ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ソニー・ミュージックアーティスツ所属。
1989年に元人生(ZIN-SAY!)の石野卓球を中心に結成。
1991年、シングル「RHYTHM RED BEAT BLACK (Version 300000000000) / TMN VS 電気GROOVE」でメジャーデビュー。その後、アルバム『FLASH PAPA』で単独デビューした。シングル「N.O.」や「Shangri-La」などのヒット曲で知られる。ヲタ的な観点でいえば交響詩篇エウレカセブン最終話にて使用された「」や、コジコジのEDテーマ「ポケットカウボーイ」、墓場鬼太郎OPテーマの「モノノケダンス」、空中ブランコのOPに起用された「Upside Down」も知られている。

ユニット名の表記は様々あるが、電気グルーヴが正式名称であり、当人たちは自分達を「電気」と略している(卓球はTwitter上で「電グル」の略称を使用することがある)。その為、ファンの前で「電グル」だのと言ってしまったらネタにされるので注意。初期は電気グループとか書かれることもあったが、あくまでも電気グルーヴである。

また、ピエール瀧はタレント・役者として各種テレビ番組やラジオ番組への出演でも活躍している。一方で石野卓球もDJ、音楽プロデューサー、リミキサーとしてソロで音楽活動を行っている。二人同時だと音楽番組で好き放題やるか、オールナイトニッポンで毒を吐くかのどちらかが多い。

ファン層も卓球のアレっぷりやオールナイトニッポン等での暴れっぷりをよく理解しているため、一筋縄ではいかない人たちも結構いる。最近だと某バンドをパクったと勘違いしたツイートに対して「25年前からパクってたのがついにバレたか...」「それはさすがにセカオワに失礼だろ!セカオワに謝れ!」「いや~ばれちゃったね~」「電気最低だな!」と正論吐いて真っ赤になっている人たちと発言していた人物、両方をおちょくるようなツイートをしていた。

2019年3月にピエール瀧の薬物使用不祥事により、ツアー中止・音源が店頭から回収されるなど事実上の活動停止処分を事務所やレコード会社から受けており、ピエールも所属事務所だったソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)を解雇された。
その後残された石野卓球は自分と事務所間で何度か衝突があったと示唆される証言をしており、卓球もまた同年6月30日の契約満了時にSMAとの契約を更新を破棄する形を取って自主退社。新会社「macht inc.」を立ち上げ、公式サイトやファンクラブがリニューアルされた。

メンバー

  • 石野卓球(Vo,Syn,エレクトロニクス)
  • ピエール瀧(Vo,


元被害者…もとい、かつて在籍していたメンバー

  • CMJK(北川潤):現CUTEMEN
  • 砂原良徳(まりん):カルトQに於ける「YMOカルト・キング」


関連タグ

電グル(ファンじゃない人が使う名称)
筋肉少女帯:石野の人生(ZIN-SAY!)時代のレーベルメイツ@ナゴム
オールナイトニッポン:彼らの曜日を聞いている訓練されたリスナーも多い。
伊集院光:ラジオにおける今の芸風はだいたいこいつらのラジオのせい。
/^o^\フッジッサーン:楽曲名「富士山」から。
ポンキッキーズ:90年代子供だった世代はこの番組で存在を知ったという人も多い。
ポケモン赤緑青ピカチュウ:モブトレーナーの肩書にでんきグループというのがおり、おそらく彼らが元ネタ。

関連記事

親記事

テクノ てくの

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「電気グルーヴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 424252

コメント