ピクシブ百科事典

呂布(真・三國無双)

りょふ

コーエーテクモゲームスが発売した真・三國無双に登場するキャラクター。
目次[非表示]

※史実の呂布についてはこちら

概要

名前呂布(りょふ)
奉先(ほうせん)
登場ナンバリング『初代』〜
勢力
所属軍(丁原軍)→董卓軍→呂布軍
声優稲田徹
武器方天戟『初代』『4』『6』〜)十字戟(『5』『MULTI RAID2』
身長208cm
一人称
呼び方お前、貴様、雑魚(敵)、虫けら(敵)、お前ら(複数人)、雑魚ども(敵複数人)、虫けらども(敵複数人)、〇〇、董卓→殿(2まで)、豚(名前で呼ぶ場合もある)


『この呂奉先の武、誰にも止められはせん!!』
初代格ゲー三國無双から登場している最古参。

人物像

容姿

太い眉毛、四角い顔、ケツアゴが特徴のゴツめの顔。だが、時折イケメンにみえる。シリーズが進むにつれ顔の四角さが増していき、『7』では孫権に似ている、ケツアゴがある孫権、という声をきくようになった。

髪型・髪飾り

『初代』を除いて、頭部に「翎子」と呼ばれる簪をしていることは全てのシリーズで同じである。形が特徴的なので「触覚」と呼ばれることが多い。また、「呂布=G(ゴキブリ)」というイメージを広めた原因でもある。
初代』唯一、翎子をつけていない(そのため、最近のシリーズをしている人が見ると誰かわからないことが多い)。赤い帽子を被っている。髪は恐らくまとめて入れていると思われる。

1』翎子を初めてつけた作品。翎子の色は緑。

2』シリーズ中、一番、翎子が長い。色は先端の羽の部分が緑でそれ以降の長い部分は青と黄。

3』翎子の色は前作同様、黄と青。また、頭に輪っかをつけている。

4』『2』同様先端に羽がある。翎子の色は先端の羽の部分が緑と赤でそこからのびている部分は黄と青。

5』真シリーズで唯一、被り物をしており、そこから翎子が生えている。使っている素材も『4』以前は紐のようなものだったが、この作品、以降は太いふさふさの羽で出来ているようになった。色は中間までは赤一色でそこから下は赤と黒。

6』長いもみあげとポニーテールを露出するようになった。翎子の部分先端がフサフサになっている。色は赤。

7』前作同様、ポニーテールだがもみあげ消滅。翎子は赤。

8』ポニーテールで、もみあげ復活。翎子は赤と黒。

衣装

『初代』光沢のある赤い鎧で、差し色に白が使われている。

『1』白を主体としてそこから差し色に赤、青、黄(金)、緑とカラフルな色が使われた鎧を着用。

『2』前作の赤色の部分が一部紫色に変更された。篭手も着用。

『3』白基調ではなくなった。金を主体として赤と紫が差し色使われている。

『4』布の部分が追加された。色の基調は前作同様。

『5』以前の姿からは一変、ものの見事に黒い鎧で全身を包むようになった。上記の翎子とも相まって名実ともにゴキブリへ…

呂布



『6』前作同様、黒基調の衣装。全身鎧だった前作とは違い、多少布の部分が多くなった。また、露出度が低い呂布にしては珍しく右の腹付近が露出。

『7』黒基調なのは同様だが、金部分が多くなった。大きな顔がデザインされている。

『8』黒基調の服の上に金色の鎧を身にまとっており、『5』~『7』のデザインと比べるとややゴキブリ要素が減った。

『6』の学園衣装は大門サングラスをかけた警官
『6』童話衣装は『美女と野獣』の野獣
『7』の職業衣装は青年実業家だが、さすがに簪が付いていない。
無双☆スターズ』と横浜DeNAベイスターズのコラボの際は、ベイスターズのユニフォームに合わせた青い簪だった。

性格

とにかく戦いを好んでおり、特に強い者との戦に心を踊らせる。己の欲望のためだけに生きており、そのためなら義父を手にかけることも厭わず、何度も人を裏切り続けた。。その反面、恋人の貂蝉や娘の呂玲綺に対して人間臭い一面をみせることも。
己の武に絶対的な自信を持っている。

活躍・特技など

三国(正確にはまだ三国ではないが)最強の武をもっており、彼を恐れるものも多い。その力から「鬼神」と呼ばれた。また、赤兎と共に「人中の呂布、馬中の赤兎」とも評された。その力は猛将が束になっても叶わないほど。その反面、知に関しては驚く程にレベルが低く、自信の武勇に自惚れるあまり、有能な武将(陳宮など)を上手く活用することも出来ない。このことが原因で、最終的に曹操軍に敗北を喫することとなった。
義父の丁原を斬った後、董卓の下で活躍。特に虎牢関の戦いではその武を用いて連合軍を蹴散らし、劉備関羽張飛の三兄弟を相手にしても引けを取らないどころか逆に追い詰めるほど。しかし、呂布の活躍も虚しく、董卓軍は敗北。そこで董卓の力量を知った呂布は、恋人である貂蝉に頼まれたこともあり、彼を裏切って殺害するが、都を追い出される。その後、知略に長けた陳宮を仲間に加えた呂布は曹操軍を撃退して濮陽を奪取することに成功。しかし、曹操が呂布を放って置くはずがなく、定陶の戦いで敗北。行き場を失った呂布は劉備を頼り、下邳の守備を任されるが、その不在を突いて裏切り下邳を奪うことに成功。その後、劉備軍を味方につける。寿春の戦いで劉備を救援し、袁術と和睦させることに成功。しかし、その活躍も長くは続かず呂布を乱世の獣と判断した劉備らは曹操軍に寝返り、呂布を討伐せんと下邳に向う。必死に抵抗するものの呂布の武は曹操軍にかなわず、敗北。斬首された。

交友関係

貂蝉

呂布が愛する女。彼女への愛は本物で彼女がピンチに陥った際は必ず助ける。5までは利用されているだけと理解していながら貂蝉を守り通していたが、6以降は互いに守り合う関係に変化している。

陳宮

呂布軍を支える軍師。呂布の武で天下を治められると確信している。しかし、時が進むにつれ自身の進言を全く聞かない呂布に不満を持つようになる。

呂玲綺

娘。貂蝉と同じく大切に思っている。それどころか、とある人物に対して「他の奴はどうでもいいが、玲綺だけは守ってやらんでもない」という発言までしている。ちなみに、その人物にも似たような友人がいることで意気投合している。

バトルスタイル

『初代』~『4』、『6』以降 呂布の武器でおなじみの方天戟が武器。範囲、威力、攻撃速度すべて申し分なく、全シリーズ通して最強の攻撃力を誇る。重いはずの武器を軽々と振り回す。
『5』どうしてだが武器が変わり、十字戟を使用。リーチが短くなり以前の呂布よりもやや使いにくいが、近接範囲の横槍をシャットアウトして、オラオラのごり押しが可能。ブーメランのように振り回したり、分離して双剣のように使うことも出来る。
『6』以降の固有モーションでは漆黒のエフェクトがつき、無双乱舞の威力が半端ない。

シリーズでの動向

『1』虎牢関に登場はするし、強いのだが、正直このシリーズは武将全員が鬼強いので呂布単体の強さは感じられない。
『2』以降のシリーズよりもまだ言葉遣いがしっかりしており、董卓のことも殿と呼ぶし、知の部分も見せる。誰だお前。
『3』このシリーズより虎牢関の強さと、呂布の性格が定着。C1の串刺し連続攻撃でボロボロになったプレイヤー多し。董卓のことも豚と呼ぶようになったり「雑魚」という言葉を使うなど言葉遣いが悪くなった。
『4』虎牢関の戦いでは呂布を通り越して逃げるのがシリーズの定番なのだが、本作の呂布は必ず倒さないと門が開かず、次へ進めない。ええい、厄介な!まあ、このシリーズでは無双覚醒があるのでそれをうまく活用すれば倒せないこともない。
『5』オーラーが漆黒オーラになったことで怖い…貂蝉伝ではお前本当に呂布か?!というイケメンぶりを発揮したが、呂布伝ではいつもの調子に戻り、全武将を敵に回し、戦うことに。
『6』虎牢関(この作品では反董卓連合という名称)で登場する…が怯まないだけでそこまで強いわけではない。更に体力を減らせば逃げる。
『7』虎牢関呂布の強さ復活。というか過去最大でやばいかもしれない。猛将伝では呂布伝が追加され今まで描かれなかった所がたくさん描かれた。
また、将星モードでは農場などに配置すると、普段とは違う彼の一面を垣間見る事が出来る。
そして『7猛将伝』で愛娘の呂玲綺が参戦。第2弾PVの最後にてとうとうやらかしてしまう・・・
無双OROCHI』においてもその圧倒的強さと存在感、おなじみのテーマ曲は健在で遠呂智と戦う前の前哨戦として英傑達の前に立ちはだかる。
ストーリーだけを見ると遠呂智の犬にも見えるが、攻略本などでは「反乱軍を一掃した後、遠呂智を倒せば自分が最強になる」という考えからとのこと。
続く魔王再臨では主に呉軍のシナリオで活躍。自分と互角に渡り合う源義経からライバル視されている。
しかしながらOROCHI2では何度も哪吒に挑んでは負ける、という噛ませ犬のポジションに成り下がってしまったが、本編のあるシナリオやDLC配信のシナリオ「呂布雪辱戦」ではリベンジを果たす事も可能。
同作では同様に血の気が多いアキレウスとも友好関係にあるが、無印で遠呂智軍に忠義ではなく友情で参加していた前田慶次や戦国最強の武人で戦闘前ムービーも用意されていた本多忠勝とは、特別友好関係ではなくなっている(一応『魔王再臨』のドラマティックモードで共演はしているが…)。

シリーズでのステータス

シリーズごとに多少の差異はあるが、初期ステータスのどれもが異常に高く設定されている。

虎牢関の戦い(反董卓連合軍)・連合軍プレイ時の呂布

毎シリーズ、多くの人がトラウマになったほどの強さを見せつけるのが初期ステージの「虎牢関の戦い」(大体第二ステージが多い)。シリーズによってはオーラを出しており、これだけで近づきたくはない。
テーマ曲に乗せて虎牢関の門前に出現するのが定番。
異常なまでの強化が施されているため、十分に育っていない武将では太刀打ちなどできない。シリーズによっては一撃死もありえ、育っている武将でさえ体力を削られることが多い。更に、貂蝉を撃破すると激昂し、武将を追撃してくる。彼の愛馬はもちろん移動最速の赤兎馬であり、呂布本人も俊足なので特に足の遅い武将ではそう簡単には逃げ切れたものではない。
おまけに武器のリーチも広いため、振り切ることはなかなか難しい。
避けて通ることがシリーズの恒例であり、そのことを袁紹などが奨める。

呂布のテーマ

『1』からずっとあるテーマ曲。虎牢関の戦いに流れるのが殆ど。シリーズごとにアレンジがされており、好みが分かれる。また、『2』〜『5』ではOPにもこの曲が使われていた。

関連タグ

呂布 真・三國無双シリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「呂布(真・三國無双)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4180

コメント