ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
日本の漫画家。有限会社アトリエびーだま代表。

概要


1952年12月11日生まれ

東京都葛飾区亀有出身


漫画家になる前はタツノコプロに勤務していたが、2年勤務して一身上の都合で退社。


雑誌の投稿を続け、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』通称こち亀が入選し漫画家デビューを果たす。

デビュー時は「がきデカ」の作者・山上たつひこをもじった山止たつひこと言うペンネームを使用していたが、本人から「紛らわしい」と抗議され連載100回を機に本名に改めた。この時と前後して本作のヒロインとなる秋本・カトリーヌ・麗子の苗字が秋本になったのはよく知られる。


ジャンプ黄金期以前→ジャンプ黄金期→衰退期→2016年の40年間ずっと主戦場を週刊少年ジャンプで休載なく活躍し駆け抜け、こち亀は「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定されている。


褒章としては2012年には自身の代表作、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』によって東京都葛飾区の名を広め、地域振興に尽くした功績を称えて、葛飾区より名誉区民を、2019年に、ジャンプの漫画作家として史上初の紫綬褒章の受章者となった。


主な連載作品

こちら葛飾区亀有公園前派出所』 (1976年42号 - 2016年42号、週刊少年ジャンプ 現在でも単発読み切りが掲載されている)

BLACKTIGER』(2017年2号 - グランドジャンプ 当初は不定期連載だったが途中から毎号連載)


以下、不定期連載作品

Mr.Clice』(1985年12月号 - 、月刊少年ジャンプジャンプSQジャンプSQ.RISE

ファインダー-京都女学院物語-』(2017年10号 - 2018年17号 週刊ヤングジャンプ

いいゆだね! 』(2017年3月号 - 2019年7月号 スーパージャンプ[1994年に読切で3回掲載]→ウルトラジャンプ



人物

こち亀の連載開始当初はグラビアアイドルアグネス・ラムアイドル歌手太田裕美の大ファンで、物語の本筋とは関係無い所でよく彼女の名前が出ていた。

割とギリギリなネタが背景に書かれたり、アグネスの方は彼女が当時CM出演していたのを理由にトヨタスプリンター

リフトバックをパトカーにし登場させるなどかなり好きを拗らせていた。

そして単行本3巻収録「しつこさ一番!!の巻」ではアグネスをモデルにした「ラム巡査」まで登場。

最終的には単行本5巻に彼女からの巻末コメント及び作者とのツーショット写真まで撮るに至った。

なお、最初期の単行本に収録されている話でアグネス関係の台詞や落書きは現在の重版では「作者が恥ずかしくなったから」という理由で大半が修正されている。

(他にも連載初期に比べて著作権に厳しくなったのも理由と思われ、後年のダイハツ・パイザーのCMや大海物語シリーズのアグネスコラボに触れる事は無かった)

太田裕美の方は、秋本がファンだった事に加えて秋本の当時の担当編集者がジャンプの巻末に連載されていたエンタメ情報の編集も兼任しており、その縁で太田との縁が出来て彼女のコンサートに招待された。

その時の体験談を太田側のマネージャーや本人に許可を貰った上で漫画にしたのが単行本4巻収録「亀有大合唱!?の巻」であり、太田は勿論本人としての登場を果たし、単行本に掲載される前の第3巻では巻末コメントも担当した。

また、太田自身もこち亀のファンであり、自宅には単行本も保管している。

そしてこち亀連載終了後の2017年には秋本との再会を兼ねた対談も行っている。


アクション映画が好きでアメリカを舞台にしたポリスアクション漫画を真剣に描く為に試行錯誤を繰り返したところ、『こち亀』が生まれたと『カメダス』の描き下ろし漫画で語っている。


ゴルゴ13のファンであり、『こち亀』で様々なパロディやボルボ西郷後流悟十三などといったパロディキャラも登場していたしていた。

近年、作者のさいとう・たかをと対談を行い、2006年には『超こち亀』にて『ゴルゴ13』とのコラボ漫画も実現した。本人は、さいとう・たかをに憧れて漫画家になったとも述べている。


ミリタリー、鉄道マニアで彼の作品でよく登場している。

ブームを語る上で必要と見れば、『艦これ』などのいわゆる「萌えミリ」作品も、積極的に作品内で取り上げる柔軟な人物。

この縁もあってか、『ガールズ&パンツァー』劇場版のブルーレイ付属ブックレットには、西住みほ達と並んだ両津のイラストが掲載されている。最終的に同作は、「V.S.こち亀」作品の一つとして、両津と直接対決をすることになった。


阪神タイガースのファンである一方で、単行本の巻頭コメントにおいて「野球中継のせいで通常の番組がつぶれることは、野球嫌いにとってはたまらないのです」とも語っている。

煙草は吸わない。

『こち亀』では単行本34巻収録『煙はEなもの!?の巻』において「今後この漫画に煙草を一切ださない」と宣言している。かつての版の『煙はEなもの!?の巻』には妊婦の喫煙に関するアイロニカルな台詞があった。

一方で酒と甘い物はかなり好きとのことである。


仕事面

原稿を締切前に必ず仕上げ、編集者からすれば大変ありがたい存在である。しかも常時数週間分のストックを用意し、旅行に出かけるなど漫画家では珍しいタイプ。

特技は「締め切りに遅れないこと」と自信を持って言うほどである。これは秋本が速筆である事が大きいからだという。


アシスタントは全員、背景や人物、仕上げまでこなせるプロ集団で、駆け出しはいない。

1990年代より漫画製作のために「有限会社アトリエびーだま」を設立し、アシスタントを社員として雇い、彼らに対して安定した生活を保障している。勤務時間は9 - 20時(途中12 - 13時、17 - 18時に食事のための休憩時間を挟む)で、タイムカードによる時間給制を行っている。

基本的に日曜日は休みにする上、昼休みもキチンと取り、徹夜はさせないというスタンスを取っている。秋本自身も始業5分前に出勤し、定時に帰るなど、自己管理をしっかりとしている。その為、漫画家としては数少ない無理をせず激務に潰されないスタイルの漫画家。


2016年9月17日、40年続いた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載を週刊少年ジャンプ42号ならびに同日発売の第200巻で完結した。

なお、こち亀連載末期は完結を決めた為ストックが無い状態で40周年に纏わる企画の仕事をしつつ最終回執筆まではさすがに多忙だったらしい。


また、2021年4月にはゴルゴ13の200巻達成の際はビッグコミックの特集でさいとうとの対談が企画された。


2023年今も数ページの読み切りこち亀を描いている

最新の流行には敏感肌な一面がみられる



関連タグ

両さん こち亀 両津勘吉  こちら葛飾区亀有公園前派出所


とみさわ千夏あろひろしうすね正俊・・・元アシスタント


小林よしのり - 同期の漫画家。彼の方がデビューが少し早かったが互いに同期と認めあっている。チャーリー小林のモデル。


太田裕美 - 上述の通り、双方共にファンでもある。

概要


1952年12月11日生まれ

東京都葛飾区亀有出身


漫画家になる前はタツノコプロに勤務していたが、2年勤務して一身上の都合で退社。


雑誌の投稿を続け、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』通称こち亀が入選し漫画家デビューを果たす。

デビュー時は「がきデカ」の作者・山上たつひこをもじった山止たつひこと言うペンネームを使用していたが、本人から「紛らわしい」と抗議され連載100回を機に本名に改めた。この時と前後して本作のヒロインとなる秋本・カトリーヌ・麗子の苗字が秋本になったのはよく知られる。


ジャンプ黄金期以前→ジャンプ黄金期→衰退期→2016年の40年間ずっと主戦場を週刊少年ジャンプで休載なく活躍し駆け抜け、こち亀は「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定されている。


褒章としては2012年には自身の代表作、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』によって東京都葛飾区の名を広め、地域振興に尽くした功績を称えて、葛飾区より名誉区民を、2019年に、ジャンプの漫画作家として史上初の紫綬褒章の受章者となった。


主な連載作品

こちら葛飾区亀有公園前派出所』 (1976年42号 - 2016年42号、週刊少年ジャンプ 現在でも単発読み切りが掲載されている)

BLACKTIGER』(2017年2号 - グランドジャンプ 当初は不定期連載だったが途中から毎号連載)


以下、不定期連載作品

Mr.Clice』(1985年12月号 - 、月刊少年ジャンプジャンプSQジャンプSQ.RISE

ファインダー-京都女学院物語-』(2017年10号 - 2018年17号 週刊ヤングジャンプ

いいゆだね! 』(2017年3月号 - 2019年7月号 スーパージャンプ[1994年に読切で3回掲載]→ウルトラジャンプ



人物

こち亀の連載開始当初はグラビアアイドルアグネス・ラムアイドル歌手太田裕美の大ファンで、物語の本筋とは関係無い所でよく彼女の名前が出ていた。

割とギリギリなネタが背景に書かれたり、アグネスの方は彼女が当時CM出演していたのを理由にトヨタスプリンター

リフトバックをパトカーにし登場させるなどかなり好きを拗らせていた。

そして単行本3巻収録「しつこさ一番!!の巻」ではアグネスをモデルにした「ラム巡査」まで登場。

最終的には単行本5巻に彼女からの巻末コメント及び作者とのツーショット写真まで撮るに至った。

なお、最初期の単行本に収録されている話でアグネス関係の台詞や落書きは現在の重版では「作者が恥ずかしくなったから」という理由で大半が修正されている。

(他にも連載初期に比べて著作権に厳しくなったのも理由と思われ、後年のダイハツ・パイザーのCMや大海物語シリーズのアグネスコラボに触れる事は無かった)

太田裕美の方は、秋本がファンだった事に加えて秋本の当時の担当編集者がジャンプの巻末に連載されていたエンタメ情報の編集も兼任しており、その縁で太田との縁が出来て彼女のコンサートに招待された。

その時の体験談を太田側のマネージャーや本人に許可を貰った上で漫画にしたのが単行本4巻収録「亀有大合唱!?の巻」であり、太田は勿論本人としての登場を果たし、単行本に掲載される前の第3巻では巻末コメントも担当した。

また、太田自身もこち亀のファンであり、自宅には単行本も保管している。

そしてこち亀連載終了後の2017年には秋本との再会を兼ねた対談も行っている。


アクション映画が好きでアメリカを舞台にしたポリスアクション漫画を真剣に描く為に試行錯誤を繰り返したところ、『こち亀』が生まれたと『カメダス』の描き下ろし漫画で語っている。


ゴルゴ13のファンであり、『こち亀』で様々なパロディやボルボ西郷後流悟十三などといったパロディキャラも登場していたしていた。

近年、作者のさいとう・たかをと対談を行い、2006年には『超こち亀』にて『ゴルゴ13』とのコラボ漫画も実現した。本人は、さいとう・たかをに憧れて漫画家になったとも述べている。


ミリタリー、鉄道マニアで彼の作品でよく登場している。

ブームを語る上で必要と見れば、『艦これ』などのいわゆる「萌えミリ」作品も、積極的に作品内で取り上げる柔軟な人物。

この縁もあってか、『ガールズ&パンツァー』劇場版のブルーレイ付属ブックレットには、西住みほ達と並んだ両津のイラストが掲載されている。最終的に同作は、「V.S.こち亀」作品の一つとして、両津と直接対決をすることになった。


阪神タイガースのファンである一方で、単行本の巻頭コメントにおいて「野球中継のせいで通常の番組がつぶれることは、野球嫌いにとってはたまらないのです」とも語っている。

煙草は吸わない。

『こち亀』では単行本34巻収録『煙はEなもの!?の巻』において「今後この漫画に煙草を一切ださない」と宣言している。かつての版の『煙はEなもの!?の巻』には妊婦の喫煙に関するアイロニカルな台詞があった。

一方で酒と甘い物はかなり好きとのことである。


仕事面

原稿を締切前に必ず仕上げ、編集者からすれば大変ありがたい存在である。しかも常時数週間分のストックを用意し、旅行に出かけるなど漫画家では珍しいタイプ。

特技は「締め切りに遅れないこと」と自信を持って言うほどである。これは秋本が速筆である事が大きいからだという。


アシスタントは全員、背景や人物、仕上げまでこなせるプロ集団で、駆け出しはいない。

1990年代より漫画製作のために「有限会社アトリエびーだま」を設立し、アシスタントを社員として雇い、彼らに対して安定した生活を保障している。勤務時間は9 - 20時(途中12 - 13時、17 - 18時に食事のための休憩時間を挟む)で、タイムカードによる時間給制を行っている。

基本的に日曜日は休みにする上、昼休みもキチンと取り、徹夜はさせないというスタンスを取っている。秋本自身も始業5分前に出勤し、定時に帰るなど、自己管理をしっかりとしている。その為、漫画家としては数少ない無理をせず激務に潰されないスタイルの漫画家。


2016年9月17日、40年続いた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載を週刊少年ジャンプ42号ならびに同日発売の第200巻で完結した。

なお、こち亀連載末期は完結を決めた為ストックが無い状態で40周年に纏わる企画の仕事をしつつ最終回執筆まではさすがに多忙だったらしい。


また、2021年4月にはゴルゴ13の200巻達成の際はビッグコミックの特集でさいとうとの対談が企画された。


2023年今も数ページの読み切りこち亀を描いている

最新の流行には敏感肌な一面がみられる



関連タグ

両さん こち亀 両津勘吉  こちら葛飾区亀有公園前派出所


とみさわ千夏あろひろしうすね正俊・・・元アシスタント


小林よしのり - 同期の漫画家。彼の方がデビューが少し早かったが互いに同期と認めあっている。チャーリー小林のモデル。


太田裕美 - 上述の通り、双方共にファンでもある。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    著者:湯瀬ライム,原作:杓子ねこ,キャラクター原案:NiKrome

    読む

pixivision

カテゴリー