ピクシブ百科事典

鬼舞辻無惨

きぶつじむざん

漫画『鬼滅の刃』のラスボス。本作に登場する鬼達の首魁であり、始祖である。
目次[非表示]

※存在そのものがネタバレのような人物であるため、この記事には『鬼滅の刃』のネタバレがかなり含まれます。閲覧する際はご注意ください。



「違う違う違う違う」

「私は限りなく完璧に近い生物だ」

「私の好きなものは“不変” 完璧な状態で永遠に変わらないこと」

プロフィール

身長179cm
体重75kg
趣味輸入される物品、外国の言葉、新しい機械などを学ぶ
CV関俊彦(擬態時も同じ)
佐々木喜英


概要

吾峠呼世晴による漫画およびそれを原作としたアニメ『鬼滅の刃』のラスボス。
闇夜に跋扈する全ての人喰い鬼を統べる首領。
主人公炭治郎にとっては家族を惨殺し、禰豆子を鬼へと変貌させた因縁の相手であり、鬼殺隊が千年に渡って打倒を目指してきた怨敵

人を鬼をに変える血を持つ鬼の始祖でもあり、唯一の例外を除いて全ての鬼は彼によって鬼に変じた元人間である。
彼の血はただ人間を鬼に変えるだけでなく、鬼にさらに血を与える事でその力を強化する特性も持ち、与える血の量によって鬼の階層を決めている。
ただし、本人の素養を超えた量の彼の血が注ぎ込まれた場合は、人間でも鬼でも関係なく肉体が変容に耐え切れずに崩壊して死に至る劇薬である。
自らが生み出した全ての鬼と後述する“呪い”を通して繋がっており、感覚や視覚を共有したり、その思考を読む事も可能。さらに鬼が受けた毒などの情報をその鬼の体を通して得て、抗体を作ったり、その情報を配下の鬼に共有する事も可能である(この情報共有のおかけで鬼には基本的に一度使った毒は効かない)。
無惨からの距離が離れる程にこれらの能力の精度は落ちるが、それでもどれだけ離れていても全ての鬼の位置情報は常時把握できる。その為に、“呪い”を解除しない限り、鬼はどこにいようが無惨の監視下からは逃れられず、無惨の意に反した行動もできない。
そしてこの繋がり故に無惨が死ねば彼から生まれた全ての鬼は死滅する。

つまり、千年にも及ぶ鬼と人との戦いを終わらせるためには彼を殺すしかない。


人物像

どこまでも自分本位で傲岸不遜を地でいく暴君。
一見、紳士的で落ち着ついた人物に見えるが、その実、ひどい癇癪持ちで、極端なほど短気で気難しく、その場の気分しだいで多くの人間を無感情に殺め、それらの所業に微塵の罪悪感も抱かず、恐ろしいほど迷いがない鬼畜である。

「限りなく完璧に近い生物」と自称するだけに極めて強大な力を持っているものの、それに似つかわしくない臆病で慎重な面も持つ。
そういった性分故に幾多の配下を従えつつも無惨は彼らを誰一人信用してない。
そのため配下達はもし無惨に関する事を許可なく喋ろうものなら(それこそ名前を口にしただけでも)その身が滅び去ってしまう“呪い”をかけられているだけでなく、彼の気分しだいで幹部である十二鬼月であろうと問答無用で処刑される。

鬼舞辻無惨


しかし、冷静さや忍耐とて無いわけではなく、市井に紛れているときに酔っ払いに絡まれた際は(結局、殺してしまったとはいえ)素直に「すみません」とやり過ごそうとしたり、千年間も鬼殺隊の追跡を逃れて姿を眩ましつつ、鬼の存在が表沙汰にならないよう裏で周到に立ち回る行動力もあり、鬼の首領でありながら人間社会に溶け込んで過ごす。
ある時はモダンな紳士「月彦」、
ある時は利発な少年「俊國」、
ある時は妖艶な芸妓の女性
に姿を変えており、その際には妻子を連れていたり、富豪の養子になったりと人間の家族に紛れて暮らしたりもしており、荒事さえなければ静かに日常を過ごしている。

ちなみに「俊國」の姿は、太陽を克服する薬開発の場所の確保の為の姿。
芸妓の女性は、人間を使った青い彼岸花の捜索と情報収集の為の姿。
そして「月彦」の姿は、芸妓では無理な情報収集や資金集めの為にそれぞれ使い分けている。

一方で、
向上心が強く強さに執着する者や、
人間時代の悲痛な境遇によってより性格の歪んだ鬼になった者
便利で使い勝手の良い血鬼術を持つ者

などを好む傾向にあり、そういったお気に入りの鬼を何かと優遇し、ふんだんに血を与えてもいる。

鬼の世界で成り上がるどうかは
無惨に気に入れられるか否か
一つに懸かっていると言っても過言ではないのだ。

総じて、徹底的な実力主義からなるアメとムチを巧みに操って反抗心を徹底的に摘み取り、自身を慕う部下をおだてては容赦なく使い捨てては、自分の都合に良いように動かすことに長けた人物であり、
指導者としては無能だが、
独裁者としてはこの上なく有能といえよう。

自己中心的な人物であるため、大切な者の仇を討つ為に身命を投げ打つ鬼殺隊の行動原理が理解できず、異常者の集まりだと思っており、自らを天災に準えて犠牲になった命を一切顧みず、自身の行いをさも自然の摂理とばかりに語って正当化する無自覚な傲慢さを見せている。
そもそも最強の精鋭を多数擁する無惨にとって始まりの剣士以外の鬼狩りはたいした脅威ではなく、その剣士亡き今となっては早速、鬼殺隊など『いつでも叩き潰せる害虫』としか思っていない。
(しかし、その余裕も日輪の耳飾りを持つ炭治郎と遭遇したことで一気に崩れ去り、以後は十二鬼月の鬼に命じて彼の抹殺に深く執心するようになった)
事実、その極めて唯我独尊な精神はどこまでも揺るぎなく強固。

ファンブックにおいては上記を総して「人間的感性がなく、共感性が極めて低い、人間というよりも昆虫に近い」と記載されている。 まごう事なき「本物の鬼」、それが鬼舞辻無惨という男なのである。

独裁者として

基本的に自らは表には出ない上、ワンマン、気まぐれ、傍若無人、無慈悲、残忍、極悪非道…と実に見事なブラック要素てんこ盛り。
そして彼が直接姿を現し、口を開けば痛烈な罵倒が飛んばしてくる。
事あるごとに幹部を集めては理不尽な怒りをぶつける様はブラック会議、その「会議」にて部下を殺している事から十二鬼月討伐数一位と言われたりすることも。

実際、作中で十二鬼月を葬った数は炭治郎の四体(下弦一体+上弦三体)を超えた五体(下弦四体+上弦一体)。
特に下弦四体を無意味に殺した事による損害は甚大であり、作戦に動員できる面子を一気に失ってしまった結果、大規模な行動が取れなくなった事で、結果的には鬼殺隊に鍛練や研究などの万全の準備等の為の時間を与えてしまってもいる。

成果を挙げれば相応の褒美・評価を与え、上昇志向を持つ者をそれなりに大切にすることもなくはないのだが、無論、部下の死を悲しんだり悼んだりするような情は一切持ち合わせていない。
最悪、配下の鬼が全滅したとしても、
己さえ生きていればいくらでも駒を揃えられる
と、本気で考えている節がある。

そんな彼でも一部の実力者から強い忠誠を誓われているのもまた事実で、例を挙げれば

  • 無慈悲な自他への仕打ちに感動した魘夢

  • 出逢いの感動の余り、無惨を教団の現人神として熱心に崇拝した童磨

  • 無惨を主君と定めて忠誠を誓い、思考の読み取りによる恐怖政治すら「気を遣わなく済んで楽(要約)」と気楽に感じて許容していた黒死牟
などがいる。

何故、彼がこれほど部下の鬼達を無下に扱うのか?

それは、

ただ単純に無惨が強いからである。

究極に限りなく近い無惨からすれば、あの上弦の鬼ですら無駄な面倒事を少しでも減らすための雑用係でしかなく、最強の懐刀たる黒死牟が戦死した時でさえ一切の動揺を見せなかった。
いざ自らが戦場に立てば、毎分弱体化している状態でも桁外れに強い。
自称通り、天災じみた破壊力に任せて腕をでたらめに振り回すだけで鬼殺隊の隊士達全員を一蹴し、想定外の事態も理詰めで元を探りつつ、常に即死級の攻撃を連発、反撃のチャンスもことごとく潰す、まさしくラスボスに恥じない理不尽な戦闘力を誇る。

最初からお前が戦え!」と言いたくなるところだがそうしないのにも理由がある。

その生存力


無惨の目的は至極単純に「自分が生き延びる事」
普段は周到な擬態により人間として市井に紛れ、戦闘でも生命の危機を覚えたら恥も外聞もなく、逃走を選択する。
また『死』に対して過剰な畏れを抱いており、圧倒的な力を持ちながら自身は決して鬼殺隊と戦おうとしないのも、人喰い鬼を増やし、精鋭たる『十二鬼月』を直属として選別して、彼らを手駒として戦わせているのもその慎重さの表れであろう。

何故、完璧に限りなく近いはずの無惨が鬼狩りの剣士を恐れるようになったのか?

それは、かつて乱世を極める戦国時代で遭遇した日輪の剣士に生涯初の敗北を喫したことに起因する。

永久無敵を誇る自身の肉体をただの一撃で切り刻まれたことに驚愕、凄まじい怒りと屈辱を覚えた無惨は剣士が当時連れて歩いていた珠世という女の鬼に剣士が気を取られているスキを突き、自らを数千の肉片に変え、文字通り“しっぽを巻いて逃げ出した”。

しかし、無惨は復讐を考えるどころか、まともに戦っても勝てないと判断するやいなや
相手の寿命が尽きるまで数十年以上逃げ続ける不老不死の特権をフル活用した実に合理的で、しかしあまりにも卑怯な反則技でその男との戦いを終わらせたのである。

そのなりふり構わない「生き汚さ」もまた無惨の厄介さの一つであり、結果から見れば生き延びるためには手段を選ばない賢明な立ち回りだったという側面もある。

想いを継げなかった鬼の王


そんな無惨とて伊達に千年生きてきた訳ではなく、
数百年間貯え続けた見識
未知の現象を前にしても知識を応用して対処できるだけの冷静な判断力
いざという時には長期間の潜伏も辞さない忍耐力
そして鬼の祖としての圧倒する強さがある。
無能者どころか優秀すぎるほど優秀である。
実際、無惨は「究極に限りなく近い」のだ。

だからこそだろうか?
無惨は「究極に限りなく近い」からこそ、誰も必要としていないのである。

どれだけ配下を増やしたとしても、本質的には部下を替えの効く駒としか見ることができない。

これは宿敵の産屋敷が、構成員の一人一人を消耗品ではなく意志ある人間として扱い、戦う目的と理想を与えて、かつ産屋敷自身がそれを体現して組織をまとめ上げたのとは、どこまでも対照的である。
実際に、無限城での総力戦という最終局面に至ってまで、配下の上弦の鬼達は個々に好き勝手に戦っていただけであり、柱達のような良い連携を見せる者は誰一人いなかった。

死と変化を、ひいては想いを継ぐ事を否定し続けた無惨は、まさに「鬼滅の刃」という物語のラスボスにふさわしいだろう。

能力・技

強い。

生物”として他の全てをあらゆる面で圧倒的に超越している
人間と比較すれば隔絶した能力を持つ鬼を更に大きく超越しており、人間を鬼化させる能力を唯一持っているなど、正確には最早鬼ではなく鬼の上位種の生物と表現する方が近い。
このために、日輪刀で頸を斬り落とされてもに至る事はなく、日の光以外では絶対に滅ぼせない
他にも鬼の始祖であるが故に、自身が作った鬼達の細胞を破壊する事ができ、基本的に不死の存在である鬼を問答無用で殺す事ができる唯一の存在である(他の鬼の場合は、相手を完全に無力化した上で太陽に晒して焼き殺すという間接的なやり方くらいでしか、問答無用で同族を殺す事はできない)。
単純な身体の力も凄まじく、全力でその場から逃げ出した"下弦の参"や、不用意な言葉を口にした"上弦の伍"らを、彼らに認識されるよりも前に一瞬で頸を刎ね飛ばしたり、己を包囲していた鬼殺隊隊士達を一瞬で虐殺したりとまさに神速。
まさに“最強”すらも容易く超越する。
実際に作中では、継国縁壱鬼の王に次ぐ実力を持っている。

しかし逆に言えば、無惨は単純に身体スペックが桁外れだから強いというだけであり、戦略眼や戦闘技術そのものも目前の相手をただ薙ぎ払って脅威を排除する雑なもの。
文字通り〝完璧に限りなく近い生物〟が故に鍛錬して己を高めるという発想が最初からないのだ。

他にも血液を自在に変形させ、血液を有刺鉄線状に変化させて敵を打ち据える『黒血 枳棘(こっけつ ききょく)』などの技を持つが、悲鳴嶼行冥に一蹴されても大した反応もなかったあたり、ほんの小技程度なのだろう。

この血鬼術を抜きにしても、原初の鬼としての血を攻撃に混ぜるだけでも常人にとっては即死級の代物である。無惨が人間を鬼に変える以上の量を注入するだけで、人間は細胞が崩壊して即死する。

日輪刀で傷を付けても、刃が身体に入った瞬間から再生するという異常な速度の再生能力で即座に再生する為に、彼の身体に傷をつけるのは事実上不可能である。そして頸を斬られても死なない不死性のからくりは、人型の肉体の中に心臓と脳をいくつも有している為。かつて継国縁壱が追い詰めた時点では、心臓を七つ、脳を五つ有していた。
そして再生の結果、現代でもその異様な構造は健在であり、その不死性の要となっている。

過狩り狩り

作者が新人漫画賞に投稿して佳作となりジャンプに掲載された読み切り作品「過狩り狩り」には、「白いスーツとソフト帽に黒ジャケットとネクタイで残忍な性格の鬼」というキャラクター「時川」が登場している。
作中では外国から来た吸血鬼のような存在が縄張りを荒らすため、珠世や愈史郎と協力して撃退しようとするなどダークヒーローのような立ち回りをしていた。

劇場版

第一弾『兄妹の絆』では名前も存在も不明だったため、第二弾『無限列車編』での1カットが初登場となる。しかし想起するのが魘夢なので、彼が登場したTV26話の姿であり、原作・TVとも未見の層からは「鬼滅の刃のラスボスは極妻系和風美女」という感想がちらほら挙がる事態となった。

キメツ学園

日本を乗っ取ろうとしている悪い政治家「鬼舞辻議員」として登場。
悪事をいつも邪魔されてイラついているが、産屋敷の差し金だと分かってもいてスパイを送り込んでいる。ファンクラブもあるとか。

外部出演

コトダマン

冥属性・魔族のコラボユニットとして登場。
イベント期間中、高難易度バトルのボスとして登場するのを撃破する他、専用アイテムと交換する事で入手できる。進化できないユニットの一人。
すごわざ「冷酷無情」は福の数が多いほど威力が増す特徴があり、最大火力を発揮するにはバトルや交換所で無惨を何度も入手する必要がある為、他の鬼滅コラボ出身ユニットの鬼と比較すると育成に手間がかかりやすい。
その他の性能としては、言葉を設置した時にHPを僅かに回復したり、チェンジマスが出現した場合に限り「む・ざ・ん」の3文字が使えるようになるなど、何気に強力。
鬼滅コラボ出身ユニットの中では唯一の冥属性でもあるのも特徴。
鬼なので当然だが、鬼滅のコラボキャラクターの多くが持つ「鬼殺の同士」の効果を持っていない数少ないユニットの一人故に、鬼滅コラボの恩恵を受けにくいのが難点。

モンスターストライク

第二弾コラボにて、闇属性の超究極クエストボスとして登場する。ただしドロップ報酬としての入手は不可能で、代わりに限定の称号などが入手可能。
ただでさえモンストのコラボ超究極は難関揃いなだけに、本作のラスボスである彼が降臨ししかもニュース内でコラボ史上最難関と発表までされただけに、ストライカーの多くは戦々恐々としていた。

そして2022年3月25日19時、遂に降臨。
その難易度は前述したとおりコラボ史上最難関と呼ぶに相応しいものであり、多くのプレイヤーが瞬殺される阿鼻叫喚の地獄であった。このコラボイベントでは同じく超究極のボスとして猗窩座妓夫太郎&堕姫が登場したが無惨の難易度はそれらの比ではなく、第一弾コラボで多くのプレイヤーを苦しめた鱗滝左近次の火属性縛りミッションすら軽く上回っている。
クエストギミックはダメージウォールと反射制限、HP個別、ハートなしとシンプルなため、適正は広い。だが、クエスト内の敵は、ハンシャインと反射制限とゾンビ以外がすべて即死攻撃を持っており、さらにはその敵は蘇生される。雑魚敵のHPも高く、ハンシャイン、小鬼(紫)雑魚、小鬼(黄)雑魚、ゾンビが約700万、大鬼は、ステ1では約2500万、ステ5では約1000万である。さらに、大鬼(ステ1のみ)と無惨は一発で10万食らう伝染霧を放ってくるため、同じキャラの使用は完全非推奨(イラスト違いは可)。また、ハンシャインの反射レーザーもかなり痛く、光属性で2万くらい食らうため、味方の配置によっては即死する。それに加え、ほとんどの雑魚が壁と雑魚の間か雑魚と雑魚の間でカンカンして倒さなければならないが、小鬼(紫)、大鬼、無惨は、近距離にいる味方に大ダメージを与える貫通拡散弾を放ってくるため、近くにいると大ダメージを食らう。さらにこのクエストでは魂の紋章が無効なため、伝染霧を防いだり、ユーレイ状態になった時のSS遅延を防いだり、敵に対して紋章で火力を上げることはできない。また、小鬼(黄)は敵の攻撃ターンを短縮するので、放置すると敵の即死が早まってしまう。このように雑魚を放置するととても危険だが、ボスの無惨はHPが各ステージごとに約1億3000万あり、場合によってはボスをゴリ押さなければならない。ボスが撤退すれば小鬼雑魚は撤退する。また、このクエストの回復手段は主に、反射制限を倒したときに出る回復フレアだが、反射制限は無限に出てくるわけではないので、倒しすぎると回復できず詰む。
クエストの適正は主に、シャーロックホームズやゴッドストライク、アルキメデス、キスキルリラ、綾波レイ、竈門禰豆子など、敵に対してキラーを持っているキャラや、回復アビを持っているキャラである。また、空閑遊真やパスカルの友情のスピードアップはサポートに役立ち、パスカルのダメウォドンはボス削りに有効である。
また、このクエストで最も大事なのは実の厳選といっても過言ではなく、ユーレイ状態から回復できるちび癒しや、攻撃力を上げる加撃系などがほぼ必須である。
クエスト内では、無惨によるパワハラ会議の様子が忠実に再現されており、王貴人という琵琶を奏でる女モンスターの手によって画面が暗転して敵の配置転換が行われたり、ラスゲでは下弦の鬼たちが土下座する場面が再現されているなどネタにも事欠かない(ただし無惨は部下を粛正せず寧ろ蘇生されるという本編とは真逆の行動を取る)。

余談

担当声優の関俊彦はさまざまなラジオや対談などで無惨について触れられる度「自身が悪役を演じるに当たって、その悪役にも何らかの人間的に同情できる理由がちゃんとあることが多いので、普段悪役をやる時はその部分を意識しているが、鬼舞辻無惨だけはほんっっっとに悪い奴」と強調までしている。

関連イラスト

無題
鬼滅まとめ


鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨


無惨
鬼舞辻無惨という男
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨



関連タグ

鬼滅の刃 十二鬼月 鬼(鬼滅の刃) 青い彼岸花
パワハラ 臆病 ラスボス 美形悪役 悪のカリスマ 不死身

関連・類似キャラクター

  • モモタロス(仮面ライダー電王):中の人繋がりの鬼。ただし見た目も中身も正反対。尚、彼のの中の人は一人を除いて全員本作アニメに出演している。
  • 辻斬りナギリ(吸血鬼すぐ死ぬ):こちらも中の人繋がりの鬼(正確には吸血鬼)。「分霊体」と呼ばれる自分の魂を移した人形によって無惨と同じ不死能力を持っていたが、あるきっかけでその不死性を失い、弱体化してしまう。それ以降、ダチョウに轢かれたり騒動に巻き込まれたり宿敵であるはずの人物に正体を知られぬまま粘着される等、憎めない悪役化している。彼もまた無惨と同じ重苦しい過去を秘めているが、無惨とは違ってかなりの哀しい過去である。



  • 雅(彼岸島):人間を異形の鬼にする凶人で、カリスマ溢れるが器が小さい。しかし日光に弱く、兵士は自分でしか作り出せない無惨と違い、彼は現在では生成法が不明となった特別な薬を投与されない限り日の光を浴びようが首を落とされようが不死身なうえ、下位の個体でさえ容易く人を鬼に変えてしまう。そのため鬼殺隊のような大きな組織も、対抗策もなかったとは言え、作中の日本侵略を達成している。

  • ヴォルデモート(ハリー・ポッター):こちらも無惨並のブラック上司であり、度を越した自己中、絶対的な不死性を求める、愛情や共感性を欠く、敵はおろか味方でも感情的に殺害する、冷静さを保っているときは無益な破壊や殺生を控えるなど、非常によく似たキャラクター。また、彼の討伐を目指すアルバス・ダンブルドア産屋敷耀哉とよく似ている。


過去

※これより先はネタバレ有り















「遂に太陽を克服するものが現れた……!!よくやった半天狗!!」
「これでもう青い彼岸花を探す必要もない クククッ永かった…!!」
「しかしこの為 この為に千年増やしたくもない同類を増やし続けたのだ」
「十二鬼月の中にすら現れなかった稀有な体質 選ばれし鬼」
「あの娘を喰って取り込めば私も太陽を克服できる!!」

始祖なる鬼といえど元から人ならぬ者だった訳ではなく、平安時代に人間の男性として生まれた。
後の産屋敷家に繋がる貴族階級の人間であったらしく、屋敷に住んでいた描写がある(千年以上前の事になる為に、無惨と耀哉自身は超がつくほど遠縁という事になるが、二人の顔は双子のように瓜二つだと16巻のおまけページにて描かれている)。

先天的に虚弱な体質であり、母親の腹の中にいた頃から心臓は何回も止まり、生まれた時には脈も呼吸もなかったために死産と判断され、荼毘に付されようという際に息を吹き返した。
当時の医師からは「二十歳になるまでに死ぬ」と言われていたが、そんな彼が少しでも生き永らえるようにと苦心していた善良な医師がいた。
医師は無惨の病状が良くなることを願い、まだ試作の段階であった新薬を処方したが、それでも悪化の一途を辿っていった事に癇癪を起した無惨は、背後から刃物で医師の頭を割り殺してしまう

しかし皮肉な事に、それから間もなく薬の効果が現れて無惨の体調は良くなっていき、更には常人離れした強靱な肉体を手に入れるもそれと同時に日光の下に出られなくなり、人の血肉を欲するようになる。彼が“最初の人喰い鬼”となった瞬間である。
食人衝動は人を喰えば済むと問題にもしていなかったが、昼間の行動が制限されてしまう事は酷く屈辱であった為に、彼は日の下でも死なない体となるべく医者が自分に処方した薬青い彼岸花の調合法を調べた結果、実際に青色の彼岸花が使われていると突き止めそれを探し始めたが、千年以上に渡って日本中を探し回っても、生息地や栽培法さえ判明しないままであった。


その為にこれ以降は、当時その医師が住んでいた地域である、後の「東京」周辺を中心に主に活動するようになる(実際に、炭治郎と初対面した場所も東京だった)。

そうして彼は日光の克服の為に、『青い彼岸花を見つけ出す』事と、増やした『同類の鬼達の中から日光を克服できる者を生み出す』事を最優先事項としており、青い彼岸花を使って完全なる鬼化の薬を開発するか、日光を克服した鬼の力を取り込むかのいずれかの方法で、自身が日光を克服した完全なる不老不死の生物となる事を最終目的として千年間活動してきたのである。

即ち千年に渡って生きてきた鬼の始祖の目的は、世界征服等の大きなものなどではなく、自分が永遠の命を得て好き勝手に生きたいという極めて小さな目的だったのである。

産屋敷家が代々短命を宿命づけられたのも、一族から無惨という怪物を生み出してしまった事による呪いだと耀哉は語っている。
これに対し無惨は「逆恨みも甚だしい、自分にはそんな呪いは降りかかってきていない」と切り捨てている。しかし無惨が倒された後の産屋敷一族は、人並みかそれ以上の寿命を得ている為に、やはり無惨の出現を原因とした一種の呪いをかけられていた可能性が高い。

ちなみに鬼に関しては、自身の手駒となる強力な鬼を生み出す事と、前述の日光を克服する鬼を生み出すという目的の為に増やしていただけで、無惨自身としてはあくまで不本意に作り出していたようであり、半天狗の戦闘によって「太陽克服の手がかり」を発見した際には、初めて他人を罵倒なしで称賛しつつも、配下の鬼の存在を増やしたくもない同類とすら言い切っている。
特に、呼吸を使える鬼殺隊士を鬼にする事に関しては、戦国時代に実験的に作った以降は、その手間とリスクの高さから完全に興味を失っており、作中ではその上弦が推薦したを気まぐれで鬼にしたものの、穴埋め兼時間稼ぎ程度に利用しただけで関心は殆どなかった。

加えて人間だった時代に妻を娶った時期もあるのだが、この時から人の負の心理の観察に長けており、生来の共感性皆無の毒舌で、5人いた妻全員を自殺に追い込んでいる。 このように、人間だった頃からその本性は現在と何も変わらない人物だった。

ちなみに無惨が医者を殺した理由は、これまた純粋な癇癪であり、一部からは彼岸花は猛毒の花とされていた為、「猛毒の花を処方された事により、病状が悪化の一途を辿っていた事を毒を盛られて殺されると思ったのでは」という意見も出たが、無惨が自分が処方された薬に青い彼岸花が使われていた事を知ったのは医者を殺した後と明言されているので、その可能性は極めて低いと言える。

『無限城決戦編』にて

更にネタバレ注意(単行本21巻~23巻)




















鬼滅本誌注意 私がこれから皆殺しにする


「誰も彼も役には立たなかった 鬼狩りは今夜潰す 私がこれから皆殺しにする」

産屋敷耀哉が繰り出した最期の自爆、
珠世が作った人間化の薬、
鬼殺隊最強の悲鳴嶼が振るう渾身の一撃を受け、
無限城に鬼殺隊を落とした後に肉の繭で回復を待っていた無惨だったが、第180話で遂に復活。
髪は白く染まり、体の大半が大量の口がついた赤黒いものに覆われた異形の姿へと変貌を遂げ、部下の上弦がほぼ全滅した事で、
とうとう自らの手で鬼殺隊を殲滅する事を宣言する。

覚醒後の戦闘・能力


強い。

これまでの多くの鬼が血鬼術による搦手を用いてきたのに対し、無惨は殆どそれを用いず、鬼としての人智を超えた身体能力に任せたあまりにも暴力的な力押し戦術を用いる。
ただし作中では、珠世の薬の影響で血鬼術を自由に行使できる程の力が回復していなかったから使わなかった可能性が高く、平時の状態でも血鬼術を使わずに戦っているのかは不明。
ただし、『ゴリ押し』とは言うものの、無惨の腕力自体が上弦の鬼すら比べ物にならない規格外のものなのでその脅威は計り知れず、弱体化した状態でさえ柱五人と炭治郎、善逸伊之助カナヲの九人を同時に相手取った上でなお優勢で、かなりの余裕をもって鬼殺隊の精鋭を相手どった。
また、下記の「管」のように身体構造自体が自由に変化し、その外見も攻撃手段もまさに変幻自在である。
そもそも、無惨には決まった姿形そのものが無く、人型の生物と認識して戦う事自体が禁物なのである。
前述通り、複数の心臓と脳を有しているのだが、この心臓と脳の位置すら流動的に変化する。

前述の通りパワハラ会議では、離れた場所にいる部下の鬼の頸を一瞬で手元に引き寄せるという能力を見せていたのだが、これは単純に腕を視認できない程の速度で伸縮させて、頸をもぎ取っていただけである。

また、下記の能力の数々で柱を初めとした多くの鬼殺隊士を苦しめ続けた無惨だが、作中では無惨との戦闘が本格的に始まった時点から、後述する珠世の薬の影響で弱体化が毎分進行している状態だった為に、実は本編では一度も無惨は全力を出して戦えてはいない。

唯一、単独で万全な状態の無惨を追い詰めた剣士は後にも先にも継国縁壱ただ一人である。

両腕を変化させた肉塊の如き極太の管二本、背中から伸びる先端に骨の様な刃の着いた血管状の細い九本の管、合計十一本の管を武器とする。
振るう管はリーチが非常に長い上に柱ですら回避が困難な程高速であり、周囲の建造物をズタズタに引き裂く。
無論直撃すれば即死級、掠っただけでも傷口から無惨の血液を毒として注入され、細胞を破壊されて死に至るというからえげつない。
なお、管は無惨の意志によって自在に生やす事が可能で、上記の姿での戦闘に相手が慣れてきたタイミングで不意打ちのように管を増やして攻撃する事も可能。
最終決戦では、腿から他のものより高速で振るわれる八本の管を瞬間的に生やして攻撃する事で、無惨との闘いに光明を見出したばかりの七人に、戦闘不能になる程の重傷を負わせて吹き飛ばした。

  • 風の渦
全身に生じた口による吸息により、強烈な吸い込みを伴う風の渦を生じさせる。
この渦も言わずもがな凶悪な威力を誇り、触れた部分の肉が抉り取られる程である。渦自体の大きさもある程度は調節可能で、 回避しようにもあまりの吸引力に引き寄せられて、大振りな回避動作を取らざるを得なくなり、通常の何倍もの体力を消耗してしまう。
無惨はこの渦を上述の触手と合わせて繰り出す事により、触手を回避した相手の裏をかくように巻き込もうとしてくる。

  • 空気弾
全身の口から吸息した後、その息を高圧で吐き出して攻撃する。
ただの空気と侮るなかれ、周囲の建造物や地面にクレーターを作る程の威力を持つ。

  • 衝撃波
身体を斜めに横断する形の巨大な口を開き、稲妻のような衝撃波を放つ。
直撃を受ければダメージだけでなく神経の動きを狂わされ、呼吸を維持出来なくなる。単純な攻撃ではなく血鬼術の一種であり、日輪刀を自身の体に刺す事で解除できる。
遠く離れた場所にいる産屋敷輝利哉やその妹達にも衝撃が届いていたが、これは彼等が「目」を使って戦況を把握していた為に、それを介して衝撃波が飛んだようである。
ただし、発動には相当な体力を食うらしく、九千年分の老いと激戦の疲労が重なった作中の無惨では連発はできず、伊之助相手に使用を試みた際には地面に十字の傷を刻んだだけで不発となった。

場所を問わず肉体を変化させて牙口を作り出す。覚醒直後にはこれを使い、鬼殺隊士を攻撃と同時に捕食して養分にしていた。
窮地に陥った際には体全体に巨大な口を作り、眼前の炭治郎を噛み砕こうとしたが、蛇柱が身を挺して防ぎきった。

  • 肉の鎧
鬼殺隊の限界を超えた追撃と、遂に射した暁光の前に曝した最後の姿。全身の肉を分厚く盛り上がらせ、人の背丈の数倍はあろう巨大な赤子のような姿に変化する。
動きこそ鈍重になってしまうものの、その厚さをもって日輪刀を含むあらゆる攻撃に耐える事ができ、短時間であれば日光の下でも活動ができる他、機動力の低下を補うように地面潜航能力を使えるようになる。また、その巨大な体躯と重さは強力な武器にもなり、無造作に拳を振り下ろすだけで自動車を叩き潰している。
残存した鬼殺隊数人がかりを列車の客車ごと押し返し、満身創痍とはいえ隊士数人以上の怪力を発する悲鳴嶼に拮抗してみせるなど、太陽光に全身を焼かれて格段に弱体化してさえ一厘でも力を抜けば逃亡を許しかねない。
赤子のような姿は後述の過去により、赤子の頃から死にたくないという生存本能が極めて極大でそれが一切変わっていなかったという意味では本質を表現している。

しかし、度重なる弱体化により自慢の再生力は既に底を尽き、陽光の下に引きずり出されたとあって既に虫の息も同然の状態。そんな最後の悪あがきの段階さえ予断を許さないのが無惨が無惨たる所以でもあり、鬼殺隊全員が死に体を引きずって命懸けの戦いを余儀なくされた。

戦績

遂に本気を出し、鬼殺隊殲滅に乗り出した無惨。復活直後から鬼殺隊隊士達を布切れのように引き裂き、復活後の養分に捕食しながら無限城を飛び回る。
途中、炭治郎と義勇に遭遇して言葉を交わすも炭治郎の逆鱗に触れた。
それも意に介さず葬り去ろうと襲い掛かるが、途中から愈史郎鳴女の脳を支配されてしまい、無限城の操作権限を掌握されて邪魔立てされた為に、止む無く遠隔操作で鳴女の頭部を潰して無限城を放棄、地上に出る。
大半の柱や主要隊士が揃う中で第二幕開戦となるが、脅威の不死身ぶりと圧倒的な破壊力で鬼殺隊を寄せ付けず、終始主導権を握っていく。

しかし、珠世が己が身に仕込んだ薬は人間返りだけではなかった。

ここから珠世の仕込んだ「老化の薬」がいよいよ目に見える効果を現し始め、無惨の体力そのものを奪い始める(実は、復活した時点から無惨の髪色が白くなっていたのはこの薬の影響であり、この時点で無惨は実に九千年分も老化していた)。
隙を見て飛びかかった炭治郎を『管』で昏倒させるも、今度は柱達の猛攻が開始され、無惨への包囲網が徐々に形成されていく。
その合間で炭治郎は愈史郎に治療され復帰し、夢の世界で先祖と耳飾りの剣士との最後の語らいからヒノカミ神楽の真髄を見出して無惨へ喰らいつく。
鬱陶しさに、五百年前同様に分裂して逃走を図るが、既に珠世の第三の薬「分裂阻止」が無惨の肉体を蝕み、分裂による逃走を封じられてしまう。
なおも夜明けまで粘る鬼殺隊に、怒りを爆発させ襲い掛かる無惨。
夜明けまで小一時間を切ったその時、珠世最後の仕掛け「細胞破壊の薬」によって最大の武器である再生能力に歯止めをかけられ、遂に窮地に立たされる。
敗色を察した無惨は、一も二もなく逃走を決意。だが善逸・伊之助・カナヲたち新鋭の隊士が到着し、退路を断つべく奮戦。隙を見て体勢を立て直した柱たちも加わり、一丸となって無惨を追い詰める。

その執念により、遂に夜空に暁光が射す。
急いで影に隠れんとする無惨に、炭治郎と義勇が喰らいつくと、無惨は肉の鎧を発動させて抵抗。炭治郎を肉に巻き込んだまま暴れだした。
それでもなお鬼殺隊に阻まれ、陽光から逃れようと地中へ潜るが、悲鳴嶋を筆頭とした鬼殺隊一丸の綱引きに思うように潜航できず、やっとの思いで振り切り――

呑み込まれた炭治郎が最後の足掻きに渾身の拳を腹へ見舞い、痛みに悶絶した時点で鎧が崩壊。

そのまま明けの空の下太陽に焼かれ、遂に鬼舞辻無惨は消滅した。

その最期

死の間際、彼は自身が死産の淵から甦ってこの世に生を受けた事を思い出す。
ただ「死なない」という一念に駆られ、捻じくれた精神をもってなお生に執着した男は宿敵の信念と自らの敗北を認め、敵の力の大きさにようやく気付くのだった。

そして自らの滅びを悟った彼は何世代にも数百年にも渡って自らに命懸けで挑んできた者たちの「想い」に感動を覚え、自身も彼らのように“想いを繋ぐこと”を決意する。

最期の最後で…孤独な鬼の王は自分以外の誰かに目を向けたのだ。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「鬼舞辻無惨」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「鬼舞辻無惨」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75298521

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました