ピクシブ百科事典

平野耕太

ひらのこうた

日本の漫画家。ファンからの愛称は「ヒラコー」。1990年代後半から活動し、『HELLSING』のヒットにより一躍メジャーとなる。
目次[非表示]

平野耕太(ひらの こうた)は、東京都足立区出身・在住の男性漫画家である。愛称はヒラコーかなり太め

概要

1973年7月14日生まれ。

HELLSING vs ドリフターズ


代表作は『HELLSING』、『ドリフターズ』。両作は不謹慎ギリギリの歴史・エログロネタを大量に仕込んだアクション系の作品である。その一方で『以下略』などの完全にギャグ主体の作品も手がける。

学生時代から漫画を描き続けており、高校・大学で漫画研究会に所属。
在学中にCOMICパピポ(フランス書院)から『COYOTE』でデビューを果たす。一時期ゲーム会社に勤務していたが、わずか一週間もしない間に退社。本人にとっては黒歴史とのこと。
初期は成人向け漫画を手掛けていたが、一般誌やゲーム雑誌のコーナーなどを変遷し、1998年に『HELLSING』の連載で注目を集めて一躍メジャーとなった。

サブカルに関してかなり手広く手を出しており、ネタの引き出しは豊富。
軍服ナチスをよく描く一方、「あんな描きにくい奴ら死ねばいいんですよ!」というぐらい実は軍服を描くのは苦手らしい。

漫画家としては早い時期からTwitterを利用しており、結構アブナイ発言することもしばしば。最近ではヒラコーショックを引き起こし、大きな話題を呼んだ。

作風

シリアス作品では「黒ベタ」の使い方が非常に独特で、ページのほとんどが(物理的に)真っ黒とかもしばしば。また、またエキセントリックな台詞回しが印象的で、とりわけ一話をほぼ丸々使った演説シーン(詳しくは「よろしい、ならば戦争だ」を参照)などはしばしばテンプレとして使われている。

そして不意打ちのようにギャグシーンが挿入される。どんな時でも笑いは忘れないらしい。
眼鏡手袋制服の登場率が高く、特に眼鏡には並々ならぬ熱意を持っている。なお氏にとっての眼鏡キャラ最上位はムスカ大佐とのこと。

一方でギャグ方向の作品のテンションはやたらと(間違った方向に)高い事が多く、登場人物の言動がはっちゃけまくっている。あと、これ平気なのかと心配になるようなやばいネタもしばしば出てくる。特にコミックのカバー裏や巻末の近況報告は、病院が裸足で逃げ出すレベルのカオスっぷりで知られる。

自身の体験を作品に投影しており、一例として、『HELLSING』でロンドンを地獄に叩き落としたのは、「ロンドン旅行で散々な目に遭った」ことへの“憂さ晴らし”だったとのこと。

人物像

良くも悪くも自分に正直なお人。

趣味はいやがらせち●こいじりと、一貫して公言している。割と短気で激情家であり、特にネットでマナーのなっていない荒らしには手厳しい。自身も、Webサイトが荒らし被害に遭うたびに閉鎖しては再開するといった時期が続いた経験があり、そのためなのか、いわゆる“口だけ人間”と判断した人種にはストレートに怒ることが多い。

暴走気味な発言が際立つ一方、真面目な場面では真摯な対応をすることもある。

当人もかなりのオタク気質であることは自認し、むしろ自身のネタにしている。
特に毒舌に関しては90年代後半の深夜ラジオの影響が強いらしく、言うべきことは言わないと気が済まない性分らしい。

Twitterや『艦隊これくしょん』など流行りモノには敏感で、世間より早くその面白さを発見するなど、ブームに対して先見の明を持ったりすることもある。

同業者である山田秋太郎とは友人であり、巻末のオマケ漫画でヒラコー氏へのツッコミ役としてよく登場している。

地元の足立区を散々ネタにしているものの、一種の郷土愛であり、区民でない人間から足立区を悪く言われた時には烈火の如く怒り、これに反論している。

pixivでは

平野作品のファンアート、画風を真似た作品のほかにも、彼をモデルにしたキャラクター平野コータ(『学園黙示録』)にもこのタグが貼られることがある。

漫画作品

挿絵

関連イラスト

幼女アーカード
日ノ本ドリフ


以下略
色紙やるべきなのは確定的に明らか


関連タグ

漫画家 ヒラコー ヒラコー風パロ 平野コータ
HELLSING ドリフターズ 以下略

pixivに投稿された作品 pixivで「平野耕太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1788363

コメント