ピクシブ百科事典

吾峠呼世晴

ごとうげこよはる

吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)は、日本の漫画家である。代表作は『鬼滅の刃』。
目次[非表示]

概要

主に週刊少年ジャンプで活動している日本漫画家である。
代表作は『鬼滅の刃福岡県出身。
男っぽいペンネームだが女性だと噂されている。
本人の自画像は眼鏡をかけたワニ
これは「読者をがっちり噛んで離さない漫画」を描くことを目標としているから、らしい。
ファンからは『ワニ先生』の愛称で呼ばれている。

2021年2月、米国ニュース情報誌『TIME』にて、日本人で唯一「次世代の100人」(PHENOMS部門)に選出されたことが発表された(YAHOO!ニュース)

2021年3月、芸術選奨文部科学大臣新人賞のメディア芸術部門に選ばれる(YAHOO!ニュース)
これに対し、感謝のイラストが掲載された

作風

単行本におけるおまけコーナーではホンワカしたやたら女子力が高いコメントをするが、漫画の作風はハードにしてシビア。無常観の溢れる濃厚な人間ドラマ、四肢の欠損や登場人物の死を容赦なく描く。主人公の設定も鬼滅のプロトタイプである『過狩り狩り』では主人公が「隻腕で盲目」、よりブラッシュアップした『鬼殺の流』ではさらに両足義足を追加するなど、その容赦のなさからネット上では「本物の鬼」「人の心を持たぬワニ」「ワニ辻無惨などと評されている。

ただ、そうした作風となるのは吾峠先生が主人公と同じで嘘がつけない性格で、リアルな戦闘描写や命のやり取りを手掛けるためにどうしてもそうなってしまう面があるという。また、先生は読者をとても大切にしていて、アンケートによる分析を重視しているらしい。

昨今のジャンプ漫画には珍しい努力型の天才を地で行くキャラクター作りを心掛けていて、「普通の人間がそんなにすぐ強くなるわけない」という信念を強く反映している。当時の担当編集が、地道に修行する序盤の展開についてジャンプの打ち切りシステムを考慮した短縮化を提案するも信念を通したとインタビューで語っている。

また、ジャンプ編集部によって製作された著書『描きたい!!を信じる 少年ジャンプがどうしても伝えたいマンガの描き方』におけるアンケートの回答によれば、漫画を描く際はわかり易く複雑な設定にしないことを第一としているらしい。
というのも、自分自身が創作物を読んでいてあまりに複雑な設定や専門用語が出てくると、覚えられなかったり理解できず置いて行かれて悲しくなることが多かったからとのこと。
本人曰く、大体の人は聞き慣れない言葉や単語など難しいことをぎゅうぎゅう詰めにして一気に言われると心が挫けてしまうため、特に初っ端はわかり易く感覚に訴えるようにして難しい設定を説明をしないよう気をつけているという。

逸話


関連作品

関連タグ

漫画家 作家
週刊少年ジャンプ
銀魂ジョジョの奇妙な冒険(作者が鬼滅の刃を描くきっかけになったとされており、銀魂側も鬼滅に乗っかった商法をしている)

外部リンク

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「吾峠呼世晴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 663830

コメント