ピクシブ百科事典

筋肉少女帯

きんにくしょうじょたい

筋肉少女帯は、日本のロックバンドである。
目次[非表示]

現在のメンバー

大槻ケンヂ (ボーカル)
橘高文彦 (ギター)
本城聡章 (ギター)
内田雄一郎 (ベース)

概要

1982年、大槻と内田らにより「筋肉少年少女帯」を結成。
1984年、名前を「筋肉少女帯」と改め、ナゴムレコードよりインディーズデビュー
1987年、ナゴムレコードからリリースしたEP「高木ブー伝説」が話題を呼ぶが、ザ・ドリフターズの所属事務所を騙る苦情の電話(結局は悪戯電話だった)が寄せられ、自主回収。バンドは解散の危機に陥るが、これを救ったのはほかならぬ高木本人による「若い奴らが馬鹿やって頑張ってるんだから、許してあげようよ。」の一言だったらしい。
1988年にアルバム「仏陀L」、シングル「釈迦」でメジャーデビュー。
日本印度化計画」や「元祖高木ブー伝説(前述作のリメイク)」といった曲がヒットし、当時のバンドブームの中、一躍有名バンドとなる。
1999年に一度活動を停止し事実上の解散状態になるものの、2006年に「仲直り」、活動を再開。ロックフェスへの参加、ワンマンライブなど、現在進行形で活動中。
大槻の幻想的な歌詞世界と、橘高と本城が織り成すツインギターによる重厚なサウンド(三柴江戸蔵在籍時は、ギターとピアノが混在する多彩な曲調)が融合した楽曲は、どれもハードロックとして強い個性と高い完成度を併せ持ち、今も熱狂的なファンを多数抱えるバンドである。
本人達を描いた作品、曲を元にした作品、曲の歌詞が使われている作品などにタグが付けられている。

アルバム一覧

「仏陀L」
「SISTER STRAWBERRY」
「猫のテブクロ」
「サーカス団パノラマ島に帰る」
「月光蟲」
「断罪!断罪!また断罪!」
「エリーゼのために」
UFOと恋人」
「レティクル座妄想」
「ステーシーの美術」
「キラキラと輝くもの」
「最後の聖戦」
「新人」
「シーズン2」
「蔦からまるQの惑星」
「公式セルフカバーベスト 4半世紀」

筋少ちゃん



他作品に与えた影響

新世紀エヴァンゲリオン綾波レイ

モデルは、「何処へでも行ける切手」内に登場する”包帯に巻かれた少女”とされている。

藤田和日郎

楽曲「機械」を題材に「空に羽が…」という読み切り作品を描いている。(※短編集『暁の歌』収録)
また藤田が原作でありシリーズ構成を務めるアニメ「うしおととら」では主題歌「混ぜるな危険」を筋少が担当。「アニメのイメージはこの主題歌によって強力なものになった」とツイッターで語っている。

ジョジョの奇妙な冒険

第四部「ダイヤモンドは砕けない」内に、「ボヨヨンロック」や「小さな恋のメロディ」の歌詞が登場している他、登場キャラクター「音石明」は大槻がモデル。

武装錬金

筋少や大槻関連の楽曲や歌詞フレーズなどが多数引用されている。
例:「再殺部隊」「ルリヲヘッド」(それぞれ楽曲「再殺部隊」「風車男ルリヲ」から)「アンダーグラウンドサーチライ」など。
「五千百度の炎」というセリフもあり、これは楽曲「ノゾミ・カナエ・タマエ」より。

×-ペケ-

筋少関連の4コマタイトルが多数。代表は「SISTER STRAWBERRY」か。
その他、作品のイメージアルバムにオーケンが歌詞を提供している。

平野耕太

短編「ガンマニア」内に「サンフランシスコ」の歌詞が登場。
ドリフターズ」内登場キャラクター「ジャンヌ・ダルク」のセリフに「ノゾミ・カナエ・タマエ」の歌詞の影響?が見られる他、第2巻収録話のサブタイトルに「サーチライト」が登場している。

関連タグ

陰陽座瞬火ファンであったり、斗羅(河塚篤史)がサポートでドラムを叩いてたり。
三柴理:元「江戸蔵」。「仲直り」後にサポート参加。
X.Y.Z.→A:橘高が参加。
天才バカボン:「バカボン」という固有名詞を使っている。
もーれつア太郎:「モーレツア太郎」という楽曲がある。リンク先概要参照。

pixivに投稿された作品 pixivで「筋肉少女帯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1629830

コメント