ピクシブ百科事典

昇龍拳

しょうりゅうけん

『ストリートファイター』シリーズにおける、リュウをはじめとする剛拳一派が使用する打撃技。
目次[非表示]

同シリーズ・同流派の必殺技波動拳と並んで、対戦型格闘ゲームの代表的なコマンド入力式の必殺技である。
外国でも『Shoryuken』で通用する。

お笑い芸人の猫ひろしもギャグのネタとして使用する。

昇"竜"拳と書き間違える奴はお仕置きとして昇"龍"拳を喰らいやがれ!

概要

体を捻りながら飛び上がり、相手にアッパーカットを叩きこむ。
技の分類としては対空技に属する。今や波動拳と並んで格闘ゲームに欠かせない必殺技の一つとなった技である。
一見簡単そうに見えるがやろうと思うとかなり無理のある技らしく、作中においても、昇龍拳は剛拳一派おいてかなり重要な位置を占める必殺の一撃とされ、『天に拳を向ける』という性質上からも一種の禁じ手に近い技として扱われている。
リュウケンは通常の必殺技として昇龍拳を使うが、剛拳は自ら禁じ手としているため必殺技に昇龍拳を持たず、スーパーコンボとして「禁じ手・昇龍拳」を使用する。

サガットの胸の傷は一作目でリュウの昇龍拳によってつけられたものである。そして。ストリートファイター1では1発の昇龍拳が、最大3発ヒットするがその最大3発が当たれば相手は死ぬ。さすが必殺技と言い得る技である

ちなみにサガットの必殺技であるタイガーアッパーカットはこれを模したものとされる。
そのほかにも、作中で類似する技を持つキャラクターは幾人も登場する。

登場当初は『→↓↘(前・下・斜め前)+パンチ』という当時としては複雑なコマンドから、昇龍拳が出せることは一種のステータスでもあった。
一作目では三発入れば即死(拳と肘と膝が入るので至近距離なら実質1発で即死)という高威力を誇っていたうえに、出初めから着地まで無敵という超性能であった。
この「着地まで無敵」という性能は強力なため続編では封印または弱体化されるが、ゲーム作品によっては「着地まで無敵はロマン」としてゲージ消費の強化版に取り入れられることがある。

コマンド

→↓↘(前・下・斜め前)+パンチ

現在では波動拳の『↓↘→(下・斜め前・前)+パンチ』と並んで、少し難しいながら最も基本的な必殺技コマンドの一つとなっており、このコマンドに対応する技も昇龍拳と同じ対空技であることが多い。
このコマンド自体も『昇龍拳コマンド』と通称される。

格闘ゲームの標準型の呼び方として、『波動・昇竜タイプ』(飛び道具・対空技を修得しているキャラ)という言葉も生み出された。

派生技

昇龍拳から派生した技を以下に記載する。

必殺技

リュウとケンのMA攻撃。敵の前後から飛び込んでからの連撃の後、2人同時に昇龍拳を叩き込む。

  • ファイヤー昇龍拳灼熱昇龍拳(しゃくねつしょうりゅうけん)

しょーりゅーけーん!


炎をまとった昇龍拳。『スーパーストリートファイターII』以降はケンが昇龍拳を強で出した場合に必ず発生するようになった。
ケンの昇龍拳は多段ヒットするが、その分対空で当てた時の威力がやや落ちている。
後に灼熱昇龍拳に名称変更。灼熱が言いにくい場合に大きいお友達が旧名のファイヤー昇龍拳を使う場合もある。
ロックマンX2では隠し武器として登場し、X4ではマグマード・ドラグーンが使用した(Xの特殊武器ライジング・ファイアのチャージショットで再現可能)。

  • 豪昇龍拳(ごうしょうりゅうけん)
豪鬼が使う昇龍拳。空中でも連続ヒット可能。
作品によっては紫炎を纏っている場合がある。豪鬼の豪の字が入っているので豪鬼が自分流に技を昇華させたのかもしれない。

  • 波動昇龍拳
    • リュウ版
ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM3』でリュウが使用。
拳に波動を纏いながら昇龍拳を放ち、相手を高く浮かせる。その相手に追撃として拳のまま上に向けて波動拳を放つ。昇龍拳部分が1ヒット、波動拳部分が3ヒットして合計4ヒットする技である。相手が高く浮く技である。
    • ケン版
アニメ『ストリートファイターIIV』でケンが同名の技が使用するが、こちらは波動を拳に纏った昇龍拳で壁を蹴って真横に飛ぶ!これって波動の流派版サイコクラッシャーアタックじゃね?

スーパーコンボ/スーパーアーツ/ウルトラコンボ

  • 禁じ手・昇龍拳

剛拳が使う昇龍拳である。禁じ手故か、通常の必殺技としては使用されない。
技の性能は多段ヒットする昇龍拳である。大きいお友達の中にはこれが真空昇龍拳じゃね?と疑っている人も…。

  • 昇龍裂破(しょうりゅうれっぱ)
ケンのスーパーコンボ。昇龍拳を2~3回連続で繰り出す。
割り込みに活用しやすいが、通常の昇龍拳以上に対空ヒットでの旨みがない。

ZERO2のサイドストーリー設定上では、「全米格闘技戦の決勝戦(対戦相手は不明)で、昇龍拳を見切られ苦戦した際に、とっさに小さい昇龍拳を放ち、それをフェイントにして着地の隙を狙ってきた相手にもう一発昇龍拳を撃ち込んで見事勝利。後にこの技に名前を付けて使用するようになった」とされている。(しかしケンが習っていないだけで実は暗殺拳の流派には存在した技だった!つまり基礎を練習すれば奥義になるの良い一例だね!)

  • 神龍拳(しんりゅうけん)
ケンの超必殺技。錐揉み回転しながら垂直に飛び上がる昇龍拳。
横の攻撃範囲は狭いが、ヒット数と威力が大きく、シリーズによってはボタン連打でさらにヒット数で増やせる。多段ヒットする禁じ手・昇龍拳に横回転を付け足した様な技かな・・・。
ウルトラコンボとして登場した『ストリートファイターIV』では根本をヒットさせると蹴りの乱舞が入る、真・昇龍拳のような性質を備える。
『ストリートファイターV』ではVゲージという特殊なゲージを使う必殺技として登場。IV以前のように回転しながら昇龍拳を放つだけだが、Vゲージを全消費して放った場合は着地時に必殺技でキャンセルできるという特性を持つので昇龍拳>神龍拳>昇龍裂破のように昇龍拳たっぷりのコンボもできる。
スマブラSPECIAL』では、ケンの最後の切りふだの1つとして実装。至近距離で切りふだを発動するとこの技を繰り出す。

  • 滅殺豪昇龍(めっさつごうしょうりゅう)
豪鬼の超必殺技。昇龍拳を連続で繰り出す、動作は昇龍裂破とほぼ同じ。作品によっては紫炎を纏う。
『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』からは昇龍裂破と演出の差別化が図られ、一ヒット毎の威力に重みをおいている。
『ストリートファイターIV』では豪鬼は使わない代わりに殺意の波動に目覚めたリュウがウルトラコンボで使用。技も豪鬼のものとは異なり、昇龍拳を3発連続で繰り出した後高々と拳を持ち上げて殺意の波動を込め、相手の顔面に振り下ろし地面に叩きつける。全キャラのウルコンの中でも特にダメージが高く、コンボに組み込むとかなりの体力を奪い取る。
『ストリートファイターV』では豪鬼と影ナル者のEX版(豪)昇龍拳として使用できる。従来通り二回昇龍拳を繰り出す技だが、二回目は身体をひねって一回目と反対の手で昇龍拳を撃つ。

  • 滅・昇龍拳(めつ・しょうりゅうけん)
リュウの超必殺技。『ストリートファイターZERO3』では、踏み込んでの肘打ちから昇龍拳に移行する技。最も遠い間合いで肘打ちを当てると真・昇龍拳を繰り出す。
『スーパーストリートファイターIV』では、体を捻り、腹部にアッパーを叩き込んだ後、逆の腕で相手の顎にアッパーを放ち、そのまま強引に打ち上げる。真・昇龍拳に似ているが拳が左右逆やオーラの色等差異がある。威力は重量級の相手でも10mほど上空まで花火のように打ち上げるほど。…落下しただけで死ぬんじゃね?
『ストリートファイターV』では影ナル者の超必殺技になった。モーションもこれまでと違い、顎へのアッパー→鳩尾への膝蹴り→カチ上げとなっている。

リュウ・剛拳の超必殺技。
詳細はリンク先へ。

類似技

  • タイガーアッパーカット
今更ながら新年絵


サガットが使う、昇龍拳を参考に編み出した初代模倣技。
よく見ると昇龍拳とフォームが微妙に違っており、
昇龍拳は「右腕を振り上げ、右膝を出す(右向き)」のに対し、
タイガーアッパーカットは「右足を振り上げ、左足を曲げ、右足を伸ばして跳躍(右向き)」になっている

  • タイガーブロウ
ストZEROシリーズでサガットが使用。
ゲーム上ではタイガーアッパーカットの方が先に登場しているが、時系列的にはタイガーブロウのほうが先で、設定上は「タイガーブロウをさらに発展させたものがタイガーアッパーカット」となっている。

咲桜拳ッ!


春日野さくらが使用。大きく前進した後ジャンプアッパーを放つ。突進中は連続ヒットするが無敵時間はない。

  • 乱れ桜
春日野さくらが使用。咲桜拳を連発する。
MARVEL VS.シリーズでは最後に咲桜拳を放つ乱舞技になっている。

  • 晃龍拳(こうりゅうけん)
火引弾が使用。シリーズによって性能にばらつきはあるが、とにかく無敵時間が安定していない。よく見ると腕が曲がっている。

  • 晃龍烈火(こうりゅうれっか)
火引弾が使用。晃龍拳を2発連続で繰り出す。昇龍裂破と違いほぼ真上に飛び、あまり前進しない。

  • ドラゴンスマッシュ

ショーン('・ω・`)


ショーン・マツダが使用するアレンジ技。
『ストリートファイターIII 2nd』までは昇龍拳で飛び上がってから空中でターンしてダンクのようなパンチで叩き落とす。
『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』では両方の拳でアッパーカットを繰り出す。

  • ショウリュウキャノン
ショーンが使用。2連続の昇龍拳を繰り出す。軌道は昇龍裂破とほぼ同じで、ボタン連打で2発目の昇龍拳のヒット数が上昇する。

  • ライジングドラゴン
ストリートファイターEX』の登場人物、アレン・スナイダーが使用。
昇龍拳をモチーフに完成させた。

  • 実直拳
ジャスティス学園』の島津英雄の必殺技。島津流空手と波動を扱う暗殺拳と似たよう技が存在するが関係あるのだろうか・・・。
島津流実直拳
真・昇龍拳に似た技である。
ナムコクロスカプコン』ではリュウが真・昇龍拳、英雄が島津流真実直拳で攻撃した後、ケンが神龍拳で攻撃するMA攻撃が登場した。

  • 昇陽拳

両手にヨガファイヤー喰らった


ジャスティス学園シリーズの若葉ひなたの必殺技。
低い姿勢から腕を振り回して上昇する。

  • 昇龍の型
ジャスティス学園シリーズの委員長の必殺技。
ひなたと委員長は通信教育でマスターズ流空手を受講しており、それによって習得したのだと思われる。

  • ライジングドラゴンディバインドラゴンリアルインパクト
デビルメイクライ3』以降のダンテが使用。
それぞれ昇龍拳、神龍拳、真・昇龍拳に似ている。

  • 氷竜剣
ロックマンX8』にてゼロが特定のボスを倒すと使える技。
拳でやると時々「昇龍拳!!」といいながら攻撃する。

  • ロックアッパー
ロックマン7』『MVC』『ロックマン2 ザ・パワーファイターズ(以下PF)』におけるロックマンの対空技。腕から青いエフェクトを出しながら飛び上がる。
(PFではコマンドは↑+チャージショット)
スマブラ3DS/WiiU』にもロックマンの上強攻撃として実装された(ディレクターの桜井氏も「昇龍拳のような技」と発言している)。なお、発売前に公開されたPVでは腕から青いエフェクトが出ていなかったが、製品版ではちゃんとエフェクトが出ている。
後の時代でライト博士がエックスに昇龍拳を伝授させている為、ロックアッパーの正体はデータ化した昇龍拳の可能性も・・・?

スマブラでの性能は打撃技の範疇内ではかなり優秀な部類で、密着した状態でクリーンヒットした際の威力は並のスマッシュ攻撃に匹敵する(ダメージ100%以上の相手なら十分に撃墜が狙える)という恐ろしい性能。カス当たりでも相手の体勢を崩す程度の威力はある為、牽制にも使える。
そもそもワザの殆どが飛び道具であるロックマンにとっては貴重な直接攻撃系のワザであるため、反射乱闘などの飛び道具が封殺されやすい戦闘では極めて重要。
  • ちなみに、ロックマンが参戦する前にもルイージのスーパージャンプパンチ(上必殺ワザ)がファンから「昇龍拳」と呼ばれていた。これは、カス当たりだとダメージが1%のパンチを1発与えるだけと威力が貧弱だが、クリーンヒットすると炎のエフェクトと共に相手に大ダメージを与えて勢いよく吹っ飛ばすことができ、その光景がケンのファイヤー昇龍拳を彷彿とさせたためだとされている。

ファイターカービィナックルジョー等が使う。上昇中は無敵。また、ファイターカービィの技の中でも仕様変更のすくない技である。

成る程、モーションは昇龍拳そのものだ。でも前方へのリーチが全くないので使えない技。

武器を使用した派生技

武器で出すのであれば昇龍ならぬ昇龍

の天ノ型及び嵐ノ型で使用できるアクション。
昇龍弓ではなく、昇弓である。ややこしいが間違えないように。
当該の型にしてると矢切りがこのアクションに変化する(MHFにおけるスタイルはシステムではなく一部のモーションが変化することで立ち回りが変わる)。
形としては低い姿勢から矢を持ちながら昇龍拳の動きで斬ると言うもの。
ガンナーである弓がこのようなアクションということで一見ネタ技だが、
威力はかなり高く設定されており、
出し始め2、上昇中2、頂点1、頂点2の全6ヒットで、
斬属性を持ち斬打のよく通る方でダメージ計算が行われる。
そのため相手や部位によっては、
射より圧倒的にダメージが通るので隙を見て昇竜弓を当てていくことが立ち回りに置いて重要となる。
しかしながら味方含め1ヒットでもするとビンを1本消費することや、
元からのモーションの大きさに重いヒットストップが相まって隙となることなど、
威力の代わりに出しどころの難しい技となっている。
実装はS8.0(2010年)であり下記の昇竜撃の先輩と言える。

昇竜撃


片手剣狩技の1つ。こちらも昇竜弓同様に昇龍撃ではなく、昇撃である。
剣で相手を斬りつけた後、錐もみ回転しながらジャンプし、盾で打撃を与えるというもので、モーションは昇龍拳まんま。打撃攻撃なので、モンスターからスタミナを奪ったりうまくヒットさせれば気絶を狙うことも可能(PV第2弾でお披露目した際にはウラガンキンをスタンさせていた)。

昇竜撃!


なお、作中での設定によると、「東方には素手でこれを繰り出し、あらゆるものを砕く武闘家がいる」とのこと。それってもしかして…。
アーケードゲーム『モンスターハンタースピリッツ』では、ガララアジャラとその亜種が「螺旋昇竜撃(亜種は螺旋昇竜撃流式)」という技を覚える。とうとうモンスターまで昇龍系の技をマスターしてしまったのである(ただ、こちらは相手を囲い込んで逃げられなくしたうえで突き上げるように締め上げるというもので、元ネタとなった昇龍拳とは「下から突き上げる」という点以外では共通点はない)。

趙雲が使用する対空技、昇龍拳のモーションで剣を振り上げながら高く飛び上がる。着地までの隙に注意
また、↓/+Aもしくは↘/+Aと入力すると前進しながら斜めに飛翔剣を出す(こちらが主力?)

  • 飛龍在天三国戦紀シリーズ』
    • 初代・SH:↘→+A
    • 2・2+:↓↑+A
関羽が使用する対空技。武器を下から上に振り上げながら高く飛び上がる。

アッシュが使用する対空必殺技。MAX溜めで出すと炎を纏う攻撃になる。

りゅうえんじん!


    • コマンド:↑+技ボタン
ゼロのラーニング技の一つ。炎を纏ったゼットセイバーを振り上げる対空技。

余談

昇龍拳は気を使って高く跳ぶ?

中平正彦作のストリートファイターの漫画でリュウが洗濯物を取るシーンがあるが、そこでリュウが「「気」の乗せ方がポイントなんだ!」との発言があり、脚力だけで跳んでいるわけではないことがわかる。足の裏から気でも出しているのだろうか・・・?(最近ケンは烈風波動蹴という技で足の裏から気を出せる様になっていましたし・・・。)

昇龍拳をガチでやると人の頭が!

昇龍拳を現実世界で行うと、粉砕した上、顎から上が吹き飛ぶという再現実験の結果が出た・・・。昇龍拳は恐ろしい・・・。
その動画がこちら。↓

(脳が・・・脳が・・・。)

なお、「0.1秒でザンギエフ(115㎏)を2mの高さまで打ち上げる」のに必要な計算を行った場合、破壊力は775㎏となった。つまりバットで殴り飛ばすようなもんであり、それを人体最大の急所と言っても過言ではない(脳が揺れるため、強い衝撃を与えるとマジで脳味噌がオジャンになる)に食らえばこうもなるだろう。
昇龍拳が禁じ手になる理由がわかりました・・・。
まさに暗殺拳・・・。
まさに禁じ手!

関連イラスト

大昇竜拳
昇竜拳(強)
いいか 迷ったら昇龍拳 昇龍拳 そして昇龍拳だぜ!
しょーりゅーケン


関連タグ

必殺技
格闘ゲーム ストリートファイター
波動拳 竜巻旋風脚
リュウ ケン 豪鬼 剛拳
風神拳 (ほぼ同様のコマンドで出る鉄拳の必殺技。昇龍拳とは違いジャンプはしない)

表記ゆれ

昇竜拳

元ネタと思わしきモノ

廬山昇龍覇…『聖闘士星矢』のドラゴン紫龍および天秤座の童虎の奥義

関連記事

親記事

暗殺拳(ストリートファイター) あんさつけんすとりーとふぁいたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「昇龍拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 707634

コメント