ピクシブ百科事典

日の呼吸

ひのこきゅう

日の呼吸とは、マンガ及びアニメ作品『鬼滅の刃』に登場する用語である。
目次[非表示]

「炭吉 道を極めた者が辿り着く場所はいつも同じだ」

概要

漫画『鬼滅の刃』に登場する戦闘手段である『全集中の呼吸』の一つであり、始まりの呼吸とも呼ばれる呼吸法(剣技)。
その詳細は不明ながら、あらゆる呼吸の中でも一際強い威力を持つ呼吸であると考えられる。
現在、その呼吸そのものは失われているが、全集中の呼吸の一つである『炎の呼吸』には、代々伝わる掟として、「『炎の呼吸』を『火の呼吸』と言ってはならない」というものがあり、呼吸の中でもことさらに特別視されていることが分かる。

日の呼吸の剣士の末裔として時透無一郎が存在しており、主人公の竈門炭治郎はこの日の呼吸に似た呼吸法であるヒノカミ神楽を修得している。
また、には日の呼吸と深い関わりがあるであろう『月の呼吸』を使う黒死牟が出現している。

『日の呼吸』と関わりの深い呼吸

『全集中の呼吸』の中で、水の呼吸と並んで最も古い呼吸法。上述した通り、伝統的に「『炎の呼吸』は『火の呼吸』」と呼んではならないと言う掟がある。
炎の呼吸の使い手の一族である煉獄家には代々伝わる手記があり、それによるとヒの呼吸とは日の呼吸を示すという意味らしい。

炎の呼吸と並んで、最も古い呼吸法の一つ。
後述するヒノカミ神楽とは型の動きに類似するものが多く、また、‘炎’を‘水’で弱めれば‘火’になる事からも、炎の呼吸と並んで日の呼吸に関わりのある呼吸法であると思われる。

主人公である竈門炭治郎の家に代々伝わる神楽舞。新年の最初の晩に、日没から夜明けまで一晩中踊ることで、ヒノ神に捧げる神楽。
全集の呼吸と同じように使用した人間の身体能力を底上げすることができ、その効果は全集中の呼吸と同等か、時にはそれを超える程の威力を引き出して鬼の頸を切ることができる。
現状、最も日の呼吸に近い呼吸法。
また、炭治郎は妹の禰豆子の使う血鬼術である爆血を併用することで、普段は黒い刀身を赤く染めた爆血刀を使用することができ、この刀はかつての日の呼吸の使い手である耳飾りの剣士の使用する刀と同じ性質である。

血鬼術と全集中の呼吸を合わせた呼吸。

『日の呼吸』と関わりの深い人物

現在の鬼殺隊の霞柱。
本人の使っている呼吸は風の呼吸から派生した霞の呼吸だが、日の呼吸の使い手の子孫であると明言されており、上弦の壱の鬼である黒死牟(継国巌勝)の子孫。

鬼殺隊の元炎柱。
煉獄杏寿郎の父であり、現状では最も日の呼吸について詳しいであろう人物。
かつて任務の中で自分の無力さを知った時に最愛の妻を失うという悲劇が重なり、加えて煉獄家に代々伝わる手記によって日の呼吸の存在を知ったことで、失意のどん底に墜ちる。
それ以来、日の呼吸に対して強い敵意を持つようになった。

竈門炭治郎の父。
生まれながらにして炎の形に似た痣を額に持っており、ヒノカミ神楽の先代の使い手。
炭治郎が幼少期の頃には既にヒノカミ神楽を極めていた様であり、当時既に寝たきりの生活が長いような病身でありながら、巨大な熊の頭を切り落とす寒い冬の中で一晩中神楽舞を舞える等の超人的な技を見せており、更には全集中の呼吸のその先にある技である透明な世界と呼ばれる境地に辿り着いていた一種の達人。
一方で、炭治郎にヒノカミ神楽と花札に似た耳飾りを『約束』として後世にまで伝えていくように言っている。

鬼殺隊と敵対する十二鬼月の筆頭である上弦の壱。
鬼であるが故に使用することのできる異能力である血鬼術と全集中の呼吸を兼ね合わせた月の呼吸を使う鬼であり、始まりの呼吸の剣士の一人。
自身の呼吸を月の呼吸と称するなど、日の呼吸とは深いかかわりがあることは明白であるが、そんな彼が何故日の呼吸を捨てたのか、詳細は不明。

現状、日の呼吸の使い手と思われる唯一の人物。
物語本編の時間軸から最低でも三百年前の人間であり、物語の主人公である炭治郎の祖先である炭吉の命の恩人らしい。
彼の使う刀は普段は黒い刀身であるのに、戦いのときには赤く染まったという。
冒頭の言葉は、彼が炭吉に向けて言った言葉。



以下、ネタバレ注意













赫灼の刃
176話にて明らかになった、日の呼吸の使い手の共通点。
日の呼吸の使い手となった剣士は、日輪刀の刃を赤く染め上げることができるようになる。
現在、主人公である炭治郎が妹の禰豆子と共に爆血刀と言う形によって発現しているほか、時透無一郎、不死川実弥悲鳴嶼行冥の三人がこの刃を発動させている。
















関連タグ

鬼滅の刃 ヒノカミ神楽
全集中の呼吸

関連記事

親記事

全集中の呼吸 ぜんしゅうちゅうのこきゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日の呼吸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9460

コメント