


パロディ - 他の漫画家、江口寿史作品の背景にそれらしきアパートが確認される。加えてヤングジャンプ連載の『プリマックス』でそのまんま「ときわ荘」が登場。


『時は…』 - なんとこち亀秋元治がトキワ荘をモデルにした読み切り作品がある!

事実 - ご存じ手塚治虫トキワ荘の住人。寺田ヒロオ鈴木伸一ら先輩たち。若き日の赤塚不二夫石ノ森章太郎らが実名で登場した。

続編 - 『愛しりそめし頃に』東京へ来てはや数年後が舞台。2013年春、連載終了した。

『さらば友よ』 - 上記の『愛しりそめし頃に』の特別編。F先生の死去に際して当時のA先生の心境と漫画人生を共に歩んできた最大の友に捧げた追悼話。まんが道の現代編でもある。


まんが道

pixivに投稿された作品 pixivで「まんが道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150676

コメント