ピクシブ百科事典

関羽

かんう

関羽とは、中国後漢末期に活躍した武将。『関聖帝君』と言う名で神格化され、今日においても数多くの民衆に信奉される義将である。
目次[非表示]

プロフィール

生年不詳
没年220年(建安24年)
出身地河東郡解県(現在の山西省運城市塩湖区)
雲長


概要

桃園三兄弟の次兄にして、蜀が誇る五虎大将軍の筆頭に挙げられる名将。

故郷で悪徳役人を殺し官吏に追われて幽州にたどり着いた。その際、字を長生から雲長に改めている。のち張飛と劉備とに出会い、彼らと桃園の誓いを交わした。
義を重んじる武人で、赤壁の戦いに敗退し退却していた曹操を逃がしかつて曹操軍に身を寄せていた時の恩を返した事もあった。『三国志演義』では青龍偃月刀の使い手として知られるが、これは張飛の蛇矛や呂布の方天画戟同様に時代考証が合わず、突出した武勲を賛美する意図で後付けされたものとされている。
道教文献集成『正統道蔵』収録の『道法会元』巻之二百五十九「地祇馘魔関元帥秘法」における「龍頭大刀」という記述に基づいてか、青龍偃月刀の刃の付け根に龍の頭部がデザインされる事もある。

腕っ節ばかりでなく春秋左氏伝を諳じたりするなど学もあった。またの腕前も大変強く、その際には痛みも気にとめないほどに盤面に集中する。華佗に毒矢の治療のために腕を切開される場面では、痛みを紛らわすために碁を打ち始め、華佗の心配をよそに黙々碁に興じている。
その立派な顎鬚から美髯公と呼ばれ、今では関聖帝君として世界各地の華僑の居留地などで関帝廟に祀られている。
(基本的に商売の神として。信義に篤かった事から転じて信義は商売の信用にも繋がるという理由によって祀られる。もっとも関羽自身も元は商人である。武の神としての側面は日本での毘沙門天信仰のように「勝負(勝利)の神」という形に転じたようである。)

文武に秀で部下には公正かつ親身に接し兵たちからの信望も厚かった。だが上官などを軽視する傾向があり、特に文官の高官からはあまり好かれていなかった。
五虎大将任命の際にも、老人かつ新参である黄忠と同じ列に並んでいる事に腹を立ててヘソを曲げるなど、少し大人げない面もあった。
奔放な張飛と違ってすべての面において安定かつ秀でた才能を持つことから要所の守備などもよく任されたが、ある日自分が劉備達に連れて行ってもらえなかった事にヘソを曲げ劉備が約束した呉への領土譲渡を勝手に断ってしまう。
それが元で魏のみならず最終的には呉をも敵に回すことになり、さらに普段の行いから反感を買っていた味方の裏切りによって自業自得のような形でその命を落としてしまうのであった。

その後間もなく、呂蒙や曹操を始めの名だたる武将達がまるで関羽を追うように病などで死去してしまった為、巷では関羽の呪いではないだろうかと囁かれた。
魏はまだしも呉は呂蒙以外にも孫皎甘寧蒋欽陸績凌統と立て続けに亡くなったため余計に言われることになった。
そして義兄弟の劉備張飛も仇討に狂騒し、張飛は部下に暗殺され劉備は夷陵で惨敗し失意の内に生涯を終えている。

陳寿の評

彼の人物評は、關張馬黄趙傳の最後に張飛と共に纏められている。
「関羽・張飛の二人は、1人で万の兵に匹敵すると賞賛され、当世における虎臣(勇猛な家臣)であった。関羽は顔良を斬って義を果たし、張飛は厳顔の義心に感じ入ってその縄目を解き、両者並んで国士の気風があった。然し、関羽は剛情で自信を持ち過ぎ、張飛は乱暴で情を持たず、両者共その短所により身の破滅を招いた。道理からいって当然である」

容姿

明代の時代小説『三国志演義』第一回において「身長九尺、髯長二尺、面如重棗、脣若塗脂、丹鳳眼、臥蠶眉」と記される。
昔の中国では一尺で20cm位であったという。『演義』では身長は180cmほどで髯は40cmくらいということになる。
その顔は棗のように赤く、唇は脂(ここでは「紅」の意)を塗ったようで、目尻は上に上がっており、その眉毛は蚕が臥しているかのようである、という意味になる。
ひげの長さについては異説もあり、元の時代の劇作家・関漢卿の雑劇『大都新編関張双赴西蜀夢』第三折「紅綉靴」だと、彼の三筋の長い髯が腰のあたりまで伸びている事が歌われている。

『演義』での描写はそれまでの伝承や芸術における関羽描写の集大成とも言え、個別の要素はさらに古い時代に遡る事ができる。例えば「臥蠶眉」は関漢卿の元曲『石榴花』の唱詞に前例がある。

『演義』等では服装として「䖝袍金鎧」を身につけているとされる。䖝には「虫」の意味があり、その中でも緑色の幼虫が意識されているのか緑色の袍(古い中国の衣服)に金色あるいは金属の鎧を組み合わせて着用している像や絵が多い。
このほか北宋時代の説話集『大宋宣和遺事』、雑劇や道教文献では「滲青巾」とも呼ばれる青い頭巾を身につけている描写がある。

元の時代末期から明の時代初期までに書かれた道教文献『法海遺珠』卷三九『酆都西臺朗靈馘魔關元帥祕法』には「戴青長結巾,重棗色面,鳳眼,美髯,官綠鴈花袍,袒襟露甲,綠吊槨靴,乘赤馬,手提大刀」という一節がある。ここでは関羽の服の色が緑色と明記されている(「官綠」は日本でいう抹茶色に近い色合いである)。
関帝信仰の立場から編まれた事績集『關聖帝君聖蹟圖誌全集』の「起賊眾驚潰斬首不可勝計遂解青州圉」という箇所ではシンプルに「綠袍」と呼ばれている。曹操が彼に珍しい綿の袍を贈った後、皇叔(劉備)から賜ったものという理由で引き続き古い緑の袍を身につけて現れる、というシーンである。

道教文献には紅色の衣を身につけるとする記述(『法海遺珠』と同時期の『道法会元』巻之二百五十九「地祇馘魔関元帥秘法」での「大紅朝服」)もあり、これは雑劇にも見られる傾向だった。資料『雑劇穿関』では「虎牢関三戦呂布」という作品で「紅袍」が関羽の特徴とされていた事が記録されている。

こうした中国古典に基づき、関羽の姿は赤らんだ顔に長く美しい顎髭の偉丈夫というイメージで描かれる。これが定着し過ぎており、だいたいどんな三国志創作においても関羽はだいたい同じ外見をしている。
緑の服を着た姿はコーエー作品などを介して広く現代日本でも知られている。

乙女ゲー系や女体化系では流石に髭の男ではなくなるのだが、その場合は髭を黒髪長髪という属性に置き換えて関羽らしさを残すことが多い。

創作物における関羽

どの作品においても、人格者のように描かれその上異常に強く設定されている。

横山三国志

生日快樂!關羽雲長!


げぇっ!!

真・三國無双』シリーズ

きゃんうー


関羽(真・三國無双)を参照

三国伝

関羽ガンダム


関羽ガンダムを参照

蒼天航路』 

蒼天航路より「関羽雲長」


劉備と出会う前までは張飛と共に美髯団という義侠軍団を率いていた。
この作者は終盤の活躍を描くにあたり、神である関羽への礼を失しないよう自分の描いたイラストを基に神棚まで作ったという。

DRAGONSISTER

ドラシス関羽


本作のヒロインその1。本来は人並み外れた能力の男に生まれるはずが、歪んだ呪いで超人的な女に生まれた武者の一人。
劉備と出会う前までは、高い志と能力を持て余しながら、張飛と幽州を流離っていた。

一騎当千

センシティブな作品


関羽雲長を参照

恋姫†無双』 

関羽・愛紗


愛紗を参照

十三支演義

発売まであと3日


本作の主人公猫族と呼ばれる亜人族の娘で、同じ猫族の劉備(男)、張飛(男)と共に戦乱の世をかける。

三国恋戦記』 

雲長馬上図


雲長を参照

『Three Kingdoms』

吹き替え田中正彦
活躍は演義に準じているが、他作品に比べ、傲慢で狭量な面が強く描写されている。最期は呂蒙に包囲され自害する。

関連タグ

三国志  美髯公 五虎大将軍
げぇっ、関羽!! 関☆羽
赤兎馬:愛馬
岳飛:関羽と共に中国国内における人気の英雄の一人。
周倉:架空の側近。
関勝:『水滸伝』で子孫と称する好漢。

家族
劉備:義兄弟であり主君。
張飛:義兄弟。
関平:息子。演義では養子。
関興:息子。
関索:息子だが、後世の架空の人物
関銀屏:娘。実際いたが、名前は不明。


作品タグ
三国無双 三國無双 無双
無双OROCHI
横山三国志 蒼天航路  
三国志大戦 三国伝 一騎当千
恋姫無双 真・恋姫†無双

関連記事

親記事

五虎大将軍 ごこだいしょうぐん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「関羽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7220589

コメント