ピクシブ百科事典

鍾会

しょうかい

三国時代の魏の武将、政治家。字は士季。
目次[非表示]

歴史上の鍾会

225年 - 264年
鍾繇の末子。鍾毓の弟。の武将。
蜀漢を滅亡させた功労者のひとり、蜀漢の滅亡後、姜維と謀って謀反を起こそうとして、部下によって殺された。
享年39歳。

マザコン。能力はあったが、人望が無い。底なしに無い。しかも性格が非常に悪い。
辛憲英王元姫に危険視されていたという話は、彼女の方の評価を上げている事で有名である。

魏というと、曹操が基盤を作った国としても有名だが、鍾会が生まれたのは、曹操の死後の225年(翌226年には曹丕も死去しているほど、後の時代の人である)。

"鐘会"と表記されることも多いが正しくは会”である。
ちなみに『無双OROCHI2』の壁紙では漢字を間違えられ「鐘会」となっていた。

真・三國無双の鍾会

鍾会


鍾会(真・三國無双)を参照

関連タグ

三国志
真・三國無双 無双 
三国志大戦
残念なイケメン

pixivに投稿された作品 pixivで「鍾会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4661934

コメント