ピクシブ百科事典

鬼舞辻無惨

きぶつじむざん

漫画「鬼滅の刃」の登場人物(メイン画像右側が最初に見せた『姿』)。人喰い鬼の原種であり、主人公・炭治郎の仇敵。
目次[非表示]

概要

千年以上前に、一番最初に鬼になった人喰い鬼の原種にして首魁。
悉く万物を堕とす無明を現に齎した禍霊(マガツヒ)。人の手では祓う事の叶わない、最悪の災厄。

主人公の炭治郎にとっては家族を惨殺し、禰豆子を鬼へと変貌させた仇敵である。

その血は人間を鬼に変える事ができ、鬼にさらに血を与えると力が増強される。この能力を持つのは、鬼舞辻ただ一人である。
しかし配下を誰も信用しておらず、もし鬼舞辻に関する事を喋ったり、名前を口にしただけでも、その身が滅び去ってしまう“呪い”が、配下全員にかけられている。

存在が“一定”ではなく、ある時はモダンな紳士、ある時は妖艶な花魁、ある時は利発な少年とその時々で姿が変わる。だけに留まらず彼/彼女の周囲の人間も『彼/彼女が昔から居た』かのように振る舞い対応する。たびたび姿を変えると同時に周囲の人間を洗脳しているのか、同時に複数の自己を存在させられるのか、現状では不明。

炭治郎がつけている花札風の耳飾りには、何か過去の因縁がある様子。

人物

八百万の悪意が集い、顕現したかのような自我を有しており、極めて冷酷にして残忍。
自らを完全生物(に限りなく近い存在)と評しており、人間だけでなく鬼に対してすら一切の慈悲を見せない。
事実、その強すぎる血の力は一定量で人間を人喰い鬼へと変貌させるばかりか、受け手の人間側の素養を超えて注ぎ込んだ場合は、人間の細胞が変容に耐え切れず崩壊を起こすほど。

自負の通り“完全生物”と言えるほどの力を有しているがしかし、『何か』対して過剰な畏れを抱いている面があり、鬼殺隊の前に姿や能力を晒す事を極度に嫌って、周到な擬態により人間として市井に紛れている。
このため自身は決して鬼殺隊と戦わず、人喰い鬼を増やしては、さらに精鋭たる『十二鬼月』を直属として選別して戦わせている。
なお、鬼に対しては後述の通り絶対服従の“呪い”をかけているため、彼ら(鬼達)の前にしか姿を現そうとしない鬼舞辻の在り方は、珠世が評したとおりの「臆病者」の面が垣間見られる。

鬼舞辻の血を注ぎ込まれた人間が、その血に適応できた場合に変異して生まれる超越生物。

身体能力

日光に照らされる以外には不老不死であり、四肢を失っても短時間で再生するのはもちろんの事、頭部だけになる、あるいは頭部を粉砕されても生存(再生)できるほどの、生物としてはあり得ない生命力・治癒力を有する。
身体の形状をかなり自在に操作する事が可能であり、身体年齢や容貌を任意に変更するのはもちろんの事、頭部に角を生やす、腕や脚に鋭利な刃を生成する、舌を長大に伸ばすといった、自身を異形化する個体が多い。中には『腕が十数本絡まった山のような異形となる』、『三体に分裂して別個の意志を持たせる(ある程度の共有意識は残している)』、『身体から鼓を生やす』、『無機体である列車と融合する』などの常識からはかけ離れた異形化を果たす個体も少なくない。
単純な身体能力については、当然のことながら人間を完全に圧倒しており、年若い鬼でも容易く石壁を砕く程の怪力と、岩より硬い身体を有する。なお、この鬼としての“力”の強弱は後述の年齢や、鬼舞辻から分け与えられた血の量、個々の個体の才覚などにより左右される。

生態

人間を主食とし、人肉や血に対して激しい飢餓を覚える。他の動物の肉でもある程度代替は可能なようであるが、鬼の身体の維持にはやはり人喰いが欠かせない(ただし、睡眠は必要としない)。
上述の身体能力は、鬼としての年齢を重ねるほど(人を多数喰らうほど)上がって行き、一定を超えると下記の血鬼術を行使できるようになる。
知性は個体により大きく差がある。人間から鬼への変異直後は、激しい意識の混濁・退行がある(このため最初に喰らうのは親兄弟などの近しい者が多い)が、その後人喰いを重ねる事で人間の頃の意識をベースとした性格が形成されるようである。不死という特性上、永い年月の中で高度な医学知識などを得る事も可能ではあるが、鬼になった時点で強い闘争本能が植え付けられ、更には倫理観も瓦解するため、総じて好戦的で邪悪な者がほとんどである。
日光に照らされた鬼の身体は瞬時に灰化して崩れ去る。これは“最強”たる十二鬼月(後述)であっても逃れられない絶対の理であり、このため全ての鬼は日光を嫌う。
日光以外には藤の花も嫌い、こちらも近づく事さえできない。藤の花の匂い袋などを持っておけば、鬼除けになる。

血鬼術

人喰いを重ねた鬼が行使できるようになる異能。鬼の外見と同じく、その能力は千差万別。
鋼よりも硬い糸を生成するなど、物理的な攻撃能力に留まらず、異空間を自由に出入りする、空間と空間を繋げるといった物理法則を完全に無視した現象を引き起こす個体も多数存在する。

呪い

鬼舞辻から血を分け与えられたもの(すなわち、全ての鬼)は、鬼舞辻に反逆できないよう肉体・意識の両面で絶対の制約を強制的にかけられる。
この呪いを外す事は、極めて高度な医学知識と屈強な意思力を持つか、奇跡的な要因が無い限り不可能。

忠誠・畏怖

完全生物である鬼舞辻は、無論の事圧倒的な“力”を有しているが、そういった生物的本能とは別に、鬼舞辻への強烈な畏怖が刻まれるため、例え生命を奪われる状況でも反抗の意志は生まれない。

自壊

鬼舞辻に関する情報を僅かにでも口にした時点で、鬼自身から野太い『腕』が生え、宿主の身体を粉砕する。この『腕』は、鬼舞辻同様に鬼の身体に再生不可能なダメージを与えるため、事実上の自壊である。

読心

鬼舞辻を前にした鬼は、その思考を全て鬼舞辻に読まれる。
距離が離れるほど精度が低くなるが、位置情報程度ならばどれほど離れても鬼舞辻の認識から逃れる事はできない。

同族嫌悪

鬼同士は心理的に嫌悪感を抱くため、助け合ったり徒党を組むことは無く、食料が確保できない状況では共食いすら起こす。
尚、鬼舞辻から集団行動を命じられた場合は、この限りではない。

十二鬼月

鬼舞辻が選別した、直属となる“最強”の十二鬼。詳しくは十二鬼月を参照。

能力

詳細不明。
ただし、あらゆる面で圧倒的に超絶している。

人間と比較すれば完全に超越した能力を持った鬼を、さらに大きく超越している。特に鬼に対しては上述の呪いを含め、絶対かつ一方的な優位性を所持しており、更には食人を必要としないと思われる(炭治郎の家族の遺体に欠損は無く、捕食されていなかった)。このため鬼とは別種の生物(上位種)と表現する方が近い。
日光に当たろうとせず、鬼殺隊を敵視する事から、これらを苦手とするようであるが、鬼舞辻を死に至らしめ得る要因なのかは不明。

もはや“最強”などではなく“万能かつ無敵”という表現が正しい彼/彼女の力をもってすれば、鬼殺隊根絶もさしたるリスクを負わずに可能と思われるも、やはり自身は決して表舞台に上がらない。

関連タグ

鬼滅の刃 竈門炭治郎 十二鬼月

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼舞辻無惨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36648

コメント