ピクシブ百科事典

amazarashi

あまざらし

amazarashi(アマザラシ)は、青森県むつ市在住の日本のロックバンドである。
目次[非表示]

概要

amazarashiとは青森県むつ市在住の、顔出しなどをせずに活動を行うロックバント。
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ所属。
バンド名は日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝しだが<それでも>というところから名付けられた。人の心に訴えかける歌詞とその世界感が、瞬く間に人気を呼んだ。
顔出しをしない理由は秋田ひろむ本人が恥ずかしがり屋で人見知りと言う理由と、詞の世界観を最も強調したいという理由。

バンド名の変遷

  • 【STAR ISSUE】
    • 2007年1月に、STAR ISSUEを結成。バンド名の由来は「希望の光のような歌を、雑誌や新聞のように定期的に発信して行きたい」から。


  • 【あまざらし】
    • 5月26日、青森県で行われたアマチュアバンドのライブイベント『グルコン Vol.17 青森 〜Joker Style Summit〜』でローランド賞を受賞した後、あまざらしに変更。2009年2月18日、ミニアルバム『光、再考』を発売し、6月24日に発売された、映画『蟹工船』のインスパイアアルバム『反撃。〜映画「蟹工船」インスパイア・アルバム〜』には、「闇の中 〜ゆきてかへらぬ〜」が収録された。12月9日にはミニアルバム『0.』を発売。

  • 【amazarashi】
    • 2010年2月10日には、表記をあまざらしからamazarashiに変更し、『0.』にボーナストラック1曲を追加収録した全国流通盤『0.6』を発売。ここから本格的なバンド活動が始まった。

フルメンバー

ライブでは主に、ギター、ベース、ドラムを加えた5人編成で構成される。

メンバー

  • 秋田 ひろむ - ボーカル・ギター担当。本名:秋田弘。青森県上北郡横浜町出身。 音楽を始めたきっかけは、小学校6年生の時に姉が聴いていたTM NETWORKに憧れて、キーボードを購入した事。影響を受けたアーティストに真島昌利と友川カズキを、作家に寺山修司と太宰治を、それぞれ挙げている。いつも帽子を深くかぶり、ライブの時はステージ前方に設置された紗幕を下ろして演奏している。
  • 豊川 真奈美(とよかわ まなみ) - キーボード担当の女性。秋田ひろむと昔から一緒にバンドを続けてきた。


サポートメンバー

  • ナカムラタケフミ - ベース担当
  • 出羽 良彰(でわ よしあき) - ギター・プログラミング・楽器演奏・サウンドプロデュース担当
  • 橋谷 田真(はしやだ まこと) - ドラムサポートライブ演奏


謎のてるてる坊主

amazarashi 0000001
横殴りの悲しみに雨曝しの君よ、
amazarashi


彼らの特徴は人間の心をえぐるような歌詞だが、彼らのもうひとつの特徴が謎のてるてる坊主だ。神の使いなのか、それとも悪魔か。善と悪の境界が曖昧なキャラクターは強烈で、一度見るだけで心に残る。PV映像では、繰り返しメタモルフォーゼするこのてるてる坊主の周りを歌詞が螺旋を描いて通り抜けていく。amazarashiのMVを見ていくと、もしかしたら救世主なのかもしれない。

音楽作品

ミニアルバム

  • 【光、再考】 - 2009年2月18日に発売。
  • 【0.】 - 2009年12月9日発売。amazarashiが青森県限定でシリアル番号入り限定500枚で発売した。なお、iTunesでの配信も同日12月9日(水)より開始される。
  • 【0.6】 - 2010年2月10日に発売。2009年12月9日に発売された0.の全国盤。ボーナストラック1曲を追加したCD。
  • 【爆弾のつくり方】 - 2010年6月9日に発売。メジャーデビューアルバム。収録曲である「爆弾のつくり方」がオンラインFPSゲーム「STING (WeMade Online)」のイメージソングに起用された。「夏を待っていました」のミュージックビデオが第14回文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門で優秀賞、3DCG Awards 2010 一般アニメーション部門で最優秀賞を受賞した。初回特典は、日本では初となる拡張現実(AR)が採用されている。
  • 【ワンルーム叙事詩】 - 2010年11月24日に発売。メジャー2枚目のミニアルバム。CDジャケットは、初回プレス盤のみ、削ると隠れたイラスト出てくるスクラッチ仕様となっている。
  • 【アノミー】 - 2011年3月16日に発売。収録曲の『アノミー』は、テレビドラマ「ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA (TBS系列)」の主題歌に起用された。2011年8月7日にカナダで行われた、SIGGRAPHの「Commercials, Games, and Music」のカテゴリーで、アノミーのミュージックビデオが上映された。
  • 【ねえママ あなたの言うとおり】 -2013年4月10日に発売。アルバム初回特典には特殊仕様と2012年1月28日に行われた初の渋谷公会堂でのライヴ<千年幸福論>より、「爆弾の作り方」「つじつま合わせに生まれた僕等」「奇跡」のライヴ映像DVDが付属される。また、初回限定盤の特典として12面折りのジャケットにガラスの破片をイメージした歌詞カードステッカーが7枚封入されている。 2013年03月19日に特設サイトで公開された「ジュブナイル」のMVは、YKBXによる3DCGアニメーションを駆使して、秋田ひろむ本人の動きをキャプションしCG化して制作されており、「ジュブナイル」は、先行シングルとして、iTunes Storeおよびレコチョクでの先行配信で発表された。同じく特設サイトで2013年4月1日に公開された 「性善説」のMVは映画監督・脚本家の寒竹ゆりが手がけたものであり、「性善説」は、関西テレビ『音エモン』2013年4月度"POWER PUSH!!"および関西テレビ『ミュージャック』2013年4月度エンディングテーマに起用された。
  • 【あんたへ】- 2013年11月20日に発売。初回限定盤と通常盤に分かれており、どちらもジャケ写が異なる。初回盤は、文庫本型のブックレットに歌詞と詩集が掲載され封入される。この他に、9月30日に行われたライブ映像が収録されたライブDVDが付属する。一方通常版のジャケ写は、秋田ひろむ自身がコラージュされた写真が使われたデザインになっている。2013年10月28日にはTOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』に「あんたへ」が初オンエアされた。それから2013年11月6日に特設サイトで「あんたへ」のMVが公開され、ロトスコープという手法で秋田ひろむ本人がMVに出演している。今作のMVはチェコ生まれの映像制作会社 『イアリン』で作成され、アニメーションの部分は映像制作に携わっている『イアリン川崎』(代表作:『チルリ』)が手がけた。同じく特設サイトで2013年11月13日に秋田ひろむの今をリアルに歌った「匿名希望」が24時間限定で公開された。2013年10月21日に歌詞サイト「うたまっぷ」で、表題曲の「あんたへ」の歌詞が先行公開された。2013年11月19日、TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』に2度目の生出演、インタビューを行った。


フルアルバム

  • 【千年幸福輪】 - 2011年11月16日に発売。amazarashiの1stフルアルバム。通常盤と初回限定盤の2仕様で発売され、初回限定盤には夏を待っていましたやクリスマス、アノミーのPV、2011年6月17日に渋谷WWWで行われたライブからカルマのライブ映像が収められたDVD、詩集と秋田ひろむ初の書下ろし小説「しらふ」が掲載されたブックレットが付属する。2011年11月12日には福岡でFM FUKUOKAとタワーレコードの共同主催による招待制試聴会『amazarashi "千年幸福論" 視聴プレミアムイベント 〜千年と幸福のサトリ〜』が開催された。
  • 【ラブソング】 - 2012年6月13日に発売。スタジオアルバムであるこの作品は、通常盤と初回限定盤の2仕様で発売される。初回限定盤には、ミュージックビデオ等に登場するキャラクターが出演するゲームが収録されたCD-EXTRA、ライブツアー「ごめんなさい ちゃんといえるかな」の2012年7月8日Zepp DiverCity公演のUstream生放送視聴用コードが収録される。収録曲「祈り」は、2011年の東日本大震災受け、同年3月16日に公開した詩を楽曲化したもで、2012年3月11日に公式ウェブサイト上で期間限定で公開、「アポロジー」は同年4月23日から24日の24時間限定で公開された。ちなみにアルバムのアートワークに登場する仮想キャラクター名は「アキタ」
  • 【夕日信仰ヒガシズム】 - 2014年10月29日発売。およそ3年ぶりとなるこの2ndアルバムは、amazarashiの今が表現された新曲に加え、初回限定版にはスリーブ、オリジナルブックレット、詩集、さらに2014年9月9日に行われた千分の一夜物語「スターライト」のライブDVDが同封される。ちなみに千分の一夜物語「スターライト」はインディーズ時代に活躍していた”あまざらし”名義で行われ秋田ひろむが書き下ろしたトマーゾとヨハンのストーリーと共にストリングス、生バンドの編成で進行する新しい試みのステージである。今回収録される全12曲の新曲は、2014年9月9日に公開されたリリックビデオの「スターライト」に加え、これからミュージックビデオと共に公開予定の楽曲達と過去のイベントでも演奏された秋田ひろむが親友に向けて歌った楽曲「ひろ」などが収録された。その後は新曲である「もう一度」がSCHOOL OF LOCK!で初オンエアされ、2014年10月8日には「もう一度」のMVが公開された。2014年10月31日には収録曲である「穴を掘っている」のMVを公開。このMVの撮影は、SNSであるTwitterで"死にたい"を検索し、20万以上の死にたいのツイートを独自のアルゴリズムで再レイアウト。30台のプリンターで静岡の樹海を埋め尽くすンスタレーションアート。同日にこの映像のメイキング映像を公開している。


シングル

  • 【季節は次々死んでいく】 - 2015年2月18日に発売。初のシングルとなる今作は、初回盤と通常盤に加え、期間生産限定盤の3種類で発売された。タイトルにもなっている「季節は次々死んでいく」のこの曲はTOKYO MXその他で放送される『東京喰種トーキョーグール√A(ルートエー)』のエンディングテーマとなった。期間限定盤では、作者の石田スイ氏による描き下ろしのイラストで構成されている。「季節は次々死んでいく」のMVは2015年2月3日に公開。レーザーカッターで牛の生肉を歌詞の形に切り取るという世界初の手法を採用し、冒頭にはミュージックビデオのテーマを象徴する谷川俊太郎の詩が引用されている。また、同年の2月18日に「季節は次々死んでいく」のカップリング曲「自虐家のアリー」のリリックビデオを24時間限定で先行公開した。さらにリリースを記念して、2月19日(木)にニコ生にて、皆で一緒に新曲を視聴できる新作試聴会と、秋田ひろむによるアコースティック生ライブの模様を放送する事を発表した。


LIVE DVD

  • 【0.7】 - 2012年11月28日に発売。初とリリースされたLIVE DVD「0.7」。今作は7月8日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて行われた単独公演「ごめんなさい ちゃんといえるかな」のライブ映像を中心に、秋田ひろむのポエトリーや彼と縁のある地で撮影されたイメージムービーなどを盛り込んだ映像作品。初回限定盤に同梱されるライブ音源を収めたCDには、ボーナストラックとして新曲「終わりで始まり Acoustic」が収録される。またDVD発売に先駆け、11月27日に全国7カ所の映画館にて「amazarashi『0.7』ONE NIGHT CINEMA LIVE」が上映されることが決定した。これには本作収録の映像に未公開の特典映像を加えたオリジナルムービーが上映された。


ミュージッククリップ集

  • 【anthology1386】 - 2014年3月26日発売。amazarashi初となるクリップ集。文化庁メディア芸術祭 優秀賞を受賞した『夏を待っていました』等、国内外の数々のFilm Festivalにて高く評価されたミュージック ビデオに加え、『amazarashi LIVE TOUR 2014「あんたへ」 in Zepp Divercity Tokyo』(2月1日)で演奏した「冷凍睡眠」「ミサイル」「終わりで始まり」に加え、ライブの最後に秋田ひろむが弾き語りで披露した去年中島美嘉に提供した楽曲「僕が死のうと思ったのは」のライブ映像も収録。初回限定生産盤のジャケットは、錯視を使ったデザインで、カメラなどを通して見ると、キャラクターが立体的に浮き上がって見える仕様になっている。また、「anthology1386」のリリースに伴い、同クリップ集(anthology1386)には未収録の会場限定アコースティックLIVE映像を含む一夜限りの劇場上映イベント「anthology1386 cinema show」を、発売前日の3月25日に開催する。この作品はDVDとBlu-rayの両方で発売される。


その他、登場作品

  • 【反撃〜映画『蟹工船』インスパイア・アルバム〜】 - 2009年6月24日に発売。「闇の中 〜ゆきてかへらぬ〜」が収録された。
  • 【36.5℃】 - 2011年1月19日に発売。この作品はコンピレーションアルバムであり、収録曲は「無題」が収録された。


公演活動など

ライブ

  • 【「この街で生きている」 @東京・渋谷WWW】 - 2011年6月17日
  • 【「この街で生きている」追加公演 @東京・恵比寿リキッドルーム】 - 2011年9月19日
  • 【「千年幸福論」 @東京・渋谷公会堂】 - 2012年1月28日
  • 【「千年幸福論」 追加公演 @東京・SHIBUYA-AX】 - 2012年3月16日
  • 【「千年幸福論」 追加公演 @大阪・umeda AKASO】 - 2012年8月10日
  • 【amazarashi『0.7』ONE NIGHT CINEMA LIVE】 - 2012年11月27日
    • 北海道・札幌シネマフロンティア
    • 青森・青森コロナシネマワールド
    • 東京・新宿バルト9
    • 東京・TOHOシネマズ 渋谷
    • 愛知・109シネマズ名古屋
    • 大阪・TOHOシネマズ梅田
    • 福岡・T・ジョイ博多


  • 【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO】 - 2013年8月16日
    • 北海道・RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO 2013

  • 【LIQUIDROOM 9th ANNIVERSARY presents “UNDER THE INFLUENCE”「TK from 凛として時雨 x amazarashi」】 - 2013年9月30日  
    • 東京・LIQUIDROOM

  • 【百万石音楽祭2014 ~ミリオンロックフェスティバル~】 - 2014年6月7日~8日
    • 石川・ 石川県産業展示館3・4号館

  • 【あまざらし 千分の一夜物語 スターライト】 - 2014年9月9日
    • 東京・TOKYO DOME CITY HALL

  • 【アオーレRock Museum 2014】 - 2014年9月20日
    • 新潟・長岡

  • 【T-fest】 - 2015年3 月28日~29日
    • 台湾

  • 【あまざらし 千分の一夜物語スターライト ~アンコール公演~】 - 2015年4月4日.29日
    • 東京・中野サンプラザ
    • 大阪・森ノ宮ピロティーホール

  • 【amazarashi 5th anniversary live「APOLOGIES」】 - 2015年6月9日
    • 渋谷www ※400名限定
 

ツアー

  • 【ごめんなさい、ちゃんと言えるかな】
    • 2012年6月30日  大阪・BIG CAT
    • 2012年7月1日  愛知・Electric Lady Land
    • 2012年7月8日  東京・Zepp DiverCity インターネット生ライブ配信
    • 2012年8月10日  福岡・イムズホール


  • 【ねえママ あなたの言うとおり】
    • 2013年5月31日  東京・渋谷公会堂
    • 2013年6月8日  大阪・なんばHatch
    • 2013年6月9日  愛知・名古屋ダイヤモンドホール
    〈追加公演〉
    • 2013年6月1日  東京・渋谷公会堂

  • 【あんたへ】
    • 2014年1月11日  東京・Zepp Tokyo
    • 2014年1月18日  愛知・名古屋ダイアモンドホール
    • 2014年1月19日  福岡・福岡イムズホール
    • 2014年1月25日  大阪・Zepp Namba
    • 2014年2月8日  北海道・札幌PENNY LANE24
    〈追加公演〉
    • 2014年2月1日  東京・Zepp Divercity Tokyo

  • 【夕日信仰ヒガシズム】
    • 2014年11月1日  大阪・なんばHatch
    • 2014年11月3日  愛知・Zepp Nagoya
    • 2014年11月15日  東京・zepp tokyo
    • 2014年11月23日  新潟・新潟Lots
    • 2014年11月24日  宮崎・仙台Rensa
    • 2014年11月29日  北海道・Zepp Sapporo
    • 2014年12月21日  福岡・Zepp Fukuoka
    〈追加公演〉
    • 2014年12月24日  東京・渋谷公会堂

その他のイベント活動

  • 【anthology1386 cinema show】 - 2014年3月25日  
    • 北海道・ディノスシネマズ札幌劇場
    • 青森・青森コロナシネマワールド
    • 東京・TOHOシネマズ渋谷
    • 東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ
    • 神奈川・109シネマズ川崎
    • 愛知・109シネマズ名古屋
    • 大阪・TOHOシネマズ梅田
    • 大阪・TOHOシネマズなんば
    • 福岡・ユナイテッド・シネマキャナルシティ13


  • 【2nd Full Album「夕日信仰ヒガシズム」ニコニコ生放送にてアルバム一挙見生放送&生ライブ】 - 2014年10月23日

  • 【amazarashi『季節は次々死んでいく』発売記念 新作試聴会&生ライブ】 - 2015年2月19日

メディア、外部との関わり

amazarashiは一切本人のメディア露出をせず、インタビューなどメールのみで行っている。そのためメディアさえも素顔が分からない。

  • 【TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』】
2013年4月11日 - デビュー以来初のメディア出演。
2013年11月19日 - この年2度目の出演。今回も同じく生演出、インタビューを行った。今回は秋田ひろむが思い出のある地と語った東京都練馬区のスタジオ『STUDIO MOTHER HOUSE』にてラジオ放送を行った。
2014年10月1日 - 2nd Full Album「夕日信仰ヒガシズム」より新曲「もう一度」初オンエア。
2015年2月23日 - 生放送教室に出演。

  • 【『僕が死のうと思ったのは』を中島美嘉へ楽曲提供】
2013年07月16日。秋田ひろむがずっと手の中で温め続けてきた曲『僕が死のうと思ったのは』を中島美嘉へ提供。これは中島美嘉からのオファーを受け、最初にこの曲を渡したそうだ。衝撃的なタイトルだが、何気ない日常から見え隠れするのは"やるせなさ"や"悲しみ"だが、それでもこの世界に少しでも期待するのは"愛する人と生きていたい"と最後に救いの光を灯す、究極のラブソングなのだ。2013年07月16日から48時間限定でこの曲が先行公開された。ちなみに歌詞掲載サイトうたまっぷでは公開して6時間で9日付け総合アクセスランキング1位を記録、それ以降1位2位をキープした。

  • 【amazarashiの反響は、海外にまで広がった】
2013年11月13日。amazarashi独特の世界観は海外にまで衝撃を与え、問い合わせが多いことから中国語と英語に対応したグローバルサイトをオープンさせた。

  • 【ニコニコ生放送】
2014年10月27日 - 2nd Full Album「夕日信仰ヒガシズム」アルバム全曲試聴&生ライブ。
2015年2月19日 - 「季節は次々死んでいく」発売記念 新作試聴会&生ライブ。

関連イラスト

amazarashi
さあ祈ろうぜ世界の為に


無題
てるてる坊主たち



外部リンク

  • amazarashi official HP -amazarashiの公式ホームページ。中国語と英語に対応したグローバルサイトもこちらからアクセスできます。amazarashiの最新情報をチェックしよう。



  • amazarashi mobile site 「APOLOGIES」 - スマートフォン・フィーチャーフォン向けの公式サイト。最新ニュース、メディア・ライブ・イベントスケジュール、ディスコグラフィー、メールマガジンなどのコンテンツを無料で提供するサービスの他に、月額会員には限定の壁紙や秋田ひろむのモバイルサイト限定ブログ「秋田日記」や、マネージャーによるブログ「スタッフ日記」、ライブチケット最速先行受付、スペシャル壁紙、BBS、誕生日にメッセージが届くバースデーメールなどのサービスが開始。

  • ゲーム、再考 -個性派アーティストたちによるさまざまなコンテンツが楽しめるカルチャーサイト「型破リヰナ」にて秋田ひろむの趣味であるゲームに関するコラム「ゲーム、再考」が2012年12月3日にスタート。

関連記事

親記事

ロックバンド ろっくばんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「amazarashi」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1281636

コメント