ピクシブ百科事典

三国志

さんごくし

①中国の三国時代についての史書『正史三国志』 ②正史を元にした古典小説『三国志演義』 ③それらを元にした創作全般( 例:横山光輝の漫画『三国志』など)
目次[非表示]

概要

三国志とは狭義では陳寿によって書かれた中国三国時代の歴史書『正史三国志』のことを指し、
広義では三国時代をテーマにした創作物全般を指す。

特に後世の中国で伝承や講談をもとに作られた小説『三国志演義』が有名で、現代の三国志創作に多大な影響を与えている。

そのため、一般的に陳寿が著した「三国志」といえ明代に書かれたば『三国志演義』のことであるが、『正史三国志』と『三国志演義』の両者はしばしば混同される。(違いについては後述)

時代区分

三国時代は、狭義では後漢滅亡(220年)から晋が天下を統一した280年までを指し、最狭義では三国が鼎立した222年から蜀漢が滅亡した263年までだが、広義では黄巾の乱の蜂起(184年)による漢朝の動揺から西晋による中国再統一(280年)までを指す。

229年までに魏(初代皇帝:曹丕)、蜀漢(初代皇帝:劉備)、呉(初代皇帝:孫権)が成立し、中国内に3人の皇帝が同時に立った。

当項目では広義の三国時代について記載する。 

三国志創作の流れ

正史三国志』:公式の歴史書。故に簡潔で淡白。物語性は無い。

『三国志』の「注」:裴松之が『正史三国志』によると足りない内容を補う、正史に無い内容の異聞は何でも載せるというポリシーだったのである。その意味では『史記』の司馬遷に近い。

(『三国志平話』:初めてのまとまった三国志創作。絵物語。荒唐無稽な要素が多い。)

三国志演義』:史実を基にしてリアリティのあるフィクションを盛り込んだ歴史物語として成立。故に史実との矛盾も含まれる。主人公格など目立つ登場人物が決まっている。

創作三国志』:多くが演義の設定に基づくが、特に近年では正史要素を取り入れる作品も増えている。漫画、アニメ、ゲームの他にpixivでは【pixiv三国志】のタグで個人での創作作品もある。

正史三国志

歴史書の三国志(正史)については、元々は陳寿が個人的に編纂していた物であり、それが晋の皇族である司馬氏の目に留まり国家事業になったという特殊な成立をした史書である。また彼のポリシーが「不確かな資料はとりあえず切る」であったため、その記述は非常に簡潔な内容であった。

加えて、に関係する記述は、将来編纂される『晋書』の領域と割り切ったためか、最小限に留められている。そのため、魏末期から晋への禅譲に至る状況は、『晋書』など晋の歴史書も同時に参照しないとよく分からないようになっている(後述する裴松之の注釈で、かなり補われている)。
ちなみに『晋書』は西晋が永嘉の乱で滅亡してから400年以上も経ったの時代に、太宗・李世民の命により房玄齢らが編纂した。

一方で陳寿は晋に滅ぼされた亡国蜀漢の遺臣であるため、限られた条件下で故国を称揚しようともした。を正統王朝、世界の支配者である皇帝を輩出した政権としつつも、蜀漢と呉で用語の使い方に差を付けたり、蜀漢の劉備劉禅の妻を皇后と呼ぶことで、劉備・劉禅が実質的に皇帝であったことを控えめにアピールしている。

また、蜀漢の歴史は『蜀志(または『蜀書』)』を表題としつつも、楊戯『季漢輔臣賛』の引用という形で、「蜀」が実際には「漢」であったことも、これまた控えめにアピールしている(「季」は末っ子の意味。今日の後漢を「中漢」、みずからを「季漢」と呼んで区別していた)。もっとも劉備を先主、劉禅を後主と呼ぶなど控えめだったせいか、後世の蜀漢贔屓には逆に叩かれてしまったのだが。

ちなみに、呉の歴史書である『呉志(または『呉書』)』は韋昭らが呉の二代皇帝・孫亮(孫権の七男)の命で編纂した『呉書』を引用している。

一方、魏の歴史書については陳寿に先んじて西晋の夏侯湛(夏侯淵の曾孫)が『魏書』を著していたが、陳寿の『魏志(または『魏書』)』を読んだ後に自らの『魏書』を破棄している。とは言え夏侯淵の子孫の動向が明らかなことについては夏侯湛版『魏書』によるところが大きい。

拡大する三国志の世界

陳寿版には100年ほど後に裴松之のまとめた「注釈」が入れられている。この注釈では事実関係を補ったり、不確かな資料と前置いた上で異説が紹介されたりしている。この注釈は編纂した裴松之の名を取り「裴注」と呼ばれる事もある。

裴注の分量は、20世紀になって楊翼驤という学者が「本文20万字、裴注54万字」と、本文の3倍近い内容であると主張した。しかし王廷洽と呉金華が数え直したところ、正史本文の方が若干多いことが判明した。呉金華によれば、正史本文は約368,000字、裴注は約322,000字であった。お疲れ様でした

裴注には眉唾でも面白い話が満載なので、民間伝承や講談、三国志演義、後世の三国志をモチーフにした作品など、どこでも格好のネタに使われている(なお、裴松之は、信憑性が低い逸話は「信用できない」と断るなど、配慮した上で載せているため、歴史書としての三国志の価値は損なわれていない)。

そしてこれまた20世紀になって、盧弼がそれまでの注釈の集大成となる『三国志集解』を上梓した。陳寿の本文や裴松之の注釈はもちろん、裴松之がフォローしきれなかった文献や注釈、前後の時代の正史で三国時代に触れられた記述、後世の学者の論争などを収録している。邦訳はされていないのでハードルは高いが、熱心なファンは同書にすら飽き足らず、自分で文献をあさっている。深い世界である。

正史『三国志』と裴松之注の全訳は、1989年に筑摩書房より出版され、1993年に文庫化された(全3巻、文庫版8巻)。人物索引や地図、官職表など付録も充実している。この文庫化は、日本の三国志ファンへの正史普及と理解に大きく貢献し、正史を参照する二次創作が爆発的に増加した。

また、これとは別に、2019年より汲古書院が『全譯三國志』と題して新たな全訳の刊行を開始している。こちらは原文と書き下し文が収録され、より原文に即した翻訳になるという。

このように正史の追求により、以前は演義中心であった三国志関連作品にも変化が起きており、従来のイメージから脱却している登場人物も少なくない。近年では演義に登場しないマイナーな女性人物がキャラクターとして取り上げられることも目立つ。

様々な面で三国志の世界は拡大していると言える。

三国志演義

三国志演義は明代になって伝承や講談を基に作られたものである、著者は定説をみず、施耐庵あるいは羅貫中の手によるものと伝えられている。そのため儒教文化や後漢王朝を正統としたい民衆の立場から、王朝を正統とする正史三国志は対照的に、後漢を継承する王朝を「主人公」として贔屓する傾向が強い。

具体的には、蜀漢の君主である劉備とその義兄弟である関羽張飛、参謀である諸葛亮が英雄視されている。

その反面、彼等に敵対する立場のの人物は酷い扱いだったり、味方でも手柄を有名な人物に持っていかれたりといった事もある(主要な被害者は前者では曹真など、後者では張嶷など)。

つまり民衆にとって分かりやすい物語にするために、対立構造や主要な人物をはっきりさせているのが三国志演義なのだ。

よく言われるのは「史実7割創作3割」との事。
あんだけ化け物てんこ盛りで3割だけ創作……どういうことなの?

もっとも、演義のプロトタイプである三国志平話は全編が演義の南蛮征伐編(演義の中ではファンタジー色の強い異色の章)をエスカレートさせたようなノリだったそうなので、それをまとめて史実と整合性を取って一つの話にしてるのを考えれば、あながち間違ってはいない。平話では匈奴族の劉淵・劉聡の親子がラスボスを滅ぼしたという史実を元に、「劉淵は実は主人公劉備の外孫だったのだ!(ただし、劉淵が「漢の甥」と主張したという話は正史『晋書』にある事実)」と強引にハッピーエンドにして終わらせているが、演義ではもちろんそんなことはしていない。

蜀が敗れ、天下を統一するのは魏・呉・蜀のどの国でもない晋という史実の大枠は守りつつ、正義のはずの蜀が滅んで行く「滅びの美学」が演義にはあると評されている。

主な登場人物

※登場順は正史準拠。演義のみの人物も列挙。

曹魏

破格の人曹操がその基礎を築く。中華の北部を支配する強国。

主君

  • 曹操:優れた将軍であり政治家であり詩人。しかし近年の再評価を待つまでは冷酷な暴君として描かれることが多かった。劉備と天下を巡り争う。
  • 曹丕:曹操の三男。内政で辣腕を振るい、後漢を終わらせ魏の初代皇帝となる。しばしば父以上に冷血な面を見せる。
  • 曹叡:曹丕の長男。魏の二代皇帝。容姿は非常に美しい。父や祖父の後継者に相応しい力量を持ち諸葛亮の北伐を防ぐ。父同様、早世する。

配下たち
  • 夏侯惇:曹操の従兄弟で眼帯の猛将。一方で正史では統治に優れた将としての顔を見せる。
  • 夏侯淵:曹操・夏侯惇の従兄弟。神速の用兵を得意とし、弓に優れる。
  • 曹仁:曹一族で軍の将軍の筆頭。若い頃は無頼漢であった。
  • 曹真:曹操の族子。夏侯惇や曹仁なきあとの将軍筆頭格。正史では非常に有能。
  • 荀彧:名門出身の清廉な美男子。曹操の右腕で政治面でも支える。後に曹操との関係は悪化したというが、その原因は未だ謎に包まれている。
  • 荀攸:魏の筆頭軍師に列なる戦術家の一人、大人しく自己主張の少ない性格。
  • 賈詡:乱世を生きる知謀と処世術に定評がある軍師。張繍の配下時代、曹昂と典韋を策謀で討ち取っている。
  • 郭嘉:曹操に愛された軍師。酒色を好み素行は悪いが、天才的な戦略家。
  • 張遼:魏の五将軍筆頭。丁原・董卓・呂布に従っていた。統率・武勇共に優れる名将。合肥の戦いでは呉にその名を恐怖と共に刻む。
  • 楽進:魏の五将軍の一人。五将軍唯一の生え抜きで一兵卒から将軍となった叩き上げ。
  • 于禁:魏の五将軍の一人。元は鮑信の家臣。軍紀に厳格な性格。しかしその最後は……。
  • 張郃:魏の五将軍の一人。最初は韓馥、のち袁紹に従っていたが官渡の戦いの時に投降。長く魏を支える。趙雲の好敵手。
  • 徐晃:魏の五将軍の一人。元は楊奉の家臣。演義では戦斧を愛用する。正史では戦においてはほぼ不敗を誇る。
  • 許褚:「虎痴」とあだ名された怪力の持ち主。典韋と共に曹操の護衛を任せられた。
  • 典韋:「悪来」とあだ名された怪力の持ち主。曹操の信頼厚く護衛を任せられていたが宛城の戦いで賈詡の計略に嵌まり戦死。
  • 文鴦:蜀の趙雲の再来と謳われた猛将。鉄鞭と槍の使い手。乱世に翻弄され、魏・呉・晋と転々とする。晋の時代になり賈南風による反乱の際に命を落とす。
  • 鄧艾:魏後期の名将。農政官僚出身で地理に詳しい。成都一番乗りを果たし劉禅を降伏させたものの…
  • 鍾会:魏後期の知将。鍾繇の末子。才走った性格と野心家ぶりを周囲に警戒されてしまい最後は自滅する。

蜀漢

流浪の英雄劉備が建国。天然の要害に囲われているものの国力としては弱い。


主君

  • 劉備:仁徳の君として民の人気を集める。近年ではというアウトローのリーダーとしての一面も強調される。
  • 劉禅:劉備の息子。後世では七光りの暗君と罵られ、近年では有能説が上がるなど毀誉褒貶が激しい。糸のように周りの色に染まる人物だと言われる。

なお、蜀志は「劉二牧伝(劉備以前の益州の主だった劉焉・劉璋父子の伝)」から始まっている。

配下たち
  • 諸葛亮:多くの作品で若き天才軍師として描かれる。劉備と水魚の交わりを結ぶ。史実では参謀というよりも政治家。
  • 関羽:劉備に旗揚げから付き従う義弟。長く美しい髭と偃月刀が目印。義に厚く敵からも敬われ、後世では崇められ神となった。五虎大将軍筆頭。
  • 張飛:劉備に旗揚げから付き従う義弟。酒を愛する豪傑で虎髯と蛇矛が目印。五虎将の一人。
  • 馬超:「錦馬超」とあだ名される。異民族の血を引く涼州の雄。五虎将の一人
  • 黄忠:劉表・韓玄を経て劉備に仕える。剛弓の使い手。「老いてますます盛ん」な老将の代名詞。五虎将の一人。
  • 趙雲:元は公孫瓚の家臣。演義では白馬の武者で最強の槍使いとして描かれる。無双シリーズでは主人公格。実は正史ではあまり描写がない。五虎将の一人。本場中国では黄忠同様に老将の代名詞となっている。
  • 龐統:諸葛亮が龍ならば龐統は鳳凰と並び称された。冴えない見た目に反した知略を見せ、蜀取りに貢献。
  • 法正:元は劉璋の家臣。劉備入蜀に協力し家臣となり漢中攻略戦で大活躍。劉備が最も溺愛した軍師とも言われる。執念深い性格。
  • 馬良:「白眉」の語源。馬謖の兄。主に外交方面で活躍したが夷陵で戦死。
  • 馬謖:馬良の弟。諸葛亮の愛弟子。兄同様、才知に優れたが街亭で致命的な失敗を引き起こし「泣いて馬謖を斬る」の語源となる。
  • 黄皓:宦官。蜀滅亡に導いた大戦犯扱いを受ける。
  • 魏延:黄忠同様、劉表・韓玄を経て劉備に仕える。五虎将なきあとの蜀軍随一の猛将。諸葛亮と対立し、その死後楊儀たちと争い落命した。
  • 費禕:諸葛亮死後、蔣琬らと共に蜀を支えた名政治家。
  • 姜維:元魏将。五虎将&魏延なきあとの最後の勇将。費禕死後、諸葛亮の愛弟子としとて蜀の最高指導者としての鄧艾と果てのない戦いを繰り広げていくが……。

孫呉

長江流域からを窺う第三の国。孫家の三代が統治する豪族たちの連合政権。

主君

  • 孫堅:孫策・孫権の父。「江東の虎」と恐れられた傑物であった。
  • 孫策:孫権の兄。若くして呉の基礎を築いた「小覇王」。父と共に「孫破虜討逆伝」に纏められている。
  • 孫権:偉大な父と兄の後継ぎとしてを建国。茶色の髪と紫の瞳を持ち「碧眼児」とあだ名された。巧みな外交で自勢力を維持。正史では「呉主」と呼ばれる。
  • 孫皓:孫権の孫(孫和の長男)。呉のラストエンペラー。その所業から三国一の暴君扱いされる。正史では孫亮・孫休と共に「三嗣主」として一纏めにされている。
配下たち
  • 張昭:孫策・孫権に仕え「張公」と尊称された文官の大長老。孫権といろんな逸話を残す。
  • 諸葛瑾:諸葛亮の長兄で孫権に仕えた。弟たちが蜀に仕えていたので対蜀方面の外交官を務めた。
  • 周瑜:孫策と義兄弟の契りを結んだ智謀の将軍。「美周郎」と称される美男子で、音楽にも優れる。赤壁の戦いでは火計を用いて曹操を撃破。
  • 魯粛:元は富豪。周瑜と意気投合し孫家に仕える。周瑜の後を次ぐ。正史では豪気、演義ではお人好し。
  • 呂蒙:猛勉強の末に猪武者から知勇兼備の武将に成長し、「呉下の阿蒙」「士、別れて三日刮目して相対す」の故事成語の由来となる。魯粛の後を継ぎ関羽打倒を成し遂げる。
  • 程普:孫堅以来の宿将。「程公」と呼ばれ人々からの尊敬を集めた武官の長老。
  • 黄蓋:孫堅以来の宿将。赤壁の戦いでの「苦肉の計」で知られる。
  • 周泰:水賊出身。無数の傷を受けながらもしばしば孫権の危機を救っている。
  • 甘寧:益州出身。呉を代表する猛将。劉表・孫権に使えた。「錦帆賊」と呼ばれた水賊時代から鈴を身につけており「鈴の甘寧」と呼ばれる。
  • 陸遜:孫策の娘を娶る。周瑜同様に美男で知将。夷陵の戦いでは総司令を務め火計を用いて劉備を撃破。以降は孫権から非常に重用されたが…
  • 陸抗:陸遜の次男。呉最後の名将。好敵手である晋の羊祜と「羊陸の交わり」を結ぶ。


女性

西晋

の司馬懿の息子たちが興した第四の勢力にして、最後に三国を統べた国。
司馬懿父子は『晋書』に本紀が立てられているためこちらで扱う。
主君

  • 司馬懿:諸葛亮の好敵手。曹操に警戒されていたが、その死後頭角を表し息子たちと共に司馬家隆盛の素地を築いた。
  • 司馬師司馬懿の長男。才智・容姿共に優れ頭角を表す。彼の代から司馬一族は魏を牛耳るようになり権勢はさらに増大した。
  • 司馬昭司馬懿の次男で司馬師の弟。を滅ぼし晋公のち晋王になる。魔王董卓以来の罪「皇帝殺し」を犯した。
  • 司馬炎司馬昭の長男。魏から禅譲させ王朝を興し、三国を統一するも自身は堕落した上に、後継者・司馬衷は著しく暗愚であった。その結果、毒婦賈南風の手によりもまた動乱に巻き込まれ、歴史は繰り返す。

配下たち
  • 羊祜:陸抗の好敵手。杜預を自身の後任として推挙した。「羊陸の交わり」「堕涙碑」の逸話が有名。
  • 杜預:「破竹の勢い」の語源となった人物。羊祜の後任として呉を滅ぼす。「左伝癖」と自任するほどの春秋左氏伝マニア。
  • 賈充:魏の賈逵の子。賈南風の父。「高貴郷公の変」で曹髦を殺害した実質の主犯。

その他の群雄・武将・女性たち


なお、以下の四人は『後漢書』にも立伝されている。

  • 董卓:統一王朝である後漢の息の根を止めた男。残虐の限りを尽くす。
  • 袁紹:曹操の元親友。曹操と後に河北の覇権を巡りぶつかり合う。
  • 袁術:名族・袁家の当主。袁紹とは腹違いの兄弟とも従兄弟とも。皇帝を自称。
  • 呂布:最強の武人。方天画戟と赤兎馬を操る。その生涯は裏切りに彩られている。

  • 孟獲:演義では南蛮を統べる大王で、反乱後に妻祝融らと共に諸葛亮に心服。史実では南中に土着した漢人の豪族。
  • 貂蝉:傾国の美女。董卓と呂布を籠絡し互いを争わせる。演義のみ登場。

三国志をモチーフとした作品

漫画


小説


アニメ


ゲーム


ドラマ・映画


他作品


有名処では吉川英治氏による小説版か横山光輝氏による漫画版だろうか。

他にはゲームではシミュレーションゲームである「三國志」や「××無双」という言い回しを定着せしめた『真・三國無双シリーズ』などがある。どちらとも基本的に正史と演義のいい所どりをしている(真・三國無双シリーズはそれに加え、オリジナル要素もある)。

近年では武将の女体化獣人化、または恋愛ゲームとかの題材にもなっている。

余談

日本では古くから歴史物語として親しまれていたが、中国では一部のエピソードやキャラクターに焦点を当てた京劇などの演目として触れる機会が多かったらしく、日本製の漫画やアニメやゲーム等に触れる以前は日本での『三国志』の知名度や人気の高さが奇異な目で見られていたようである。

関連タグ

中国史 中国王朝

国家

曹魏) 孫呉) 蜀漢) 西晋
 後漢 蜀漢 邪馬台国

人物

~詳しくは魏呉蜀それぞれの記事参照~
曹操 曹丕 夏侯惇 夏侯淵 司馬懿  
孫権 孫堅 孫策 周瑜 孫尚香 
劉備 劉禅 関羽 張飛 諸葛亮

他勢力の人物(群雄(三国志)
袁術 公孫瓚 張角 華佗 左慈 禰衡
袁紹 文醜 顔良 郭図  
董卓 李儒 華雄 董白 
呂布 貂蝉 陳宮 厳氏 呂玲綺
孟獲 祝融 兀突骨 花鬘

その他

ジャーンジャーンジャーン げぇっ 孔明の罠 赤壁の戦い 赤兎馬

他の記事言語

Records Of Three Kingdoms

関連記事

親記事

中国史 ちゅうごくし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三国志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10184826

コメント