ピクシブ百科事典

鍾会(真・三國無双)

しょうかい

コーエーテクモゲームスから発売された真・三國無双シリーズの登場人物、キャラクター
目次[非表示]

※史実の鍾会に関してはこちら

概要

プロフィール

名前鍾会(しょうかい)
士季(しき)
登場ナンバリング『6』~
勢力
所属軍司馬懿軍→司馬師軍→司馬昭→(鍾会軍)
声優会一太郎
武器飛翔剣
身長175cm
一人称
呼び方あなた(目上)、お前(目下、敵)、貴様(敵)、お前たち(複数人)、〇〇殿(目上)、〇〇(目下、敵)



モブとしては『1』からでているが、無双武将としては『真・三國無双6』初参戦。
『6』まででは生年が判明している無双武将のなかで最年少だった(『7』で更に13歳年下の文鴦が登場し、記録最新)

公式で残念なイケメン(外しキャラ)認定されている。
これについては6オフィシャル設定集のインタビューにて記述されている他、『無双OROCHI2』では阿国に追い回されたり綾御前に調教されたり、DLC配信のシナリオで無双6のBGM「遊興(初っ端からワウギターが鳴り響いている、おおよそ決戦向けではない気の抜ける曲。あの長宗我部元親に「俺の気持ちを萎えさせる」とまで言わせる公認のネタBGM)を持ち曲にされるなどの仕打ちを受けるネタキャラとなっている。

まあこんなネタ要素もあってか人気があり、無双6時、無双7猛将伝発売時、無双8発表時の人気投票では全て10位というミラクルを起こした。

人物像

容姿

20代前後の華奢な美青年の姿で登場。やや鋭い目つきをしており、顔からもその自信あるれる性格が滲み出ている。
髪はカールのかかった茶髪で、それを指先でいじる癖がある。
一見短髪のようだが、後ろ髪を長く伸ばし一房にまとめている。

衣装

『6』西洋のプレートアーマーのような、ボディラインを強調した銀色の甲冑を着用し、右肩のみ袖を通す形状のマントを羽織っている。
『7』布の割合は増加したが、相変わらずボディラインを強調した服。
『6』のDLCでは「童話・神話モチーフの衣装」が配信されたが、鍾会は元の性格を反映してかナルキッソスの衣装が配信された。
『無双OROCHI2』の「真・三國無双MULTIRAID風覚醒衣装」(『5』と『MULTIRAID2』不参加キャラ、及び『6』からの新キャラはここで覚醒衣裳がデザインされている)はバイザー(両端にアンテナ付き)を着用したサイバーモチーフの衣装になっている。

ナルシー鍾会
DLC



性格

史実の「優れた才能を持ちながら人望がなかった」という記録に準じてか、過剰なまでのエリート意識を持ったナルシスト且つ傲慢な人物として描かれている。自らを「英才」「選ばれた人間」と称し、周囲に尊大な態度をとる。そのことから王元姫などの人物から危険視されている。

活躍

性格だけをみればただのナルシスト、もしくは感じの悪い若造にみえる(実際そうだが)が、自身の大きな努力に偽りはなく将と呼ぶに相応しい才能を持っている。その才能が司馬一族の勝利の一因であることに疑いの余地はない。
晋伝では司馬昭が蜀を下す所で終わってしまうことが多いため、その後の鍾会の反乱は猛将伝で描かれている。
姜維と協力して鄧艾や司馬昭らを追い詰めるものの敗北し、最期を迎えることになる。

交友関係

鄧艾

下っ端からの成り上がりだったことから鍾会が最も張り合おうとする人物。
敬語を使うものの心では邪魔だと思っている。

司馬昭

鍾会が仕える君主。鍾会自身彼の才能を認めてはいるが、『7』では皇帝に反旗を翻す際の司馬昭の悩みを切って捨てている。

バトルスタイル

飛翔剣を使用。わかりやすく言うと浮いている5本の剣でその剣を自由自在に操る。高いヒット数と広範囲攻撃を併せ持つ優秀な武器で扱いやすさは折り紙つき。
固有攻撃でも広範囲を攻撃する技が多い。7猛将伝で追加されたEX2ではC3で5本の剣でぶっ刺した敵をさらに空中に上げてもう1度ぶっ刺すというなかなかえぐいモーションが登場。
7のストームラッシュ及び真・覚醒乱舞の〆では指揮をするかのように武器を操る(士季(しき)だけに…)
全体的に使いやすいので初心者向け。
黙って戦っていれば格好いいのだ。やはり残念な子…。

シリーズでの動向

『6』:初登場。この頃からすでに濃いキャラ(晋は皆濃いが)で存在感を見せた。

『7』:堂々と皇帝に対して司馬昭らと反旗を翻した事を全く罪とも思っていない様子だった(史実では友達なのに)。IFストーリーでは司馬師の留守中に魏を乗っ取ろうとするも隠居中の司馬懿張春華に阻止される。その後、「隠居中なら老いさらばえてればいい」「古い人間がいつまでも居座ってるから…」などと司馬懿に対しても失礼なことをのたまうが、司馬懿の怒涛の反撃にぐうの音もでなかった。その後、処罰は受けるが命までは奪われず、魏の忠臣に戻ることに。


無双OROCHI2妖蛇が出現した後は董卓および妖魔軍に手を貸していた(董卓諸葛亮に捕縛されなかった時間軸では)が、最終的には自身の軍だけで洛陽を制圧し、討伐軍と戦った後に加入した。

余談

絵は下手な1人(馬岱の武器、妖筆を持たせると分かる)。

関連画像

姜維と手を組み、謀反を行った事から姜維と一緒に描かれることが多い。

野心と執着・驚きの危険リフト。


pixiv内でも「残念なイケメン」として描かれることが多く見られる。

残念な人
【ネタバレ】母上にもぶたれたことないのに!


関連タグ

真・三國無双シリーズ鍾会

pixivに投稿された作品 pixivで「鍾会(真・三國無双)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5299

コメント